マウンティングされる人の7つの特徴!ケンカに発展しない対処法とは

マウンティングされる人の7つの特徴!ケンカに発展しない対処法とは

マウンティングされる人の7つの特徴

あなたの周りには、マウンティングしてくる人はいますか?

自慢話や幸せアピールで自分の話ばかり・・・

まるで、「あなたより私の方が優れている」とでも言っているかのような態度には、きっとあなたもイラっとするのではないでしょうか。

誰でも、マウンティングのターゲットにはなりたくないと思うものです。

 

そこで!

マウンティングのターゲットにされる人には、どんな特徴があるのか知りたいと思いませんか?

今回は【マウンティングされる人の7つの特徴!ケンカに発展しない対処法とは】をご紹介します。

ターゲットにされる人の特徴を知っておくことで、職場にマウンティングをする人がいても被害を最小限に抑えることが出来ます。

マウンティングされる人の7つの特徴

マウンティングされる人の7つの特徴

マウンティングする人は「相手よりも自分の方が上だ」と思っていないと気が済みません。

何もしなくてもチヤホヤされるような美人や人気者の場合は、心が満たされているのでマウンティングをしたくなることは少ないですが、

「努力しているのにうまくいかない、何でいつも私だけ…」という不満がある人は、「もうこれ以上負けたくない」という気持ちから、マウンティング行為に走ってしまう傾向にあります。

しかし、マウンティングをする人もターゲットは選びます。

ここでは【マウンティングのターゲットにされる人の7つの特徴】についてご紹介します。

① 美人または人気者

あなたは、美人や人気者の人を羨ましいと思ったことはありますか?

自分が理想とする評価を受けている人を見ると、羨ましく思うこともありますよね。

マウンティングをする人は他人と比較して、自分より劣っている部分を探そうとする傾向があります。

その相手が美人や人気者であるほど、アラ探しをして細かい部分までチェックします。

美人と呼ばれる女性の場合は、必ず被害に遭うと言っても過言ではありません。

常に誰かに見られているストレスは美人にしかわからないかもしれませんが、気を抜けないと思うと可哀そうな気もしますね。

美女のイメージ「美人あるある」についても合わせてお読みください。

美人あるある10連発!美女だけが知る仕事や恋愛で損をすることとは

② 気が弱い人

おっとりした性格で他人に嫌なことをされても何もできず、ただじっと我慢するタイプはターゲットにされやすい傾向があります。

他人に言いたい放題言われても反論しなさそうなタイプは、マウンティングする人も攻撃しやすいと感じます。

我慢するだけでは伝わらないこともあります。

嫌なことをされたら嫌だとハッキリと伝えましょう。

③ 自己主張しない人

他の人の意見に同調しやすい人や自分の意思を伝えるのが苦手な人は、主張の強い人に流されやすい傾向があります。

マウンティングのターゲットにされると我慢することも多いのではないでしょうか。

マウンティングする人に同調してしまうと、面白がって意地悪なことを言ってくることもあるかもしれません。

自分の意見をハッキリと言うことは出来なくても、無理に他人の意見に合わせるのはやめた方が良いですね。

④ マイペースな人

マイペースな人は周りに左右されず、自分の考えを持って行動することが出来るとも言えますよね。

しかし、協調性が無いと思われることもあり、マウンティングのターゲットにされる恐れがあります。

職場の中では、個人個人が自由に行動してしまうと統率が取れなくなります。

職場の同僚とうまくやっていくためには、周囲と考えや行動を合わせることも大事です。

 

特に女性のマイペースな人は、孤立する原因になることもあります。

普段から協調性を持って行動していれば、もしものことがあっても味方になってくれる先輩もいるかもしれません。

マイペースな性格でも、あまり輪を乱すような行動だけは控えましょう。

⑤ 負けず嫌い

負けず嫌いな人ってけっこう多くありませんか?

スポーツのような勝負ごとでは、負けるとすごく悔しい気持ちになりますよね。

しかし、職場では負けず嫌いを発揮して対抗心を燃やしても、損をすることの方が多いはず。

マウンティングに対して対抗心を燃やして張り合うと相手を挑発してしまい、事態は悪化する一方です。

たとえ相手を打ち負かすことが出来たとしても、あなたまで、マウンティングする人と同類になってしまいます。

負けず嫌いの人は、「逃げるが勝ち」をモットーにしてみると良いかもしれません。

⑥ 自信が無い人

あなたは、自分のことは好きですか?

