明るい人と暗い人の考え方の違い!暗い人との上手な付き合い方とは

明るい人と暗い人の考え方の違い!暗い人との上手な付き合い方とは

明るい人と暗い人の考え方の違い!暗い人との上手な付き合い方とは

あなたの周りには、暗い性格の人はいますか?

暗い人と接していると、自分まで暗い気持ちになってしまうこともりますよね。

影響されるとわかれば、出来るだけ避けたいと思うようになります。

 

しかし、相手が職場の人となれば、避けてばかりもいられません。

そこで!

周りにいる暗い人とは、どんな付き合い方をすれば良いのか気になりませんか?

~ この記事を最後まで読むメリット ~

明るい人と暗い人の考え方の違いを知ることで、

相手の気持ちになって接することができ、

相手もあなたも楽に付き合えるようになります。

この記事では【明るい人と暗い人の考え方の違い!暗い人との上手な付き合い方とは】をご紹介します。

 

明るい人と暗い人の考え方の違い

明るい人と暗い人の考え方の違い

明るい人の考え方

明るい人にはプラス思考で考える人が多く、何か問題が起きても、

「こうしなければいけない」とか

「~するのはだめだ」という考え方はしません。

 

常に2つ以上の捉え方があると信じて、

前向きに捉えられるような解決策を探します。

つまり、プラス思考の人はものごとに対する捉え方が柔軟であると言えます。

暗い人の考え方

暗い人はものごとに対してマイナス思考で捉えることが多く、

何か問題が起こった時も悪いように捉えてしまい、

別の考え方をしようとはしません。

 

子供の頃に親に言われてきたことや

職場の上司に言われ続けてきたことが原因となっている場合が多く、

考え方にも癖ができてしまっているので、

無理に改善してあげようとする必要はありません。

 

凝り固まった考えをすると知っているだけでも、

付き合い方が少し変わってくるはずです。

具体的な付き合い方については、次の項目でご紹介します。

暗い人との上手な付き合い方とは

暗い人との上手な付き合い方とは

ものごとには常に2つ以上の捉え方があることを伝える

コップに水が半分入っている状態を見て、

「半分しか入っていない」と捉えるか

「半分も入っている」と捉えるかは、自分次第。

 

暗い人は考えが凝り固まっていることが多く、

一度こうだと思うと「こうするしかない」とか

「こうしなければいけない」と捉えてしまう傾向があります。

 

そんな時は、他にもっと違う捉え方が出来ないかを考えて、

もし相手に「~しなければいけない」とか「~しかない」と発言された場合でも、

他の考え方を提示してみましょう。

根拠もなく自分を否定するような発言は否定する

「こうなった時はこうに違いない」と考えてしまうことってありませんか?

根拠があるわけでもないのに、勝手に決めつけるようなことは

あなたにもあるのではないでしょうか。

 

ものごとに対して「きっとこうだ」と考えている時は、

だいたい根拠がありません。

 

マイナス思考の人は、自分を責めるような考え方をするので、

さらに良くない方向にハマりがち。

 

相手が根拠も無いのに自分を責めるような発言をした時は、

思い込みだという事を伝えてあげましょう。

相手の意見や考えを評価しない

人の話を聞いていると、

「それはこうだ」とか「それは違うと思う」と

評価したくなりませんか?

 

アドバイスを求めていると思って、

親切心からアドバイスをした経験は、あなたにもあるのではないでしょうか。

 

しかし、実はアドバイスなんて求めていないことがほとんど。

相手が女性の場合は特に注意が必要で、

ただ黙って聴いてあげるだけで十分です。

 

人の話を聴くのは、コミュニケーションの基本です。

暗い人を相手にするときは、特に意識しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【明るい人と暗い人の考え方の違い!暗い人との上手な付き合い方とは】をご紹介しました。

ものごとをマイナス思考で捉える人は必ずいます。

暗い人と接する時のためにも、ぜひ参考にしてくださいね。