定時で帰ると嫌われる人と許される人の違い!時間通りに帰るコツ

定時で帰ると嫌われる人と許される人の違い!時間通りに帰るコツ

定時で帰ると嫌われる人と許される人の違い!時間通りに帰るコツ

あなたの職場には、定時で帰る人はどれくらいいますか?

職場によっては「定時に帰るのは勇気が要る」という人も

いるのではないでしょうか。

職場にいる皆が忙しそうにしていると、帰りづらい時もありますよね。

 

ネットでは、定時に帰ろうとしたら

「もう帰るの?」と言われたという声もあります。

これに対しては「真に受ける必要なんてない」というアドバイスが目立ちますが、

嫌みを言われると、誰でもイラっとすると思います。

 

毎回定時で帰っても気持ちよく送り出されるようになるためには、

ちょっとしたコツが必要です。

 

そこで!

定時で帰ると嫌われる人と許される人の違いには、

どんな特徴があるのか知りたいと思いませんか?

 

この記事では【定時で帰ると嫌われる人と許される人の違い!時間通りに帰るコツ】をご紹介します。

この記事を最後まで読むメリット

定時で帰ると嫌な顔をされる人と、

定時で帰っても気持ち良く送り出される人の特徴を知ることで、

「定時で帰っても許される人」になるためには、どうすれば良いかがわかります。

 

定時で帰ると嫌われる人の特徴

定時で帰ると嫌われる人の特徴

最近は「働き方改革」が注目されているということもあって、

昔よりも帰りやすい職場が増えていますが、

帰りやすい環境を作るためには社員一人では限界があります。

 

しかし、帰りづらい職場でも「定時で帰っても許される人」になることは出来ます。

そこでまずは、「定時で帰ると嫌われる人の特徴」から知っておきましょう。

仕事をサボっている人

仕事中にネットを見たり、暇さえあればスマホばかりいじっている人っていませんか?

あなたの職場にも、一人や二人いるのではないでしょうか。

仕事をサボってばかりいるのに、忙しい時でも平気で帰る人は嫌われます。

 

定時で帰らなければサボっても許されるというわけではありませんが、

忙しい時でも協力的じゃない人は、孤立しやすくなるとも言えます。

責任感が無い人

緊急事態が起きているのに、知らないフリをして帰る人っていませんか?

そういう人は将来、後輩が困っていても助けることが出来ません。

実際、緊急事態が起きてもただ慌てるだけで、自分で解決できない先輩っていますよね。

 

緊急事態を避けていると、いつまでも対応できる力が身に付きません。

見て見ぬフリをする人にだけはならないようにしましょう。

やるべき仕事が残ってる

自分の仕事を終えていれば何も問題ありませんが、

やるべき仕事が残っているのに帰る人っていませんか?

 

周りに迷惑がかからなければまだ良いですが、

代わりに別の人がやらなければいけなくなると、結果的に迷惑になりますよね。

 

周りに迷惑をかけているのに

「定時で帰って何が悪いの?」とか言ってしまうと、

嫌われても仕方ありません。

定時で帰っても、周りに迷惑をかけるような事態にはならないようにしましょう。

周囲への気遣いが足りない

大変な仕事をやらないようにしたり、

電話を取らなかったりする人っていませんか?

定時が近付くとそわそわし出す人は、あなたの職場にもいるのではないでしょうか

 

自分の仕事さえ終わっていれば大丈夫と言っても、

自分のことしか考えていないような振る舞いはNG。

 

気持ちよく働くためには、同僚との人間関係も大事です。

定時で帰るとしても、周りへの気遣いは忘れないようにしましょう。

定時で帰っても許される人の特徴

定時で帰っても許される人の特徴

定時で帰ることは悪いことではありません。

「もう帰るの?」なんて嫌みったらしく言われた経験は、

あなたにもあるのではないでしょうか。

職場の人とうまくやっていくためには、嫌われたくはありませんよね。

 

そこで次に「定時で帰っても許される人の特徴」をご紹介します。

やるべきことが明確

あなたは、自分がやるべきことが何か把握していますか?

