業務スーパー「チョコババロア」レビュー!食べ方アレンジも紹介

業務スーパー「チョコババロア」レビュー

業務スーパーの「チョコババロア」をレビューします!

紙パックスイーツの人気商品で、一パックの価格は税込み297円

チョコババロアって響きだけでもおいしそうですが、1キロも入っていてお得です。

食べ方のアレンジ方法も合わせてお伝えするので、ぜひ最後まで読んでくださいね。



業務スーパー「チョコババロア」を食べた感想

業務スーパー「チョコババロア」を食べた感想

紙パックにギッシリ詰まってます。

初めて見た時は衝撃的でした。

業務スーパー「チョコババロア」 一口目

でろんっと全部出すのも面白いですが、まるごと流してしまいそうなのでスプーンですくいます(笑)

ゼラチンが入っているので、固さはプリンよりもむっちり。

業務スーパー「チョコババロア」 味

食感は軽いですが、味はしっかり甘くて濃厚です。

食べ過ぎると胸焼けしそうですが、アレンジ次第では色んな使い方が出来そうなほどの味の濃さ。

常に冷蔵庫にストックしておきたいです。




業務スーパー「チョコババロア」の100グラム当たりのカロリー・栄養成分

業務スーパー「チョコババロア」カロリー・栄養成分

「チョコババロア」のカロリーは100グラムあたり166キロカロリーで、糖質は約24グラム

糖質が気になる方は、そのまま食べるよりパンに付けて食べたりホットミルクに混ぜるなどして楽しんでくださいね。

下は100グラム当たりの数値なので、10倍すると1パック当たりの数値になります。

166キロカロリー
たんぱく質 3.4g
脂質 6.6g
炭水化物 24.1g
食塩相当量 0.08g




業務スーパー「チョコババロア」の賞味期限の目安

今回購入したのは10月17日ですが、賞味期限は11月15日でした。

1か月はストックしておけますが、開封した場合は2週間以内には食べた方が良いです。

そのまま食べる場合は、量が多いのでなかなか減らないかもしれません。

そこで、食べ方のアレンジ方法もまとめました。

業務スーパー「チョコババロア」の食べ方アレンジ

パンに塗る

なんて贅沢な朝食でしょう。

パンよりチョコババロアの方が厚みがあります(笑)

ホットミルクに混ぜる

牛乳にチョコババロアを混ぜてレンジでチンすれば、ホットチョコドリンクが完成します。

寒い時期、体も心も満たされたい時に良いですね。

アイスにする

チョコババロアを使えばチョコアイスも簡単に作れるそうです。

味が濃いので、美味しそうなアイスが出来上がりそうですよね。

チョコムースにする

これは反則!絶対美味しいやつです。

毎日食べちゃいそうです。

業務スーパー「チョコババロア」の口コミ評判

業務スーパーのスイーツの中でもダントツ人気!

300円未満で一キロも入ってて味も美味しいし、色んな食べ方が出来ますからね。

ゼラチンが入っているのでもっとサッパリしているかと思いきや、濃厚な味なんですよね。

食べすぎ注意です(笑)

冷蔵庫に2、3本ストックしておきたいです。

業務スーパーの紙パックスイーツは、デロンって全部出すのが主流になってますね。

SNS映えもバッチリ♪

ちょうど良い量ととろけ具合!

個人的には、ゆっくり味わって食べたいです^^

まとめ

この記事では、業務スーパーの「チョコババロア」をレビューしました。

1年以上前から発売されている商品ですが、いまだに人気なようで品切れになっていることもしばしばあります。

牛乳と同じコーナーに置いてあるので、業務スーパーを見つけたらぜひチェックしてみてくださいね。

同じシリーズの「巨峰ゼリー」のレビュー記事も合わせてお読みください。

業務スーパーの「巨峰ゼリー」レビュー!予想以上に本物の味に子供もビックリ
業務スーパーの”牛乳パックスイーツ”の一つ、「巨峰ゼリー」をレビューします。値段はなんと1キログラムで195円という安さ。その値段からは想像できない本格的な巨峰の味に、思わずビックリしました(笑)子どもが多い家庭には特におすすめなので、ぜひ読んでみてください。

 

コメント