レコード大賞2019の見どころ!司会は8年連続の安住アナと天海祐希

レコード大賞2019の見どころ!司会は8年連続の安住アナと天海祐希

2019年のレコード大賞は12月30日(月) 17時30分から生放送されます!

1年の締めくくりにレコード大賞を見るのが毎年恒例になっている人は多いのではないでしょうか。

今年話題になったアーティストのライブを見ながら、1年を振り返るのも良いですよね。

僕はご馳走を食べてゴロゴロ、ゴロゴロしながら見るのが毎年恒例になっています。

そこでこの記事では「レコード大賞2019の見どころ」をご紹介。

ボーカル教室でグランプリを取ったこともある妻に、注目アーティストと魅力を聞いてみました!

 




レコード大賞2019の見どころ

新人賞

レコード大賞新人賞を受賞したアーティストは4組。

初めて知る人もいると思うので、予習の意味を込めて4組とも紹介しますね。

海蔵亮太

40以上の国と地域が参加する世界最大のカラオケ大会で世界一に輝き、フィンランドで行われたデュエット部門でも優勝している経歴の持ち主。

世界王者として「カラオケ★バトル」に出演し、2018年6月27日にメジャーデビューしています。

甘い歌声が特徴で、テクニックには定評があります。

 

妻いわく、「上手いのは間違いないけどつまらない」「聞いてて飽きる」との事。

あくまでも妻個人の感想です(笑)

新浜レオン

B’zや倉木麻衣が所属するBeing初の歌謡歌手「新浜レオン」

2019年5月1日にシングル「離さない 離さない」でデビューしました。

千葉県出身の23歳で、180cmの高身長と甘いルックスにも注目。

 

歌謡曲はどうしても「純烈」のイメージがありますが、若い人が歌う歌謡曲と比較するのも楽しいかもしれませんね。

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)

新人アーティスト一番の注目は、ハロプロのアイドルグループ「BEYOOOOONDS」

ファンが多くキャッチーな歌詞と独特なパフォーマンスが人気。

ミュージックビデオのクォリティーが高いとファンの間では話題になっています。

彩青(りゅうせい)

 

この投稿をInstagramで見る

 

母、姉 とコンサートに行って来ました😄♪ ✳︎ ✳︎ 細川たかしさん♬ 子供の頃に 「レコード大賞」を2年連続受賞した実力派演歌歌手とし て 鮮烈に覚えています。69歳と聞いてびっくり😆❗️ 紅白の時の歌唱以上かと思わせる 力を込めた完全熱唱🎤⤴️⤴️ すさまじい声量❗️ 日頃の鍛錬の賜物なんでしょう〜😄♪ 感動しました〜😆😆❗️ ✳︎ ✳︎ 長山洋子さん🎶 アイドルとしてデビューして10年。それから演歌に転向して25年❗️ 民謡がベースにあったから 成功したんでしょうねー😄♪ アイドルから演歌転向は、城之内早苗さんもそうですね! 津軽三味線の宗家との 掛け合いも面白かった😆 つんつん津軽の林あさみさん、どうしてるかなぁ? ✳︎ ✳︎ 彩青(りゅうせい)くん♪ 細川たかしさんのお弟子さん。今年6月にデビューしました! なんと16才❗️ 世間では まだ高校1年生。進む道が異なるとここまで雰囲気、風貌が変わるんだなぁ😃 10年1業…職業が顔に出るのは、10年かかると思っていました。きっと不断の努力と精進をしてることでしょう!頑張ってください😄😄❗️ ✳︎ ✳︎ #コンサート #細川たかし #レコード大賞 #長山洋子 #ビーナス #きらめくシャンパンライト♪ #彩青 #16才 #津軽三味線 #感動 #またいこ

Hiroyuki Katayama(@angelcheng1104)がシェアした投稿 –

高校を中退して「細川たかし」の弟子になり、演歌歌手としてデビューした「彩青」

津軽三味線や尺八まで弾ける本格派で、演歌界では今一番期待されています。

今年の顔

今年の顔とでも言うべきこの人たちの曲は、音楽を聞く習慣が無い人でも、耳に残っているのではないでしょうか。

テレビ・ラジオはもちろん、スーパーでもしょっちゅう流れていましたね。

あいみょん


今年だけで何回「あいみょん」の曲を聞いたでしょう。

カラオケで歌えない人はいないんじゃないかってくらい、耳に残ってませんか?

