「カミカミBabyバナナ」レビュー!おもちゃ選びのポイントも

「カミカミBabyバナナ」レビュー!おもちゃ選びのポイントも

「カミカミBabyバナナ」レビュー愛しい我が子には色んなものを与えたくなりますよね。

友人や親族の子供に溺愛してしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな時に最適なプレゼントといえば「おもちゃ」ですが、赤ちゃんにも好き嫌いがあって、気に入らないおもちゃは遊んでくれません。

 

そこで今回はネット上の口コミでも赤ちゃんに好評だという声が目立つ「カミカミBabyバナナ」というおもちゃをご紹介。

我が子にも与えてみましたが、スゴク気に入ってくれて、ぐずった時にかなり効果を発揮してくれるので、母としても神的存在のグッズになっています(笑)

赤ちゃんのおもちゃ選びのポイントも合わせてお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 



「カミカミBabyバナナ」レビュー

「カミカミBabyバナナ」レビュー

とにかく持ちやすい

「カミカミBabyバナナ」は、名前の通りバナナの形をしています。

バナナ本体が赤ちゃんが握りやすい細さになっているのでとてもつかみやすく、軽くて柔らかいラバー素材なのが、持ちやすさにもつながっています。

いろんな噛み応え

バナナの先端はブラシになっていて、凸凹形状になっているので、噛んだ時に歯茎をマッサージしてくれるんです。

赤ちゃんの口の中のむず痒さもこれで解消されます!

我が子もひたすらカミカミしてます。

 

この噛む感覚は赤ちゃんの成長を促すためにも必要で、噛む力もつくのでまさに一石二鳥ですね。

バナナの下の部分もいろんな凹凸があって、よく我が子もバナナを逆さにして、下の部分も一生懸命カミカミしています。

衛生面も作りも安心なおもちゃ!

このバナナは、皮が上から少し剥けている形状になっているのですが、実はこれは赤ちゃんの口の奥深くにバナナが入ることを防いでくれているんです。

これで少し細長い形をしていても、安心して遊ぶことが出来ます。

デザインが可愛いうえに、のど突き防止の作りになっているところが、赤ちゃんのこともママのこともとてもよく考えられているなと感心しました。

 

思わず写真を撮りたくなるデザインが、ママに嬉しいところだと思います。

また、作りだけではなく、このバナナは皮がスタンド状になっているので、

立てて保管することが出来ます。

更にストラップ穴も付いているので、吊るして乾かすことも出来るんです。

電子レンジ消毒も、薬液や煮沸消毒もOKなので衛生面もバッチリなんです。

管理しやすいのもママにとって嬉しいところなのではないでしょうか。

赤ちゃんのおもちゃ選びのポイント

赤ちゃんのおもちゃ選びのポイント

赤ちゃんが握りやすいこと

どんなに赤ちゃんの興味を引くような色や形をしていても、自分で好きなように掴んだり舐めたり、触ったり出来なければ赤ちゃんはすぐに飽きてしまいます。

色々なおもちゃがある中で絶対に失敗しない為には、まずは赤ちゃんの月齢にあったおもちゃを選んであげることが大切です。

おもちゃには必ず何歳からが対象かが書かれています。

 

0歳児向けのおもちゃには月齢で0ヶ月から遊べるものや、3ヶ月、5ヶ月から遊べるおもちゃなどと細かく記載されています。

そこのチェックを怠らなければ、赤ちゃんの成長に合ったおもちゃを与えてあげることが出来ます。

 

とはいえ赤ちゃんが小柄な場合は、月齢だけでなく、手の大きさに合わせた、小さめで軽めのおもちゃを選んであげると良いでしょう。

噛み応えが良いこと

赤ちゃんはものを口に入れることがお仕事の一つです。

自分で手にしたものがどんな形をしていて、どんな触り心地なのかを手だけではなく、口の中でも感じて確かめます。

また、成長するにつれて歯が生えてくると、赤ちゃんも気になります。

そうするとまた、口の中にものを入れて噛みたくなるんですね。

この時も、噛み応えのあるようなものが赤ちゃんは大好きです。

 

なので、ツルツルしたものよりも、ゴムのようなちょっと柔らかめな感触のものや、

ザラザラしたようなものの方が赤ちゃんは気に入ります。

安全であること

赤ちゃんは自分で加減することが出来ないので、口の中にものを入れた時に、奥まで入れすぎてしまったり、とがっているところを気にせず、手のひらで叩いてしまったりします。

もちろん触っていいものや口にしていいものもわかりません。

だから赤ちゃんがどんな風に遊んでも安全な作りであることが大切です。

 

その為にもやはり、月齢に合わせたおもちゃを選んであげることが、安全面でもかなり重要になります。

それさえ気をつければ、赤ちゃんのおもちゃで基本その点は心配しなくても大丈夫ですが、衛生的に管理しやすいおもちゃだと尚安心ですよね。

汚れても洗いやすいものであったり、消毒しやすいものが良いでしょう。

ママ目線ではなく、赤ちゃん目線で選ぼう!

赤ちゃんのおもちゃって種類もたくさんありますが、せっかく買うなら赤ちゃんが遊んでくれるおもちゃを買ってあげたいものですよね。

そんな時に大切なことって分かっているつもりでも、結局自分目線で見栄えであったり、これで遊んで欲しいという押し付けみたいなところを考えて選んでしまったりしまいがち。

結果、赤ちゃんが遊んでくれなかったら意味がありませんよね。

 

やっぱりおもちゃを選ぶ時には、赤ちゃんにとって遊びやすいかが大切で、それとプラスで、ママから見て安全であることが大切になってくるポイントなのだと思います。

そしてそれはおもちゃに限らず、普段のお世話でも同じことだと思います。

赤ちゃんがグズっていうことを聞かない時、全然寝てくれない時、

そんな時は、赤ちゃん目線で是非考えてあげてください。

赤ちゃんの気持ちになって考えてあげることで、きっと赤ちゃんの笑顔がもっと増えていくはずですよ。