広島県福山市の治安と住みやすさ!ゴミ出しや物件探しの注意点も

広島県福山市の治安と住みやすさ!ゴミ出しや物件探しの注意点も

広島県福山市の治安と住みやすさ

私が住んでいる広島県福山市は広島市までは2時間余り、観光地が多くある尾道市には1時間ほどの場所にあります。

隣接している岡山県倉敷市までは1時間、隣の笠岡市は40分ほどなので、尾道市・笠岡市から福山市へ通勤している人も多くいます。

福山市は広島市のような大きな市ではありませんが、不便に感じた事も無く、海・山も車で1時間圏内にありますから、私としては「そこそこの都会さと自然のバランスが良くて住みやすいな」と思っています。

私は福山市に住んで6年が経ちましたが、今でも「ここはちょっと残念だな~」と感じるところがあります。

そこでこの記事では「福山市の住みやすさと物件探しの注意点」についてご紹介。

福山市で賃貸住宅を借りる時に初めて知った「全保連」についてもお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

※この記事を書いたのは広島県在住の40代前半の女性、ちいさんです。





広島県福山市の治安は良い?

広島県福山市の治安は良い?

我が家が住んでいるのは福山市では東部に位置する場所で、最寄りの駅は東福山駅となります。

東福山駅は福山市メインの福山駅からですと岡山寄りに1駅5分なので中心地に出かけやすいです。

福山駅は新幹線がとまりますから、最近出張が多くなった旦那さんは「移動がしやすい」と言っていますし、新幹線を利用しての里帰りの際にも便利です。

 

治安に関してはこの6年住んでいて福山市に住んだり、出かけたりして「怖い」、「不安」と感じた事はありません。

我が家の周辺地域も大きな事件といったのは起こっていませんし、すぐ近くに交番があり警察官がパトロールしているのを時々目にするので住んでいての不安はありません。

 

周辺環境についても、我が家の周りですと自転車や徒歩で行けるところにスーパー・銀行・郵便局・学校・飲食店がありますので、車を運転できない私にとっては便利で満足しています。

お子さんがいるご家庭だと学校についても気になるかもしれませんね。

福山市の特徴といえるのですが、公立の小学校と同じ敷地内またはすぐそばに幼稚園があります。

引っ越した当時は子供達が幼稚園と小学生で、小学校の敷地内に幼稚園がありましたので、どちらの学校行事にも参加しやすく、「ここにして良かった!」と改めて感じています。

 

中学校の数は公立中学校が3校あり、高校は1校あります。

福山市の高校は福山駅近くか北部(我が家からだと片道1時間くらい)よりなので、場所によっては少し遠くなりますが高校生なら自分で通学できるので、この点はさほど問題ないと思います。

福山市での物件探しの注意点

福山市での物件探しの注意点

6年程前に広島県福山市への引っ越しが決まり、家探しをした際に注意したのは「家の周辺に買い物や銀行がある」、「バス・電車の公共交通機関が近い」でした。

今住んでいる家は買い物や銀行は近くにあり、最寄りの東福山駅までは自転車で10分ほどなので、この点については満足しています。

ただ、住んでみて分かったのですが、バスが平日の通勤時間帯っでも1時間に3本しかなく、日中は1時間に2本ほどとかなり本数が少ないです。

なかなか自分が利用したい時間帯にバスが走っていないので「バスの本数がここよりまだ多い福山駅周辺の方が良かったかな」と思っています。

 

それから、住んでみて意外と大変と感じているのが「ゴミ捨て」です。

どうして大変かというと我が家のゴミ捨て場は、家から歩いて5分ほどのところにあるからです。

5分というと直ぐソコと思われるかもしれませんが、重いゴミを持っていくと5分以上かかりますし、こちらは遅くても朝8時過ぎには出しておかないといけません。

福岡市に住んでいた頃は夜出せたのと、マンションに専用のゴミ捨て場があったから、福山市に引っ越してからのゴミ捨ては最初は結構バタバタしてしまいました。

ゴミ捨ての話をママ友さんにしたら「ウチのマンションは24時間365日出せるよ。」と言われたので、ビックリしました。

ママ友情報ではありますが、福山市ではアパートやマンションでもゴミ捨て場に持って行かないといけない物件と個別契約していて24時間365日ゴミが出せる物件があるとの事でした。

 

福山市で住居を決める際は部屋の広さや環境もですが、ゴミ捨ては気をつけないと捨てに行くのにちょっと手間がかかったりするので、物件をチェックする時は「ゴミ捨て場の場所」はあらかじめ不動産屋さんで確認することをおすすめします。

 

福山市の物件についてですが、私達が探した時や新聞の不動産屋さんの広告を見て気づいたのが「福山市はリビングのある物件が意外と少ない」です。

福山市は比較的築年数が20年~40年あまりの古い物件で間取りとしては2DKや4DKといったリビングがないタイプが多く、また一軒長屋が多いです。

一軒長屋といっても家が連なっているのではなく、同じ敷地内に3軒、4軒と独立して建っているので、お子さんがいるご家族ならアパートやマンションよりも上下左右を気にする必要がないから、おすすめです。

参考までに我が家が住んでいるのは築43年の4DKの1戸建てで家賃は55,000円です。

家賃についてはママ友さん達に「同じ間取りだけど、ウチの方が1万円高い!」、「ウチのマンションの家賃より安いよ。」と言われるので、もしかしたらお得な物件なのかもしれません。

 

最後に福山市で家を決め契約した時に私が驚いた「全保連」について紹介します。

一般的に家を借りる場合に必要となるのは敷金・礼金・家賃ですが、福山市の場合プラス「全保連の契約」が必要となるケースがあります。

初めて聞く全保連という言葉と契約の際の金額が44,000円とまとまった金額だったのでビックリして、「これ何ですか?。」と不動産屋さんに聞きました。

不動産屋さんの説明によると、全保連というのは全保連株式会社という企業が行っているもので、何らかの理由で家を借主が家賃を支払えなくなった場合に借主に代わって大家さんへ家賃を支払う家賃保証システムです。

全保連に契約すると家賃保証だけではなく、もしも家を借りる際に必要な連帯保証人が見つけられない場合でも、家賃保証システムがあるので連帯保証人なしで家を借りる事が可能となるので、「貸しやすい・借りやすシステム」といえます。

全保連の契約自体は不動産屋さんを介しての自由契約なんだそうですが、福山市では殆どの不動産屋さんが契約を必須としていると聞きましたので、福山市で住宅を借りる際は敷金・礼金・家賃プラス「全保連の契約」が必要というのを覚えておいてくださいね。

まとめ

福山市に住んで早6年余りが経ち、バスの本数の少なさやゴミ捨て場がちょっと離れているという住んでみないと分からない不便さというのはありますが、全体としての住みやすさについては満足しています。

その理由に家から自転車で行ける近さにスーパーや銀行などがあるので一通りの用事を済ますのが簡単です。
更に幼稚園・小学校・中学校も近くにあるので送迎や学校行事に出席する時に便利です。

お子さんがいるご家庭または福山市で入園・入学がスタートするご家庭なら、私は今自分達が住んでいる福山市東部はおすすめですよ。

福山市の隣にある尾道市では、だんじり祭りが行われます。

瀬戸田町名荷神社祭り(広島県尾道市のだんじり祭り)の見どころと特徴