同僚から招待された結婚式のウマい断り方!その後の関係をこじらせないフォローの仕方とは

同僚から招待された結婚式のウマい断り方!その後の関係をこじらせないフォローの仕方とは

同僚から招待された結婚式のウマい断り方!その後の関係をこじらせないフォローの仕方とは

結婚式のお誘いがあると喜ばしい反面、

ご祝儀などの金銭面が気になったり、結婚式のための服を用意しなければ…と、

少し面倒な気持ちになることもどうしてもありますよね。

 

結婚式となると、招待されるとなかなか断りづらいものに思われますが、

どうしても欠席したい場合、うまく断るためにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

この記事では【同僚から結婚式に招待されたの「ウマい断り方」と「フォローの仕方」】について解説していきます。

 

結婚式のウマい断り方

結婚式のうまい断り方

結婚式の招待をうまく断るためのコツは、相手にも欠席で仕方ないと思わせることです。

 

例としては、結婚式の先約があることを理由にするなど。

ただでさえ断りにくい結婚式の招待ですから、先約が別の人の結婚式の場合は、

そちらを優先しで自分の結婚式に来れなくても仕方ないと相手に思わせることができます。

 

この理由を伝えるときは、必ず共通ではない知人の結婚式と設定するよう注意して、

先約の結婚式が本当はないということを絶対にバレないようにしましょう。

 

嘘がバレてしまうと、単に行けないと断った場合よりも気まずくなります…。

 

他にも、親族の法事などを欠席の理由にするのもおすすめです。

法事と言われれば誘った側も来れなくても仕方ないと思いますし、

本当に法事なのかどうかまでこれ以上深追いすることはまずありません。

 

また、たとえばお葬式などいわゆる弔事が理由で欠席する場合は、

理由ははっきり言わずに欠席の旨だけを伝えることが多いです。

 

そのため、あえて理由を言わずに欠席の返事をするというのもOKなのです。

 

逆に、仕事などを欠席の理由にするのはあまりおすすめしません。

結婚式の招待の話は比較的早い段階から来るため、仕事が理由だと

「ずっと先の日程なのにそんなにどうしてもあけられないものなのか。」

と不信感を抱かれる危険があるためです。

 

自分が誰かを結婚式に招待したとして、「仕事があって行けない…」と言われても、

あっさり「じゃあ仕方ないね」とは思いづらいですよね。

 

どうしても仕事を理由にする場合は、

出張などなるべく特別でどうしても外せない雰囲気の出る内容にしましょう。

 

相手に仕方ないと思わせる理由を伝えることで、

結婚式の招待をうまく断ることができるはずです。

欠席後の関係をこじらせない「フォローの仕方」

欠席後の関係をこじらせないフォローの仕方

結婚式の招待を断った場合は、

「本当は行きたかった」という気持ちをしっかり伝えるようにしましょう。

 

結婚式は欠席してもお祝いのプレゼントやご祝儀を贈るようにします。

相場は1万円程度で、披露宴より前に贈るようにするとよいでしょう。

 

また、欠席の場合は電報などを贈るのもいいです。

 

「結婚式には行けなかったがお祝いしている」ということをしっかり相手に示せば、

欠席した後も関係が悪くなることはないでしょう。

 

せっかく誘ってもらった結婚式を欠席して、

何ごとも無かったようにするのはNG。

本人に直接伝えられる場合は、お祝いの言葉はもちろん、

「行けなくて残念」としっかり伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【同僚から結婚式に招待されたの「ウマい断り方」と「フォローの仕方」】についてご紹介しました。

結婚式に招待された時は

断り方を間違うと、その後の関係がこじれる原因にもなります。

断る際には理由の伝え方に気をつけましょう。

 

また、欠席する場合はアフターフォローを忘れないようにしましょう。

欠席の理由はなんであれ、このアフターフォローがしっかりできていれば

その後の関係もうまく続けることができるはずです。

私生活カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!