有給休暇に理由は必要?いらない?私用で良い時とダメな時

有給休暇に理由は必要?いらない?私用で良い時とダメな時

有給休暇に理由は必要?

有給休暇を取得する際には、上司の許可が必要ですよね。

その時に考えるのが、休む理由。

口頭で伝えると理由を聞いてくる上司もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「有給休暇の理由はどうするべきか、そもそも理由を伝える必要はあるのか」をお伝えしていきます。



基本的には「私用」でOK

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用元:労働基準法第39条

上記の通り、働き方改革による労働基準法の改正により、有給休暇の取得は義務化されました。

有給休暇を申請する場合は理由を伝える必要はありませんので、基本的には「私用」で構いません。

ちょっと息抜きしたいからという理由でも、変にウソをつこうとする必要はありません。

僕も理由を聞かれたことは何度かありますが、「私用で休みます」と答えるようにしています。

繁忙期や人が少ない時は理由も伝えた方が良い場合もある

仕事がある日に一人欠けると、同僚には多かれ少なかれ迷惑をかけることになります。

人数が少ない中で仕事をする同僚にとっても、やむを得ないということがわかれば納得できるはず。

書類に記載する理由は「私用」としても問題ありませんが、職場の人間関係を良好に保つためと考えれば、急に休む場合は理由を伝えた方が良いと言えます。

ネットの声


何のために理由を聞くんでしょうね・・・


有給って勝ち取るものでしたっけ?

でも、急に休むとなると理由聞かれても仕方ないカモ・・・。


「私用」の2文字で済みますよー。


事情が事情ですからねー。

でも、書類に書く時は「私用」で大丈夫ですよー。

まとめ

前もって申請する場合は「私用」

でも、理由を聞かれたら世間話程度だと思って、正直に理由を伝えた方が好感を持てますよー。

って内容でした。

有給休暇は使わないともったいないので、休みたいと思った時は躊躇なく休みましょう(笑)