風邪インフルエンザの予防対策まとめ!感染しづらい環境を作ろう

風邪インフルエンザの予防対策まとめ!感染しづらい環境を作ろう

風邪インフルエンザの予防対策まとめ

寒い時期は普段よりも風邪を引きやすくなりますよね。

特にインフルエンザは、感染すると高熱でかなり辛い症状になるので予防も欠かせません

そこで今回は「風邪やインフルエンザから身を守るための予防対策」についてご紹介します。



自己対策

風邪・インフルエンザ 自己対策

手洗い・うがい・アルコール消毒

手洗い・うがい・アルコールによる消毒は、基本的な予防法ですよね。

でも自分の体を風邪の菌やウイルスから守る為には、一番効果的なんです。

今一度意識して、感染するリスクを抑えましょう。

 

風邪の菌や、ウイルスは口や鼻から感染する場合がほとんど。

口から感染しないよう手を洗って清潔にしたり、口に入ったウイルスや細菌をうがいで出す事で、高確率で防ぐ事が出来ます。

マスクを正しく着用する

予防の為にマスクをつけていても、その付け方を間違えていては意味がありません。

マスクは針金のところを使って鼻にしっかりとフィットさせます。

そして顎までしっかりと覆うように付けましょう。

これが正しいマスクの付け方です。

 

また、マスクの表面は菌がたくさん付いているので基本触らないようにします。

マスクの使い回しもよくありません。

こまめに変えるようにしましょう。

こまめな水分補給

風邪の菌やウィルスは口の中が乾燥していると入りやすくなります。

水分補給を積極的に行い、常に喉を潤す事で風邪の菌やウイルスの感染を防ぐ事が出来ます。

予防接種

インフルエンザに感染してしまうと、高熱になり症状がとても辛いですが、予防接種を打っておく事で症状を軽減できます。

よく通常の風邪の少しひどい程度になると言われます。

打っておくことでその感染度はかなり違うので、必ず予防接種はしておきましょう。

感染しづらい環境を作る

風邪・インフルエンザ 感染しづらい環境を作る

手を拭くタオルをこまめに替える

洗い場やトイレで、家族共同で使われているタオル。

一日中使っていると菌が繁殖するので、タオルはこまめに変えましょう。

もし家族の中で一人でも感染していた場合、タオルから感染が広がる事があります。

感染していると分かってからでは遅いので、日ごろから意識することが重要です。

部屋の換気・殺菌

ウイルスや風邪の菌はあったかい部屋の中に充満している事があります。

一日一回は必ず窓を開けて部屋の空気の入れ替えをしましょう。

また、部屋の中の菌を殺してくれる部屋に置くタイプのものも最近ではお店で売られています。

部屋に置いておくだけで、部屋全体の菌を殺菌してくれるアイテムもあります。

ウイルスや細菌を寄せ付けないようにしましょう。

人混みを避ける

感染する確率が高い場所にはいかないことが望ましいです。

ショッピングモールやお祭り等、人が集まるところは風邪の菌やウイルスも集まっています。

もしかすると、既に感染している人もいるかもしれません。

外出はしても、人混みには近づかないようにしましょう。

まとめ

風邪やインフルエンザの感染を防ぐには、自分の身を正しい方法で予防対策することと、感染リスクの高い場所に行かないことが大事です。

万全な対策をして風邪やウイルスから自分の身をしっかりと守りましょう。

マスクは自宅に必ずストックしておきましょう。