財布の捨て方!金運に良い処分の仕方と分別方法

財布の捨て方!金運に良い処分の仕方と分別方法

財布の捨て方 飾り紙

この記事では財布の捨て方として、「金運に良い処分の仕方」「分別方法」についてご紹介します。

今まで使ってきた財布の捨て方に気を遣うことで、新しい財布も大事に使おうという気持ちにもなり、結果的に金運アップにつながります。

自宅でも簡単にできる方法なので、ぜひ参考にしてくださいね。

金運に良い財布の処分の仕方

金運に良い財布の処分の仕方

神社や寺でお財布を供養する

お財布の供養を行ってくれる神社や寺があります。

有名なものだと、サイフの日(3月12日)に下目黒の五百羅漢寺で行われる「お財布供養大祭」などがあります。

 

また、お財布に限らず粗末に捨てることが出来ない物を宅配便で送ると、由緒正しい神社でお焚き上げを行ってくれる「みんなのお焚き上げ」というサービスもあります。

完了後はメールにて報告され、神社発行のお焚き上げ証明書の発行もされます。

時間が無い方でも安心して利用できる便利なサービスです。

雨の日に捨てる

財布は雨の日に処分すると良いという説があります。

ハッキリとした確証はありませんが、今までお世話になったものを流すという意味が含まれているそうです。

梅雨の時期である6月~7月が1年でもっとも財布の処分に適した時期です。

紙で包んでから捨てる

この記事のTOP写真のように紙で包んでから捨てるのが、より丁寧な財布の処分の仕方となります。

神仏へ奉納する場合も、お飾りとして「のし紙」が利用されます。

包むための紙はコピー用紙や包装紙、新聞紙など何でも大丈夫ですが、露出する部分が無いよう大きめの紙を使いましょう。

 

丁寧な処分の仕方をすることで、新しい財布を大事にしようという思いも生まれます。

感謝の気持ちを持って処分してあげてください。

古い財布は「燃やせるゴミ」に分別

古い財布は「燃やせるゴミ」に分別

財布を捨てる場合の分別方法は「燃やせるゴミ」になります。

財布のボタンやチャック部分は金属ですが、大部分が革や布で作られているからです。

金属部分が簡単に取り外せるようであれば、ハサミで切るなどして取り外してから出すのがベストです。

まとめ

この記事では財布の捨て方として、「金運に良い処分の仕方」「分別方法」についてお伝えしました。

金運が気になるのであれば捨て方よりも使い方の方が大事です。

あなたがこの記事を読んだということは、これから捨てようとしている財布を大切に使われてきたということだと思うので、新しいお財布もキレイに使って金運アップにつなげましょう。

ちなみに僕は、金運アップが期待できる「開運財布」を購入しました。

開運財布レビュー!白い財布にお札の元を入れると金運が上がる?