『バチェラージャパン』シーズン3出演女性のプロフィール動画と結果

『バチェラージャパン』シーズン3出演女性のプロフィール動画と結果

『バチェラージャパン』シーズン3の女性20人のプロフィール動画まとめ

恋愛バラエティの婚活サバイバル番組といえば「バチェラー・ジャパン」

そのシーズン3の配信が決定。2019年9月13日配信開始となりました。

今年も1人の男性を奪い合う欲望むき出しの女の闘いが見られます。

Amazonプライムビデオと公式YouTubeチャンネルでは『ナインティナインのバチェラー3 大予想スペシャル』が6月18日に配信開始。

YouTubeではさらに、「女性参加者20名のプロフィール動画」も配信されました。

そこでこの記事では「3代目バチェラーのプロフィール」とともに「女性参加者20名のプロフィール」をまとめてご紹介します。

バチェラーファンはもちろん、女の戦いを見るのが好きなら、ぜひチェックしておいてくださいね。

※2019年10月18日にエピソード8が放送され、現在3人が残っています。

 

3代目バチェラー「友永 真也」プロフィール

シーズン3のバチェラーとなる「友永 真也」さんは、32歳の青年実業家。

中学高校時代の6年間はフランスに留学しており、今でも度々フランスに行っているとのこと。

15歳の時にフェラーリを購入すると決め、26歳に有言実行したというエピソードも。

父親と兄は開業医で、友永氏は父親が経営する総合クリニックの理事を務めているということで、ゆくゆくは受け継ぐのではないかと考えられます。

 

事前アンケートによる自己評価では、魅力度・面白さ・知的さ・誠実さを全て10点満点中10点とするほどの自信家。

しかし…

事前アンケートによる「家族の中で一番親しいのは?」という質問には

母親。一番よく話をするため。

「もっとも別荘で遭遇したくない人は?」という質問の答えも

母親。彼女以外の女性に対する態度を見せるのが恥ずかしい。

と、マザコンを疑いたくなる発言が。

現在明らかになっている情報ではここまでですが、明らかになったことがあれば随時更新していきます。

エピソード5まで見ましたが、「こっちから責める前に責められたい」とか「仕事でサポートしてくれる人が良い」といった、受け身的な発言が多いところも気になります。

「バチェラー・ジャパン3」女性参加者20名のプロフィール動画まとめ

「バチェラー・ジャパン3」女性参加者20名のプロフィール動画まとめ

バチェラーに参加する女性は、3か月もの間一緒に生活をすることになりますが、今回の参加女性はバチェラージャパン史上最大のモンスター揃い。

バチェラーが気に入った女性にバラを渡す「ローズセレモニー」では、バラを受け取れなかった女性はその場で退場となりますが、決められた時間の中で誰を残すのかを決めるバチェラーにもプレッシャーがかかります。

あなたもバチェラーになったつもりで誰を残すか考えるのもアリですし、女性参加者の一員として見るのも楽しめると思います。

ここで、女性参加者のプロフィールをチェックしておきましょう。

1.強いだけの女じゃないの。「野原 遥」28歳

自分の価値・魅力を知っている元ミスユニバース和歌山。

バチェラーと同じ自信家のギラギラ系女ですが、参加目的が「自分という存在の周知」と言っているのが気になるところ。

結婚相手を探すのが目的なのかどうかは疑問ですが、こういう人が居てくれた方が番組は楽しくなりますよね。

エピソード3、5で、バチェラーから直接ローズを貰っています。

僕の勝手なイメージでは、女社長タイプ。

バチェラーが終わった後に会社興していたりして…(笑)

2.気がつくと不幸なの。「岩間 恵」25歳

今までの経験では、男性に裏切られることが多かったと話し、男にとっては都合の良い女になるタイプ。

正直、なんでこんな人がバチェラーに出てるの?と言いたいところです。

エピソード1、2と連続で、バチェラーから直接ローズを貰いました。

シーズンではプロフィール動画のような雰囲気はあまり出ていませんが、素を出さないようにしているのかもしれません。

×.男が苦手なウサギちゃん。「濱﨑 麻莉亜」22歳

女子高出身で恋愛経験が乏しい部分があるので、結婚はまだ早いという印象。

いい奥さんになりそうな雰囲気はありますが、バチェラーには不釣り合いですよね。

エピソード4では、バチェラーから直接ローズを貰っています。

若いのにメチャクチャしっかりした女性で、雰囲気も女性らしくて可愛いです。

男なら絶対惹かれるところですが、シーズン6でローズを貰うことが出来ませんでした。

バチェラーは「強い人が好きだ」と何度も言っていることから、女性に守ってもらいたいタイプだという事もわかりますが、もったいない・・・(笑)

×.戦い続ける女子大生。「浦田 直佳」22歳

「ミス慶應コンテスト2019 」のファイナリスト7名に残っているとかなんとか。

挫折経験が無いと言う慶應大学 看護医療学部4年。

「頑張ればできる努力をしない人は論外」とも語っていますが、何かを起こしてくれそうな予感…

バチェラーと云々は無さそうですが、女性とのいざこざはありそう(笑)

エピソード2で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.うそ泣きナース。「城田 夏奈」23歳

女に嫌われるぶりっ子タイプ。

もう少しマシな参加者はいなかったんでしょうか…。

どういう基準で参加者を選んでいるのか知りたいところですね。

シーズン4で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.軽ノリ最年少ガール。「徳田 祐里」21歳

性格は子供っぽいけど見た目は大人な雰囲気。

しかし、女同士の闘いには耐えられなさそう。

後半まで残れば選ばれるチャンスも出てきそうですが、結婚相手として選ぶ年齢ではないですね。

エピソード2で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.一番になれるのは私だけ「李 起林」26歳