他人にバカにされたりした経験があると、自信を持てなくなることもありますよね。

中には、子供の頃に親にバカにされ続けて育ったり、会社で上司に毎日のように罵られてきた経験があったりします。

これは、どんなに高学歴で優秀な人でもなりうることです。

 

マウンティングする人の中には、あなたの弱い部分を見つけては嫌みを言ったり、ストレートに指摘してくる人もいます。

自信を取り戻すのは簡単ではありませんが、職場では表に出さないようにした方が良いでしょう。

 

仕事中は俳優のように、仕事がデキる人を演じてみてはいかがでしょうか。

理想の人になりきることが出来れば、発言や行動も自然に変わってくるはず。

ここぞという場面では、あなたがイメージする理想の人ならどう対応するのかを考えてみましょう。

⑦ いつも自分を責める人

嫌なことがあっても、真っ先に自分のせいだと疑ってしまう人は悩みを抱え込みやすいタイプ。

そんなあなたの性格を知っている人にマウンティングされるのは、時間の問題かもしれません。

マウンティングのターゲットにされて嫌だと思ったら、悩んでばかりいるよりも行動することが大事です。

次の項目で、具体的な対処法をチェックしてくださいね。

ケンカに発展しない「マウンティングへの対処法」とは

ケンカに発展しない「マウンティングへの対処法」

マウンティングをする人は「あなたよりも優位に立っていると思いたい気持ち」があります。

これに対して張り合ってしまうとマウンティング行為はエスカレートして、最悪の場合はケンカに発展する恐れもあります。

マウンティングされた時でも冷静に対処するためには、いくつかの方法があります。

ここでは、ケンカに発展しない【マウンティングへの対処法】をご紹介します。

① 受け流す

もし誰かに挑発をした時、薄い反応をされると張り合いが無いと感じて拍子抜けしますよね。

感情を込めずに「そうなんだ」とか「よくわからないけど」と言って、特に反応を示さないように意識しましょう。

認めたくないことは特に、敢えて反応を示さないようにすることが大事です。

② 聞き流す

マウンティングする人の裏には「自分の話を聴いて欲しい」という思いがあります。

否定も肯定もせず、ただ話を聴いてあげるだけで相手は満足してくれるかもしれません。

ただ聞き流しているだけでも効果的です。

話の合間に相づちを入れて、相手の「話をしたいという欲求」を満たしてあげましょう。

③ マウンティングだと気付かせる

ただ黙っているだけでは、相手の話は終わらない可能性があります。

相手も、マウンティングだということに気付いていないこともあります。

「今の何?自慢?今流行りのマウンティング?」と言って、マウンティングだということを認識してもらいましょう。

すると相手は、言葉を選ぶのにも慎重になるはずです。

④ 話をすり替える

マウンティングのターゲットにするということは、あなたに対して劣等感を持っていることが考えられます。

マウンティングをしてくる相手には、下手に褒めたりすると逆効果になることもあるため、冷静に対処するためにはかわすのが効果的。

攻撃された時は、話をすり替えてしまいましょう。

例えば、

「彼とご飯に行くと、いつも高級レストランだから服装に困るんだよね」

と言う自慢…。

これに対しては、「それで思い出したけど、高級レストランってスゴい大きいお皿に、スゴい小さいおかず盛り付けるよね。」と、あるある話をすれば相手は拍子抜けするかもしれません。

話をすり替えて、マウンティングをかわしてみましょう。

⑤ 距離を置く

あなたには、仲の良い人はいますか?

職場でも仲の良い同僚がいれば、救われることはありますよね。

しかし、マウンティングは仲の良い同僚から受けることもあります。

付き合っていて疲れると思ったら、無理に付き合いを続ける必要はありません。

長時間一緒にいるような機会は、避けてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【マウンティングされる人の7つの特徴!ケンカに発展しない対処法とは】をご紹介しました。

これで、マウンティングする人がいても、早めに対処することが出来ます。

自慢話や幸せアピール、自分の話ばかりする人にイラっとした時のためにも、ぜひ参考にしてくださいね。