一人称の呼び方からわかる心理とは!仕事では「私」を使うのがマナー

一人称の呼び方からわかる心理とは!仕事では「私」を使うのがマナー

一人称の呼び方からわかる心理とは!仕事では「私」を使うのがマナー

あなたは、自分のことを何と呼んでいますか?

「私」「僕」「自分」など、色々な呼び方がありますが、定着するまでは悩むこともありますよね。

接する相手との関係性によって呼び方を変えたり、仕事とプライベートで使い分けることもあると思います。

呼び方を変える時はまわりにどう思われるか、気になることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は「一人称の呼び方からわかる心理」をご紹介します。

まわりの人がどんな呼び方をしているか思い浮かべながら、その人の性格に当てはまっているか照らし合わせてみてくださいね。

 

「一人称の呼び方からわかる心理」男性編

「一人称の呼び方からわかる心理」男性編

男性の一人称の呼び方は女性よりも多く、「わし」とか「おら」「拙者」などもありますが、ここでは男性で最も代表的な「私」「僕」「俺」「自分」と呼ぶ人の心理についてご紹介します。

男らしさを出したい人が使うのが「俺」

仕事以外では、使う人は多いのではないでしょうか。

ただ、ビジネスシーンで使うと違和感がありますよね。

先輩や上司に注意をされることも珍しくありません。

自分のことを「私」と呼ぶ人は、社会的で真面目という印象がありますよね。

これを利用して、社会的に認められたいという人が使う傾向があります。

「私」という呼び方はビジネスの現場で悪目立ちすることはありません。

周りに合わせるという意味で使っている人も珍しくありませんね。

つまり、協調性がある人とも言えます。

ただ、仲の良い同僚にまで使うと律儀で真面目すぎる印象を与えるので、仕事とアフター5で使い分ける人もいます。

男性の場合は、「私」と呼ぶのが抵抗ある人も多いのではないでしょうか。

そこで、候補に上がるのが「僕」や「自分」といった呼び方です。

ビジネスの現場でも意外に使われることが多いのが「僕」

社交的で人と接するのが好きな人に多い傾向があります。

子供っぽい印象を持つ人もいますが、「私」の変わりに使っている人も多いですね。

あまり堅苦しい印象を与えたくないという目的で、意識的に使う人もいます。

自分

体育会系の人がよく使うのが「自分」

自分のことを「私」と呼ぶことに抵抗があり、「俺」も失礼にあたると思っている人が使う傾向があります。

悩んだ末に使う人も多いのではないでしょうか。

呼び方が確立していないとも言えますね。

学生時代の部活などで厳しい上下関係を経験した人は割と自然に使いますが、勘違いを生むこともあるので、ビジネスの現場では「私」を使うようにしましょう。

「一人称の呼び方からわかる心理」女性編

「一人称の呼び方からわかる心理」女性編

女性の場合の一人称の呼び方は男性より少ないですよね。

「私」が一般的ですが、「あたし」「うち」と呼ぶ人も珍しくありません。

女性の場合は「私」を使う人が最も多いのではないでしょうか。

自然で、特に目立つこともありません。

しかし、気を抜いた時には別の呼び方が出る人もいます。

色々な呼び方を使う人の場合は、「私」を使っている時は緊張を保っていると言えます。

うち

関西地方の方言ですが、関東でも使う若い女性の間で増えているのが「うち」

これは男性が「俺」や「僕」を使うのが抵抗があるのと同じように、女性も「私」を使うのに抵抗がある人が使う傾向があります。

接する相手によっては、仲良くなりたいという心理が隠されている場合もあります。

あたし

「あたし」という呼び方は女性特有のものですよね。

ブログなどの文章で意識的に使う人もいますが、女性であるということを無意識にアピールしたいという心理があります。

自分

女性でも「自分」と言う人がいます。

これは、男性と同じように扱ってほしいという心理があります。

例えば、女性であることを意識されたくない人や、男性社会の中で性別関係なく評価してほしいと思っている女性が使う傾向があります。

名前で呼ぶ

自分のことを名前で呼ぶ女性は、家族が自分のことを呼んでいた時の状態が今でも続いています。

つまり、大人になりきっていない証拠。

しかし、親しい関係になりたいという心理が隠されている場合もあります。

少なくとも、心を許しているということはわかります。

まとめ

一人称の呼び方が定着しないと、周りの反応も気になりますよね。

ビジネスの現場では「私」を使うのがマナーと言っても過言ではありません。

仕事とアフター5でうまく切り替える人もいますが、切り替えが上手にできない人は、「私」で統一してしまった方が良いかもしれませんね。