イライラしている人の特徴10選!興奮している人を落ち着かせる方法も

イライラしている人の特徴10選!興奮している人を落ち着かせる方法も

イライラしている人の特徴10選!興奮している人を落ち着かせるコツも

気付くといつもイライラしている人っていませんか?

何か気に入らないことがある度にイライラする人と接するのは、

面倒くさいと感じることもありますよね。

 

イライラしている人にはいくつか共通する特徴があります。

その特徴を知っておくことが出来れば、イライラしている人と接する時でも

冷静に対処出来るのではないでしょうか。

 

そこで!

この記事では【イライラしている人の特徴10選!興奮している人を落ち着かせる方法も】をご紹介します。

この記事を最後まで読むことで・・・

「いつもイライラしている人」と接して疲れてしまうあなたでも、

あらかじめ特徴を知っておくことで、

イライラしている人と接する時でも

冷静に対処することが出来るようになるかもしれません。

 

イライラしている人の特徴10選!

イライラしている人の特徴10選!

① 人の話を聴かない

イライラしている人は、他人の話に耳を傾けようとしません。

そんな状態の人に話しかけても、

スグに否定されたり反論されることもあるでしょう。

 

最後まで話を聴いてもらうためには、

先に相手の話をじっくり聴くことが大事です。

②「だから」とか「とにかく」と言う

イライラしている人は、他人の話を早く終わらせようとします。

会話を切り上げたいと思っている人は、

「だから」とか「とにかく」と言う傾向があります。

 

相手のイライラした気持ちを落ち着かせるためにも、

いったん話を終わらせて、時間を置いてから話をしましょう。

「だから、つまり、要するに」と言う人の心理!理屈っぽい人への対処法 「だから、つまり、要するに」と言う人の心理についても合わせてお読みください。

「だから、つまり、要するに」と言う人の心理!理屈っぽい人への対処法

③ 自己中心的な考え方

あなたの周りに、自分の思い通りにならないからといって

イライラしている人はいませんか?

何でも思い通りにしようとする人とは、付き合いたくありませんよね。

 

「自己中心的」な考えをする人はイライラしやすく、

満たされない思いも持っています。

 

思い通りにコントロールしようとしてくる人を相手にするときは、

納得できないところはきちんと断りつつ、

相手のことを認めてあげるような接し方をしましょう。

④ 興奮している

興奮している人を相手にして、疲弊した経験はありませんか?

攻撃的になっている人を相手にするのは、特に疲れますよね。

 

相手がイライラしすぎてあまりに興奮していると思った時は、

いったんトイレ休憩を挟むなどして、相手から離れましょう。

⑤声が大きくなる

あなたは、声が大きい人が相手でも冷静に接することは出来ますか?

声が大きい人と会話をしていると、周りの目が気になることもありますよね。

イライラして感情的になると、声が大きくなる人は多いのではないでしょうか。

 

相手の声が大きくなったと思った時に、

相手とまともに張り合うのはスゴク疲れるはず。

声が大きい人に冷静になってもらうためにも、まともに張り合わないようにしましょう。

>>スグに見たい時はココをクリック

⑥ 負けず嫌い

負けず嫌いな性格な人は、あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

負けず嫌いな人と接するのは、面倒だと思うこともありますよね。

つまらないことで勝負を挑んでくる人には、

子供だと思って軽く受け流しましょう。

⑦ 短気

あなたの周りには、毎日のようにイライラしている人っていませんか?

ストレスが溜まると、イライラがおさまらなくなることもありますよね。

昔は優しかったという人でも、ある日から急に短気になってしまう人もいます。

 

短気な人はプライドが高く、細かいところも気になってしまう部分も持っています。

気分を逆撫でしないよう、

相手を否定するような態度はとらないようにしましょう。

⑧ 怒る癖が付いている

怒ってばかりいる人は、怒る癖が付いています。

イライラしてしまう原因は、起きた事よりもその人の考え方にあります。

 

もし、イライラの原因をあなたのせいにしてきても、

ただストレスを発散したいだけかもしれません。

怒る癖が付いている人と接する時は、まともに付き合わないようにしましょう。

⑨ 余裕が無い

時間的にも精神的にも余裕が無くなると、

些細なことでもイライラしてしまうことってありますよね。

いつもイライラしている人は、常に気持ちに余裕が無く、

自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいます。

 

ストレスフルな人を相手にする時は、

自分も影響を受けないよう、冷静に接するよう心がけましょう。

⑩ 「すべき思考」で考える

~すべき、~すべきではないと考える事を

「すべき思考」と言いますが、

自分を追い込むことでストレスを感じやすくなります。

 

「すべき思考」でものごとを考える人と接する時は、

選択肢を提示してストレスから解放してあげましょう。

興奮している人を落ち着かせる方法

興奮している人を落ち着かせるコツ

イライラが極度に達して、興奮している人を相手にする時は、

気持ちを落ち着かせてあげることが大事です。

ここでは「興奮している人を落ち着かせる6つの方法」をご紹介します。

① 間を置く

イライラしている人と接する時に即座に反応してしまうと、

相手のイライラがさらにエスカレートする恐れがあります。

いったん間を置いて、お互いに落ち着くタイミングを作りましょう。

② ゆっくり話す

頭の回転が速い人やせっかちな人は

早口になる傾向があると言われていますが、

イライラしている人を相手にする時は、あえてゆっくり話して

お互いに考える時間を作ってみましょう。

③ 自分を客観視する

あなたは、自分を客観視することはありますか?

自分の事を客観視できる人は、周りの事を考えることも出来ます。

イライラしている人を相手にする時も、

自分の態度を客観的に見つめてみましょう。

ジョハリの窓でまだ見ぬ自分を探す!人間関係を円滑にする2つの方法 新しい自分を発見出来る「ジョハリの窓」についても合わせてお読みください。

ジョハリの窓でまだ見ぬ自分を探す!人間関係を円滑にする2つの方法

④ 否定しない

イライラしている人を否定すると、

相手のイライラは間違いなくエスカレートします。

だからといって迎合する必要もありませんが、

否定だけはしないよう気を付けましょう。

⑤ まともに受けとめない

職場の先輩や上司を相手に気を遣うシーンは、

あなたにもあるのではないでしょうか。

しかし、イライラしている人と接する時は

たとえ相手が目上の人でも、全てを受け止める必要はありません。

 

あまり親身にならなくても、

相手は話を聴いてもらうだけでスッキリしてくれることもあるはずです。

傾聴の正しい使い方 話を聴く力「傾聴力」についても合わせてお読みください。

親交を深める親睦を深めるための「傾聴力」の重要性と正しい使い方

⑥ 話題を変える

イライラしている人は、ストレスを溜め込みやすい人でもあります。

お互いにストレスから離れるためにも、

「話が変わるんですが、〇〇さんっていつ頃結婚したんですか?」などと言って

別の話題に切り替えてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【イライラしている人の特徴10選!興奮している人を落ち着かせる方法も】をご紹介しました。

イライラしている人の特徴はこの他にもありますが、

目の前にイライラしている人がいても

捉え方一つであなたの感じ方も変わります。

ストレスとうまく付き合っていくためにも、ぜひ参考にしてくださいね。