群馬県榛東村「しんとう・村づくり祭」の見どころとアクセス!2019年の感想も

群馬県「しんとう・村づくり祭」の見どころとアクセス!2019年の感想も

「しんとう・村づくり祭」は、群馬県榛東村の榛東村総合グラウンドで行われるイベントです。

榛東村の特売品を販売する「産業祭」と、21区対抗で行われるスポーツの祭典「スポレク祭」が同時開催。

しんとう・村づくり祭とも呼ばれ、開催時期は10月の第3日曜日の9時半~15時までの開催されます。

そこでこの記事では「しんとう・村づくり祭」の見どころとアクセス方法」をご紹介。

特に車で行こうと思っている人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

※この記事を書いたのは群馬県在住の30代後半の主婦、石田さんです。





「しんとう・村づくり祭」の見どころ

「しんとう・村づくり祭」の見どころ

「産業祭」と「スポレク祭」の見どころについて説明してしますね。

スポレク祭は市民運動会のようなもので、21区対抗で行われます。

榛東中学校ブラスバンド部の演奏から始まり、玉入れ、長縄跳び、ムカデ競争、綱引きと運動会ではおなじみの競技で争います。

村内在住小学生から大人まで様々な年代の方が参加していて、村内の幼稚園、保育園の出し物もあり、見ていてほっこりします^^

他にも、体力測定コーナー、自由参加の障害物競争があり、開催当日に受付もしていますよ。

 

産業祭では、榛東村と友好都市である茨城県大洗町と、防災協定を結んでいる神奈川県大井町の名産品が販売されます。

榛東村のブースは地元名産の野菜、ワインが販売され、他にも群馬県名産の焼きまんじゅうが販売されますよ。

その中でも人気があるのが、つきたてのおもちと芋煮。

どちらも無料で振舞われます。

芋煮は相馬原自衛隊の方が炊き出しのできる特殊車両で作ったもので、毎年長蛇の列ができます。

 

大洗町のブースではサンマ、しらす、干物などの海産物が販売されます。

大井町のブースでは地酒と蕎麦が販売。

スポレク祭、産業祭とともに活気あふれる一日になりますよ。

「しんとう・村づくり祭」2019の感想

「しんとう・村づくり祭」2019の感想

スポレク祭りは村内の人が多く、地域密着色が強いです。

でも、産業祭は榛東村の名産品を味わう事ができ、どの人でも楽しめるイベントですよ。

私も産業祭には何回も行ったこともあり、区対抗のムカデ競争に参加した事があります。

ムカデ競争なので普通は5人1列で進むかと思いきや、20人が1列になるのでなかなかうまく進まなくて大変でした(笑)

ゴールまでがとても長く感じましたね・・・。

 

産業祭に行ったら、芋煮とお餅は必ず食べます。

芋煮は里芋、大根、ネギ、豚肉が具沢山入っていて食べ応えがあり、味がしみていて美味しかった。

並んででも食べる価値はありますよ。

もう一つ私のおすすめは、地元名産のウインナー焼き!

とっても美味しいんですよー。

「榛東村産業祭」へのアクセス

榛東村産業祭は、「しんとう総合グランド」という所で行われます。

アクセス方法としては、車でのアクセスが便利です。

関越自動車道の渋川インターを下車、前橋方面へ進み、半田交差点を右折。

右折後、しばらくまっすぐ進むと上越線とぶつかりますので右折して、そのまま道なりに進んで下さい。

やがて関越道をくぐり、3つ目の上野田の交差点を右折し、直進して上野原交差点を左折します。

しばらく直進すると、歩道橋が見えるのでそこ通り過ぎた先に右手に大きな運動場と看板が見えます。

まとめ

この記事では「しんとう・村づくり祭」の見どころとアクセス方法」をご紹介しました。

村づくり祭当日は、運動場周辺の道路は混雑します。

遅くなってしまうと、役場の駐車場から15分程歩いて行かないといけないので大変です。

近くの駐車場に停めたい人は、9時前には到着するようにしてくださいね。

場所 しんとう総合グラウンド

〒370-3502 群馬県北群馬郡榛東村

開催日 2020年10月18日(日)

開会式:8:00~

競技・出店等開始:9:20~

終了予定:15:00

コメント