エアピークプロの効果とは?頭部への通気性が良い熱中症対策キャップ

エアピークプロの効果とは?頭部への通気性が良い熱中症対策キャップ

エアピークプロの効果 熱中症対策キャップ画像出典:ビルマテル株式会社

夏の暑い日、直射日光を避けるために帽子をかぶる人は多いのではないでしょうか。

熱中症対策の一つとしても有名ですよね。

しかし、通気性の悪いものは熱中症の原因にもなります。

そこで今回は、熱中症対策に良いと注目を集めている「エアピークプロ」という帽子をご紹介します。

オリンピックへの出場が期待されている陸上選手も使用している大ヒット目前の帽子なので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

「エアピークプロ」とは

「エアピークプロ」とは

きっかけは「熱中症対策ヘルメット」

屋上緑化を手掛けているビルマテル株式会社では、屋上の炎天下の中で作業する機会が多くなりがち。

熱中症を訴える従業員も多かったそうです。

そこで、「これは何とかしなきゃいけない」と開発したのが、ヘルメットの前後に穴を空けて空気を取り込めるようにしたヘルメット。

現在は特許も取って建設現場に売り出し、250万個を売り上げる大ヒット。

 

ビルマテルでは、より多くの人に使ってもらおうと熱中症対策になる帽子の開発に乗り出しました。

その第1号「エアピーク」です。

京都女子大学の研究室が実験した結果

最高気温32度の日に、エアピークをかぶった人と一般の帽子をかぶった人とで、40分間ウォーキングをしました。

ウォーキング後、サーモグラフィを使って体温の状態を比較。

一般的な帽子をかぶっていた人が高い温度に達していたのに対し、エアピークをかぶっていた人はウォーキング前とほとんど変わっていませんでした。

研究者によると、最大13度の温度差が出るとのことです。

改良版「エアピークプロ」

「エアピーク」は2017年から販売されていて、ランニング用とゴルフ用のキャップがあり、年間1万個の売り上げがあります。

しかし、いまいち売り上げが伸びておらず、認知度が足りないことが原因と考え、アスリートにも認めてもらえるよう大幅な改良を加えました。

エアピークの改良版「エアピークプロ」です。

「エアピークプロ」の効果

「エアピークプロ」の効果

風邪を取り込める二重構造になっているため、頭部に風が入ってきて蒸れにくいのは従来と同じですが、「エアピークプロ」では、さらなる遮熱効果軽量化を実現しました。

ナノフロント

改良版の「エアピークプロ」では、帝人フロンティアが開発した繊維「ナノフロント」を採用。

数万本の繊維の集合体で密度が高く、熱を遮る効果が期待できます。

気温30度、湿度50%の環境で実験しました。

従来品の「エアピーク」と、ナノフロントを使った新型「エアピークプロ」とで帽子内部の温度を比較。

20分後の温度は、新型「エアピークプロ」の方が8度低かったという結果になりました。

従来品「エアピーク」と新型「エアピークプロ」との違い

ナノフロントを使った新型「エアピークプロ」では、2倍の遮熱効果に加え、4割の軽量化を実現。

大手スポーツメーカーの最軽量の帽子と同じ軽さになりました。

「エアピークプロ」の評判


こちらは旧型エアピークですが、見た目がカッコ良いのがいいですよね。


エアピークプロがテレビ番組「ガイアの夜明け」で紹介されたことで、現在人気沸騰中です。


試してみた人の反応も悪くありません。

ランニングする人にとっては、試しておいて損はありませんね。


ランニングやジョギングなら自分のペースで休憩することも出来ますが、仕事となるとそうもいきませんよね。

ゴルフなんかもずっと直射日光を浴びることになりますから、熱中症対策は必須です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、ビルマテル株式会社が開発した「エアピークプロ」という熱中症対策に効果的な帽子をご紹介しました。

エアピークプロの定価は5,800円と決して安い価格ではありませんが、頭を守れて快適に過ごせることを考えれば安い方ではないでしょうか。

ジョギングやランニングなど、外で活動する方には特におすすめです。

by カエレバ