完璧主義の人はプログラマーに向いている?性格のプラスとマイナス

完璧主義の人はプログラマーに向いている?性格のプラスとマイナス

完璧主義の人はプログラマーに向いている?無理なく仕事をこなすコツ

Photo by JOSHUA COLEMAN on Unsplash

前回は「エンジニアと営業マンの水と油の関係」についてご紹介しました。

今回は、エンジニアに属するプログラマーの性格についてご紹介。

↓前回の記事はコチラ↓

 水と油の関係の代名詞 エンジニアと営業がうまく付き合う方法 「エンジニアと営業マンの水と油の関係」についての記事も合わせてお読みください。
水と油の関係の代名詞!エンジニアと営業がうまく付き合う方法とは

あなたは、完璧主義の人にはどんなイメージがありますか?

 

完璧主義と言えば、

「どんな細かいことでも納得出来るまでやらないと気が済まない」、

「間違いやミスが無いか徹底的にチェックする。」

というのが完璧主義の人に多い特徴の一つですよね。

 

そんな完璧主義の人にこそ向いている職業が「プログラマー」です。

 

「プログラマー」とは、ITの知識やプログラミングの技術を使い、

パソコンやスマホで動くソフトを作ったり、システムそのものを作るのが仕事です。

 

なぜ「完璧主義」の人がプログラマーが向いているのか、気になりませんか?

 

この記事を読むことで、プログラマーのことがわかり、

プログラマーを目指している人にアドバイスをすることだって出来ちゃいます。

 

ぜひあなたも、自分がプログラマーに向いているかチェックしてみてくださいね。

この記事では「完璧主義の人はプログラマーに向いている?性格のプラスとマイナス」をご紹介します。

プログラマーに向いている人と向いていない人

あなたは、自分がどんな仕事に向いていると思いますか?

どんな仕事が自分に向いているかは、自分ではあまりわかりませんよね。

 

プログラマーに向いている人の代表的な特徴として、

「几帳面な人や集中力のある人」忍耐力のある人」の他、

完璧主義」の人も向いています。

 

逆に…

「おしゃべり好きで人と接するのが好きな人」は、

プログラマーには向いていません。

 

プログラマーの仕事は、パソコンやスマホで動くソフトやシステム自体のプログラムを作るのが目的です。

パソコンに向かって黙々と作業する仕事なので、

「おしゃべりをしている=サボってる」となります。

 

簡単な仕事でも、20~30分はデスクでパソコンに向かって仕事に集中しなければいけないので、

集中して仕事が出来ない人はやっていけません。

 

逆に言うと、多少性格に難があるような人でも、

プログラミング技術に優れている人は重宝されますが、

基本的には作業に集中出来るなら、どんな人でもやっていけるはずです。

完璧主義の性格がプラスに働くポイント

完璧主義の性格がプラスに働くポイント

プログラマーに求められるのは、完璧に近い製品

あなたは、仕事でミスをすることはありますか?

些細な事が大きなミスにつながってしまうことはありますよね。

 

プログラマーは、名前だけは横文字でカッコいいイメージがあるかもしれませんが、

その仕事内容は本当に地味です。

完璧に近いものになるまでひたすらチェックされ、

一つでもうまく動かない所があれば修正を余儀なくなれます。

 

常に完璧を求められ、ミスがあると責任を押し付けられることも珍しくありません。

プログラマーは、仕事をしていくうちに「否が応でも完璧主義者に育て上げられてしまう」と言っても過言ではありません。

このことからも完璧主義である方が、仕事をする上では向いていると言えます。

人物像よりも大切なこと

あなたの職場では、どんな人が求められますか?

明るい人、優しい人、努力家、天才肌…どれも魅力的ですよね。

 

プログラマーに求められるのは、忍耐力がある人です。

常にパソコンと向き合って仕事をするため、

性格がどんなに明るくても仕事中は役に立ちません。

 

人と付き合う上では、優しくて明るくて面白い人の方が良いかもしれませんが、

仕事では人当たりよりも、努力できる人や技術力がある人が求められます。

デバッグ時に活躍

あなたは、デバッグと呼ばれる言葉を聞いたことはありますか?