仕事をスムーズに進めるためには、

いつまでに何をやるのか明確にする必要がありますよね。

 

ただ言われたことだけをやる「指示待ち状態」だと、

急に仕事を頼まれる機会も増えてしまいます。

 

仕事を管理するためにも、

まずはやるべきことが常に明確な状態にしておきましょう。

予定通りに仕事を終わらせる

出来るだけ早く終わらせておきたい仕事ってありますよね。

特にチームで仕事をしている場合は、

自分の仕事が遅れると他のメンバーに迷惑をかけてしまうこともあります。

定時で帰っても許される人は、

「自分の仕事の目処がついていて、予定通りに仕事が終わる人」

 

仕事がいつ終わるかわからない人がチームにいて、

しかも毎日早く帰るとなれば、不安にもなりますよね。

まずは予定通りに仕事を終わらせられる人を目指しましょう。

ミスが少ない

あなたの職場には、ミスが多い人はいますか?

ミスが目立つ人が、早く帰りたいからと言って

時間ばかり気にしていたら、心配になりますよね。

 

ミスが無く確認を怠らないような人なら、

周りからの信頼も厚くなるはず。

まずは、雑な仕事をしないように気を付けたいところです。

時間通りに帰るコツ

時間通りに帰るコツ

毎日のように定時で帰るのは無理でも、

たまには、定時で帰りたいと思うこともありますよね。

クマッチョ
好きなドラマの放送日だったり

帰りに本屋に寄りたい時なんかは、僕も早く帰りたいと思います。

 

自分の決めた時間通りに帰るためには、ちょっとしたコツが必要になります。

ここでは「時間通りに帰るコツ」をご紹介します。

仕事のスケジュールを周知する

あなたは、自分の持っている仕事を計画的に進めていますか?

仕事ではスケジュール管理が大事とよく言われますが、

時間通りに帰るためには、スケジュールを周知することがコツです。

 

何と何をやって、何時までに〇〇を終わらせる予定です。

今日は用事があるので早く帰らなければいけませんが、

予定通りですので問題ありません。

と周知しておけば、周りも安心です。

 

日頃から仕事の進捗を周知することが出来れば、

上司にとっても嬉しいはず。

自分で仕事をコントロールするためにも、

一度試す価値はあるのではないでしょうか。

協力的な姿勢を見せる

あなたの職場には、大変な時に手伝ってくれるような同僚はいますか?

お願いできるようなことが無くても、

声を掛けてもらえるだけで、気持ちが楽になることはありますよね。

 

仕事をうまくやっていくためには人間関係が大事です。

自分の仕事が終わったからと言って、

当たり前のように帰っていると、目の敵にする人もいます。

 

残業までする必要はありませんが、

「何か手伝えることはありますか?」とか

「その仕事なら得意なので手伝いますよ」などと普段から協力的な姿勢があれば、

定時で帰っても文句は言われないはずです。

 

今すぐ手伝えなくても、協力できることが無いか考えてみましょう。

上司に一番先に帰ってもらう

あなたの上司は、定時で帰る人ですか?

上司が遅くまで仕事をしていると、部下は帰りづらいですよね。

職場に上司がいると、無意識のうちに緊張しているはず。

 

上司がいなくなった途端におしゃべりが増えるのも、緊張が解けるからですね。

上司が居ない日は、雰囲気がいつもと違って見えることもありますよね。

 

時間通りに帰るためにも、

まずは上司に一番先に帰ってもらいましょう。

そのためには、仕事を任せられる人になる必要もあります。

 

2019年4月16日 22:00 からスタートした吉高由里子さん主演の

TBS 火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります』でも

色んな人の価値観や働き方を知ることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【定時で帰ると嫌われる人と許される人の違い!時間通りに帰るコツ】をご紹介しました。

定時で帰るのは悪いことではありませんが、

他の事情を無視して「権利だ権利だ」と主張していると、

同僚から嫌われても無理はありません。

「定時で帰っても許される人」になるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


あなたはいつも、定時で帰っていますか?
  • あなたの回答を追加する

仕事カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!