ビジネスマン必見の使い方!聞く・訊く・聴くの違いとポイント

ビジネスマン必見の使い方!聞く・訊く・聴くの違いとポイント

出世したい人必見「聞く」「訊く」「聴く」の使い方

あなたは、「聞く」「訊く」「聴く」の違いを説明できますか?

 

「三つのきく」をうまく使い分けることが出来れば、

大事な人との関係を良好に築くことも

ビジネスをうまく進めることも出来るようになります。

 

この記事では「ビジネスマン必見の使い方!聞く・訊く・聴くの違いとポイント」をご紹介します。

本田圭佑に学ぶ才能が無い人でも成功するリバウンドメンタリティとは

「三つのきく」の違い

「三つのきく」は、

あなたもきっと普段の生活の中で自然にやっていることですが、

意識的に使い分けることで、効果を最大限に引き出すことが出来ます。

 

仕事関係の人や、大事な人との人間関係に役立てるためにも、

ぜひ参考にしてください。

声や音を聞く

声や音を聞く

寝ている時に誰かが話す声がして眠れなかったり、

仕事中に外で工事をしている音が気になることってありませんか?

このように、「聞く」とは自分で意識をしなくても、

耳に音として入ってくる状態のことです。

 

誰かと話をする時は、相手が考えごとをしていたり

別のことに意識を集中していると聞こえないこともあるので、

まずは聞く姿勢になってもらうことが大事です。

答えを引き出す「訊く」

答えを引き出す訊く

あなたは、自分がわからないことを、誰かにきくことってありますか?

上司や同僚に仕事のことを質問したり、旅行先で道に迷ってしまった時に

地元の人に道を教えてもらうことはありますよね。

 

「訊く」とは、質問する時に相手から答えを引き出すときに使います。

 

自分の訊きたいことを尋ねる時は、まず相手に声をかけて話を聞く体勢になってもらい、

わかりやすいように説明することで答えを引き出すことが出来ます。

自分の意見は言わずに「聴く」

自分の意見は言わずに「聴く」

あなたは、誰かから相談を受けることはありますか?

仕事の進め方を後輩に相談されたり、

友人から恋の悩みを相談されることもありますよね。

 

「聴く」とは、相手の伝えたいことに耳を傾ける時に使いますが、

相手の話が終わっていないのに話し始めてはいけません。

 

つまり、相手に何かを訊かれた時以外は、意識してただきくだけの状態にすることが大事です。

 

もしあなたが誰かに悩みを相談したとき、

相手が話を聴いてくれないと感じれば

相談する気持ちも無くなりますよね。

 

音楽を聴く時もただ「きくだけ」のように、

相手が何かを話している時は、満足するまで聴いてあげることで

あなたの好感度アップにもつながります。

「三つのきく」のポイント

「三つのきく」の意味はわかって頂けましたでしょうか。

こんな場合はどの「きく」になるの?

という疑問があったら、遠慮なく訊いてくださいね。

聞くときは姿勢が大事

音が聞こえる人なら、耳を塞がなければ意識しなくても聞こえますよね。

人の話を聞く時に一番大事なのが、聞く姿勢です。

 

口では聞いていると言っていても

体が別の方向を向いていたり、別の作業をしているようでは、

右から左に流れていくだけ。「ごめん、何だっけ?」と言われるのがオチです。

 

後になってから「そんなの聞いた覚えが無い」という事にならないためにも、

まずは「聞く姿勢」かどうかチェックしましょう。

訊く時は伝え方が大事

質問する時に相手から答えを引き出すときに使う「訊く」ですが、

相手から答えを引き出すためには、何を訊きたいのかハッキリと伝える必要があります。

 

人に何かを尋ねられた時、何を知りたいのかがわからないと困りますよね。

質問の意味を知るために、尋ねられている方が内容を訊く必要が出てしまいます。

 

相手に訊きたいことがある時は、

あらかじめ要点をまとめて、知りたい事がうまく伝わるように注意しましょう。

聴く時は相手に集中することが大事

人の話を聴く時は、話をしている相手に集中する必要があります。

途中で話したいことが出来ても、相手が話を終えるまで口をはさんではいけません。

 

あなたが悩みを相談する時も、

話しを聴いてもらえるだけでスッキリしませんか?

逆に、聴いてもいない事を話されるとモヤモヤしますよね。

 

聴き上手になるためには、相手の話に耳を傾けることに集中しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では「ビジネスマン必見の使い方!聞く・訊く・聴くの違いとポイント」をご紹介しました。

「三つのきく」は、どれも耳を使うという意味では一緒ですが、

意識する点が違うという話でした。

 

まずは聞く姿勢をして、相手の伝えたいことを黙って聴いてから

疑問に思ったことを訊くようにすれば、

仕事関係の人や、大事な人との人間関係も深めることが出来るはずです。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

コミュニケーションを円滑にするためには、

相手が話しやすい環境を作ってあげることが大事です。

 共感を得るテクニック「ミラーリング」 相手が話しやすい環境を作るテクニック「ミラーリング」についての記事も合わせてお読みください。
相手と同じ言葉と動作で共感を作り出す「ミラーリング効果」とは

この記事の評価・感想をお聞かせください。

人間関係カテゴリの最新記事