普段の生活で聞くことはほとんどありませんよね。

「デバッグ」とは、プログラムの”バグ”と呼ばれる誤った部分を見つけて、修正する作業のことです。

 

例えば、1+1=2と出したいのに、1×1=1になっていた!というケース。

x」の部分を[+]に修正したら、またデバッグをして確認します。

 

完璧主義の人は「デバッグ」の工程を徹底的に行います。

上の例では簡単なものなので何度も確認する必要はありませんが、

プログラムが複雑になればなるほど、テスト方法も複雑になっていきます。

 

影響範囲をすべて把握して、全パターンをデバッグするのはもちろんですが、

OSやモニターの解像度によって変わるケースもあります。

 

完璧主義の人は、このテストを誰よりも行います。

時間がかかる分、仕事の負担も多くなりますが「ケアレスミス」は少なくなる効果があります。

完璧主義の性格がマイナスに働くポイント

完璧主義の性格がマイナスに働くポイント

あなたは、完璧主義の人は好きですか?

「自分で自分に対して完璧を求めるのは。勝手にやってもらって構わない」としても、

他人にまで完璧を求めてくるような人は、いい迷惑ですよね。

 

もしあなたが完璧主義者だとしても、自分では気づいていないだけかもしれません。

他人の仕事のやり方に、口を出したくなっていませんか?

実はこれは僕のことで、完璧主義であることに気付いたのも最近…(笑)

 

最終的に求める結果が同じなら、

自分のやり方を押し付けても、迷惑でしかありません。

 

完璧主義の人は、考えられる不安をすべて取り除き、やるべきことを一本に絞ろうとしますが、

「方法は一つではない」という事は忘れてはいけません。

完璧を求めるのは自分だけに留めて、見守ってみましょう。

15年間、プログラマーとして働いた感想

あなたは今まで、長く続けてきたことは何かありますか?

学生時代の部活や、子供の頃にやっていた習い事など、

長く続けてきたからこそわかることってありますよね。

僕はプログラマーを15年続けてきました。

 

自分でもこんなに続けられたことにはびっくりしていますが、

1~15年を一言で表すと・・・

 

1、2年目 生活のために必死。

2~3年目 仕事を覚えるために必死。

4~5年目 迷走時期、仕事が嫌になる頃。ここで挫折して辞める人が多い

6~7年目 やっと自信が付く頃。

8~10年目 プロとして確立、新しい言語が出てくることで研究も必要になる。

10~12年目 ベテラン選手。それなりに出世もして、教育やマネージメントも期待される。

13~15年目 AIやビッグデータなどの動向を探りながら、新しいことにもチャレンジ。日常業務はお手のもの。

 

といった感じです。

意外に大変だと思いましたか?(笑)

 

ちょうど20歳くらいから始まったとすると、

だいたいどの職業も似たような感じになるのではないでしょうか。

(ホストとかキャバ嬢とか、プロスポーツ選手のような寿命が短い業界では別ですが)

 

プログラマーに関わらずIT業界に携わる人は、これから何が求められるかを常に研究し、

自分が5年後、10年後に生き残るためにもスキルアップしていく必要があります。

最近はIT技術が進むスピードが速いこともあり、それに合わせて付いていくのもやっとですが…。

 

僕の場合は自分の立ち位置が、だいたい2年周期で変わってきましたが、

これからは周期がどんどん短くなってきていると感じます。

 

「無くなる仕事、残る仕事」のようなニュースが発表されますが、

IT企業そのものは潤うとしても、「プログラマー」だからといって安心はできません。

人件費が安い東南アジアの人に、仕事を奪われるという話もあります。

 

外国人が日本で働くケースも珍しくありません。

(技術力だけでは、むしろ負けているかも…)

プログラマーも技術力だけでは安心できないとなると、

求められるのはマネージメント力や人間性ではないでしょうか。

 

部下が日本人だけとは限りません。

マネージメントが出来るのもプログラマーとしての知識や経験・技術があってこそですが、

あぐらをかいていると、将来痛い目に遭います。

 

これからプログラマーを目指すなら、

若いうちに「語学」や「マネージメント」についても、勉強しておいて損はありません。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では「完璧主義の人はプログラマーに向いている?性格のプラスとマイナス」をご紹介しました。

 

プログラマーは完璧主義の人にとってはまさに天職とも言える職業ですが、

完璧主義が生きるのはプログラミングをしている間だけ。

他人に強要するとウザいと思われてしまいます。

 

年齢を重ねるごとに仕事の役割も変わり、プログラミングだけでは済まなくなってきます。

いつまでもプログラマーでいることを保証してくれるなら良いですが、

会社が倒産する可能性だってありますよね。

 

いつも仕事のことばかり考えていると、なかなか気づきにくいことでもありますが、

この機会に、自分の事を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

ぜひ参考にしてくださいね。

次回は、完璧主義の人がよく言う「でも」を直す方法についてご紹介します。お楽しみに♪


この記事の評価・感想をお聞かせください。

仕事カテゴリの最新記事