話が長い人の話を長くさせないコツと“感じ良く”終わらせる方法

話が長い人の話を長くさせないコツと“感じ良く”終わらせる方法

話が長い人の話を長くさせないコツと“感じ良く”終わらせる方法

世の中には、人と話すのが好きな人もいれば、嫌いな人もいます。

話し方の特徴も人それぞれで

「話すのが上手な人」

「伝えるのが上手い人」

「言い回しがくどい人」

など様々なタイプの人が居ます。

 

そんな中、話すのが上手過ぎ・好き過ぎて話が長くなってしまう人もいます。

あなたは、話が長い人は好きですか?

あまりに話が長いと、時間を無駄にしているかのように感じてしまいますよね。

 

しかし、上手く話を終わらせる事はなかなか難しいものです。

特に相手が上司など、目上の人の場合は尚更。

 

そこで!

【話が長い人がいても、話を長くさせないコツ】があるとしたら、

知りたいと思いませんか?

話が長くなってしまった時に【”感じ良く”話を終わらせる方法】と合わせて、ご紹介します。

 

話が長い人の話を長くさせないコツ

「話が長い人」に備えるためには、話をする“場所”に気をつけましょう。

二人っきりになるシーンや

対面で座ったり、隣同士で座ったりするような、

相手がじっくり話し込むことが出来る状況を作らない事が大切です。

 

必要以上に近付いたりせず、物理的にある程度の距離を保つようにします。

どうしても話すことがある場合は

「立って話す」とか「歩きながら話す」などして、

その場の空気を落ち着かせないようにすると効果的です。

 

しかし、話を聴く時は落ち着いて、

大きなリアクションをせず、淡々とした相槌と表情で聞くことが大事です。

 

「はい」「わかりました」「了解しました」などと言いながら、

相手の話を理解している事を伝えると良いでしょう。

 

ここで重要なのは

「相槌を打つ時は相手の目を見る」という事。

人は「自分の話を聴いてくれる人」に好感を持ちます。

 

最初に相手の話をしっかり聴いておけば、

もし、急に話を終わらせた場合でも悪いイメージが残りません。

ビジネスマン必見「聞く」「訊く」「聴く」の使い方 「聞く・訊く・聴く」の違いについて紹介した記事も、合わせてお読みください。

ビジネスマン必見の使い方!聞く・訊く・聴くの違いとポイント

話が長い人の話を“感じ良く”終わらせる方法

目の前の人の話を、早く終わらせたい時ってありませんか?

仕事が残っていて時間が迫っている時は、長い話に付き合ってられませんよね。

 

相手の話を終わらせるためには、いつまでも気持ち良く話をさせないことが大事です。

最初に相手の話にきちんと耳を傾けていれば、

話を意図的に終わらせても悪いイメージは残りません。

 

ここでは「話が長い人の話を“感じ良く”終わらせる方法」をご紹介します。

目線

一定の距離を保つためには、目線を合わせないことが大事です。

目線を合わせていると、どうしても距離が近づいてきます。

距離が近くなると相手は気分が良くなり、

関係の無いことにまで話が脱線することもあります。

 

最初から近い距離で話を始めてしまった時は、一度離れてしまいましょう。

話のキリの良いタイミングで、「お手洗いに行く」と告げれば、

堂々と退場することも出来ます。

相づちの間隔を縮める

話がひと段落ついたら、相槌の間隔を縮めます。

話のテンポを上げて、徐々に相手のリズムを自分のリズムに持ってくることで

相手の「話を構築する時間・言葉を選ぶ時間」を奪ってしまうのです。

 

そして、相手の話に少し間ができたタイミングで、

さっそく作業に取り掛かるということを伝えて、話を終わらせます。

 

例えば、

「わかりました。では会議に向けた資料をまとめておきます。」

など、ちょっとした短いフレーズを入れる事で、違和感なく話を終えることが出来ます。

話を終える時は素早く退散する

話が終わったと思ったのに、また次の話をする人っていませんか?

いったい、いつまで続くのか不安になりますよね。

ただ話をするのが目的の人も稀にいます。

 

次の話に持ち込まれないようにするためには、

サッと素早く退散することがポイント。

 

緊急性がある時は仕方ありませんが、

そうでないと思った時は

「先ほどの話を整理してから、また後で話を聞かせてください」と言って、

一度に全部の話を聴かないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【話が長い人の話を長くさせないコツと“感じ良く”終わらせる方法】をご紹介しました。

話を聴く時は黙って聴き、話を終わらせたい時は素早く退散しましょう。

日頃からのあなたの態度がよければ、悪いイメージにはなりません。

話の長い人に時間を奪われないようにするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。