男性にも完璧を求める韓国生まれ韓国育ちの自信家。

表裏は無いけど気が強く、やられたらやり返すそう…

番組を面白くしてくれそうなメンバーの一人ですね。

エピソード2で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.真面目系ポジティブ●ッチ。「加賀美 碧」26歳

意味不明な下品アピールでプロフィールにピーが入る女。

シーズン1、2ともに女性参加者のエロ攻撃はありましたが、シーズン3ではさらにエスカレートする予感。

情けない話ですが、こういう女が多いのも騙される男が多い証拠。

バチェラーには見る目があるのか、対応の仕方に注目です。

エピソード3で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.完全無欠のカリスマ女社長。「松木 星良」28歳

出来ないものは無い、挫折も無いと言う経営者。

自分の事をカリスマと言ってしまうカリスマ女社長。

誰かに言わされてませんか?(笑)

考え方はさすがに経営者といった感じですが、経営者と経営者ってうまくいかないような気もします。

エピソード1で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.DJは迷走中「中川 友里」29歳

インフルエンサーのキャスティングもしているというDJ。

「誠実な男性なんているの?」という不信感から、真面目な恋愛を求めて参加したのが目的だそうですが、見た目も雰囲気も遊び好き感が否めません。

その感じでバチェラーの隣を歩くの?って聞きたくなります。

エピソード4で、金子さんとの「2オン1デート」に勝ち、ローズを貰いました。

エピソード7で、残す気が無いなら今すぐ落としてくれと訴えた結果、ローズセレモニーの前にお別れとなりました。

×.メルヘン嫌いですか?「国分 亜美」29歳

動きがヤバイ、強烈ぶりっこキャラ。

ぶりっ子好きの男性って、こういう女性でも惹かれるんですかね?

エピソード1で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.運命の暴走シンガー。「金子 実加」29歳

怒らせたら何かが起こりそうな予感。

バチェラーとはフランスで何かがあったことを匂わせていますが、今のところ謎です。

エピソード4で、中川さんとの「2オン1デート」に破れました。

×.放し飼いのご令嬢。「髙田 汐美」26歳

田舎くさい子が嫌いという田舎くさい社長令嬢。

家族は上流階級とのことですが、この人自身の魅力は今のところ感じられません。

金持ちというだけでスタートラインに立っている感じでしょうか。

エピソード2では、バチェラーから直接ローズを貰いましたが、エピソード5で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

14.元・北新地のオンナ。「水田 あゆみ」30歳

大阪の高級クラブで10年間のホステス経験があるとのことで、女同士の戦いはお手の物でしょうか。

年齢の割に、話すことがオバサンっぽいのがもったいないところ。

とはいっても、バチェラーにはこの人が一番合っていると思います。

エピソード3、5で、バチェラーから直接ローズを貰いました。

×.愛をお金で買う女。「岩城 ありさ」27歳

完全にお金目的の9割がお金と考える女。

男性の立場から見ると今のところ女性の魅力は見えません。

その辺にいるOLが参加するのもアリなんでしょうか。

シーズン4で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.笑う刺激中毒。「田尻 夏樹」30歳

刺激を求める初体験好き。

危ない雰囲気にハマるか、それとも怖いと感じるか。

普通ではないことは確かです。

エピソード6で子供がいることを正直に打ち明け、バチェラーから直接ローズを貰っています。

ただならぬ雰囲気の正体は、子供の存在によるものでしたね。

田尻さんには頑張ってほしいですが、バチェラーはどう考えるか見ものです。

エピソード8で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.恋の休暇はもう終わり。「庄子 智愉」30歳

参加女性の中では一番普通の子。

矯正サロンオーナーということで話も合いそうな癒し系。

バチェラーのことも支えてくれそうですし、パートナーとして選ぶには最適かなと思います。

僕がバチェラーなら、この人に決めちゃいます。

エピソード1で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.だだ漏れ悩殺フェロモン「 佐々木 あゆみ」27歳

マシュマロボディーに自信があるそうですが、顔が・・・

バチェラーの見る目が試されます。

エピソード1で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.妄想恋愛ライター。「永合 弘乃」27歳

恋愛系コラムを書く恋愛ライターで、普段から妄想ばかりしているとのこと。

しかし、他人の恋を知っているからと言って自分の恋も成功させられるとは限らない気がします。

妄想の世界だけで楽しんでください。

エピソード1で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

×.ダンプ乗り乙女。「古澤 未来」30歳

運送業に勤める元ヤンキー。

ヤンキー枠っていりますか?

どうせなら、もう一人くらいヤンキーキャラを入れてほしかったですね。

エピソード3で、ローズを貰うことが出来ませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事ではこの記事では「3代目バチェラーのプロフィール」「女性参加者20名のプロフィール」をご紹介しました。

気になる女性も何名かいたのではないでしょうか。

配信日は現在のところ未定ですが、決定次第コチラの記事でもお伝えします。

2019年9月13日から配信開始していますが、あなたの気になる女性はまだ残っていますか?(笑)

シーズン3のバチェラーは、男気溢れるイイ男でしたね。

真っ直ぐ女性の目を見つめるあたりとか、男性も勉強になる部分はあると思いました。

Amazonプライムビデオ『バチェラー・ジャパン』のページはコチラ
https://amzn.to/2WQpyWB

ナインティナインの『バチェラー・ジャパン』シーズン3大予想スペシャル