独特の歌詞と低音の歌声は好き嫌いがあると思いますが、キャッチーな曲で人気を集めています。

Foorin

パプリカはNHK 2020応援ソングプロジェクトの一環として製作され、米津玄師が作詞作曲をした曲。

幼稚園や保育園、小学校でも運動会などでよく使われたため、子供世代にも人気がありますよね。

パプリカを歌う小中学生ユニットの「Foorin」は、紅白への出場も決まっています。

もし、レコード大賞を獲得すれば史上最年少記録になります。

純烈

何かと話題の「純烈」ですが、メンバーのキャラクターの良さから、バラエティ番組でも引っ張りだこ。

のほほんとした雰囲気に癒された人は多いのではないでしょうか。

紅白の出場も決まっていますが、レコード大賞でもきっと良いムードを作ってくれるでしょう。

曲はあまり入ってこないかもしれませんけど(笑)

盛り上げ最高潮

ゴールデンボンバー

常にまわりを楽しませようと面白いことを追求している「ゴールデンボンバー」

今年はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。

新元号が決まる前から曲作りに入ったり(令和)、ライブや音楽番組でも毎回違うパフォーマンスでお客さんを楽しませています。

DA PUMP


常に新しいダンスを取り入れる「DA PUMP」

ダンスパフォーマンスで魅了する姿勢はミュージシャンでなくても、学ぶものがありますよね。

新しいブームを巻き起こすDA PUMPのダンスは、きっと楽しい気分にさせてくれるでしょう。

歌唱力に注目

歌が好きなら、この人たちだけは見逃してはいけません。

歌が上手いアーティストに限定して見どころをご紹介します。

Little Glee Monster(リトルグリーモンスター)

若手の女性アーティストの中では抜群の歌唱力を持つ「Little Glee Monster」

自分のパートは一度記憶すれば、何度でも同じ音を出せるとテレビ番組で語っていました。

絶対音感とは違うようですが、本人たちは当たり前のようにやってきたことなので、実はスゴイことなんだと最近になってから気付いたようです。

 

音を外さない人はプロの中でもうまい人だけに限られますが、デビューの時から音を外すメンバーが一人もいなかったのが特徴的。

今年はテレビでも露出が増えて大忙しとなりました。

メンバー、一人一人の歌唱力に注目です。

三浦大知


歌が上手いだけでなく、ダンスもキレキレ。

簡単に踊れるようなダンスではなく、独特な動きを取り入れた激しいダンスなのに、歌が全くブレていないところに注目です。

夏川りみ

民謡出身の人ってなんであんなに歌がうまいんでしょうね。

彼女も歌唱力が抜群なのは知られていますよね。

ただ、彼女は沖縄民謡はもちろん、中国語やスペイン語、ジャズや子守唄まで幅広く歌えるのがスゴイところ。

普通の人では出ないような音域まで当たり前のように出すところに注目です。

総合司会は8年連続の安住アナと3回目の天海祐希

総合司会は今年も「安住 紳一郎」TBSアナウンサーに抜擢。

なんと今年で8年連続となりました。

見ている方としてはハプニングを期待しますが、安住さんの淡々と進めていく司会は生放送でも安定感がありますよね。

 

総合司会のもう一人は、2016、2017年にも司会を務めた「天海 祐希」

元宝塚歌劇団のトップスターで女優としても人気ですよね。

ハプニングは期待出来なさそうですが、安心して見ていられる二人になりましたね。

まとめ

僕はいつもお酒を飲みながらダラダラ過ごすのが毎年恒例になっているのですが、最後の方には眠くなってしまいます…

お酒を飲むからなんですけど(笑)

翌日の大みそかには、19時15分からNHK紅白歌合戦」も放送されます。

NHK紅白歌合戦2019の見どころ!司会は和久田麻由子アナとUSAの3人