惚れてもいい?お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある10連発

惚れてもいい?お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある10連発

お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある

あなたは、お酒は強い方ですか?

お酒が飲めない人にとっては、飲み会の時間が恐怖に感じることもありますよね。

しかし、飲めない人のことを気遣ってくれる人が一人でもいると、

恐怖に感じていた飲み会も、楽しく過ごすことが出来ます。

 

そこで!

お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いには、どんなことがあるか知りたいと思いませんか?

職場にお酒が飲めない人がいるなら、きっと参考になるのでぜひ最後まで読んでくださいね。

 

この記事では【惚れてもいい?お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある10連発】をご紹介します。

職場の素敵な先輩あるある 飲み会で気遣いができる人は日中も素敵!
「職場の素敵な先輩あるある」についても合わせてお読みください
好きになっちゃうかも・・・職場の素敵な先輩あるある10連発

 

お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある10連発

① 仲が良い同僚がいる席に誘導してくれる

お酒が飲めない人が飲み会で楽しむことと言えば、会話や食事がありますが、

周りに仲が良い人が居ないと、運ばれてきた料理にも箸が進まず、

周りの人に気を遣っていると疲れてしまうこともあります。

 

そんなことを思いながら、仕方なく席に座ろうとした時に…

「そっちは喫煙者がいるから、こっちの方がいいよ」とか言って

仲の良い同僚がいる席に誘導してくれると、嬉しいですよね。

 

また、あなたの近くに座ろうとしている人に「酒飲みはこっちだよ」と言って、

別の人が座らないようにしてくれるのもありがたいですよね。

飲み会では最初に座る席によって、楽しめるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

お酒が飲めない人の気持ちを察して

座る位置を誘導してくれるような気遣いが

さりげなく出来る人はカッコよく、同性からもモテているはずです。

② 席を変わってくれる

席を選ぶタイミングが悪かったなどの理由で、

座った席が「ハズレ」だった場合、あなたならどうしますか?

一度座った席はなかなか移動しづらいですよね。

そんな時に、「俺トイレ近いから、席変わってくれない?」とか言って

さりげなく席を変わってくれる人がいたら、嬉しくありませんか?

 

自分から席を移りたいと言っているわけではないので、

周りが聴いていても違和感はありません。

 

トイレの問題以外にも「壁に寄りかかりたい」とか

「寒がりだから」と言う方法もありますが、

もし席を変わることが出来なくても、気にかけてくれるだけでも嬉しいですよね。

③ さりげなくノンアルコールドリンクを注文してくれる

飲み会で一杯目からジュースを注文するのは、気が重く感じませんか?

お酒が飲めない人にとっては、乾杯のビール1杯だけでも致死量に達しますよね。

 

そんなあなたのことを心配して、

ノンアルコールドリンクを率先して注文してくれる人がいたら、

安心して飲み会を楽しく過ごすことが出来るはずです。

④ 飲まそうとする人を遮ってくれる

あなたは、飲み会に参加したときにお酒を勧められたことはありますか?

飲めないと言っているのに何度も勧めてくる人には、

本当にウンザリしてしまいますよね。

 

そんな人がいても

「二次会に行こうか迷ってるから、今は控えてるらしいよ」とか言って、

場の雰囲気を壊さず遮ってくれる人がいたら、嬉しくありませんか?

もちろん、二次会なんて行かなくても大丈夫です(笑)

⑤ 話の輪に入れてくれる

あなたは、お酒が飲めないことが理由で孤立した経験はありませんか?

皆のテンションに付いて行けず、

自分だけ空気が違うことに気付くことはありますよね。

 

そんな時に、あなたの空気を察して話しかけてくれる人がいると、ありがたいと思いませんか?

酔っ払いは別ですが…

 

普段と同じ落ち着いた口調で話しかけてくれる人がいると、

飲み会だからといって気負うこともありません。

⑥ 酔っ払いから守ってくれる

あなたは、酔っ払いに絡まれたことはありますか?

居酒屋で飲んでいると、酒に酔った人に絡まれることは稀にありますよね。

 

対応に困っている時に、間に割って守ってくれる人がいると、

惚れてしまってもおかしくありません。

あなたのことを気にかけてくれる人がいる飲み会なら、参加する気になりますよね。

⑦ 料理に箸が届くようにしてくれる

お酒が飲めない人が、食べたいものを食べられないとなっては、

飲み会に何をしに来ているのかわかりませんよね。

飲み会では酒に酔って思考力が低下してくると、気を遣える人も徐々に減ってきます。

 

そんな時に、料理を届く位置にさりげなく置いてくれたら、

飲み会に参加する目的も達成できます。

⑧ 多めに払ってくれる

お酒を飲まない人が飲み会で不満に思うことと言えば「お会計」です。

ジュースを2、3杯しか飲んでいないのに、

お酒を何倍も注文した人と同じ金額を払うのは割に合わない

と思ったことは、あなたもありますよね。

 

一人4千円の飲み会でも「お酒注文してない人は3千円にしよう」

なんて言ってくれる人がいたら、また参加したいと思うはずです。

⑨ 二次会に行きたくない雰囲気を察して帰してくれる

あなたは、二次会に参加することはありますか?

一次会が終わったら真っ直ぐ帰りたいと思うこともありますよね。

 

そんなあなたの気持ちを察して

率先して「帰りまーす!」と言ってくれたり、

誰も見ていない隙に「帰るなら今だよ。」と教えてくれる人がいると、

あなたも二次会に行かなくて済むはずです。

⑩ 飲み会に参加しなくても食事に誘ってくれる

お酒が飲めない人は、飲み会に誘ってもらえることはまずありません。

先輩や後輩とコミュニケーションをとる機会が減ると、

同僚との信頼関係が築けているか不安に感じることもあるでしょう。

 

そんな時に、食事に誘ってくれる人がいれば、

飲み会で仕入れた情報も知ることも出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【惚れてもいい?お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いあるある10連発】をご紹介しました。

 

あなたの周りにも、お酒が飲めない人はいますよね。

お酒が飲めない人が喜ぶ気遣いが出来るようになれば、

あなたの見る目もきっと変わるはずです。

飲み会で楽しく過ごすためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


あなたが喜ぶ「気遣いあるある」を教えてください。
  • あなたの回答を追加する

あるある10連発カテゴリの最新記事