相楽園「にわのあかり2019」の見どころ!浴衣着用で入場料無料

相楽園「にわのあかり2019」の見どころ!浴衣着用で入場料無料

神戸市立相楽園「にわのあかり2019」

画像出典:相楽園ホームページ

神戸で毎年夏の終わりに行われるイベントといえば、相楽園の「にわのあかり」

今年も「光と闇をあいたのしむ」をテーマに、8月31日()~9月1日()の2日間にわたって開催されます。

さまざまなグループがテーマに沿って明かりを灯していくイベントで、参加グループは15以上にもなります。

さらに今年は、浴衣着用で入場料無料となっているので、夏の締めくくりにもおすすめ。

そこで今回は「にわのあかり2019の日程・見どころ・アクセス」についてご紹介します。

イベントの雰囲気もわかると思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「にわのあかり 2019」の概要

「にわのあかり 2019」の概要

にわのあかりが開催される相楽園(そうらくえん)は、神戸市の都市公園で唯一の日本庭園。

立派な庭園はもちろん、厩舎の「旧小寺家厩舎」や、英国人が設計した「旧ハッサム住宅」など、重要文化財に指定された建物もあります。

そんな雰囲気バツグンの場所で行われる「にわのあかり」

期間中は浴衣で来園すると、入園料が無料になります。

夏の締めくくりに浴衣を着て夜のライトアップを楽しむなんて、なかなか粋ですよね。

相楽園の開園時間は9時~20時までで、ライトアップ17時30分ごろ~となっています。

イベント名にわのあかり – 光と闇をあいたのしむ
開催期間2019年8月31日~9月1日
開催場所相楽園(そうらくえん)

入園料大人(15歳以上)/300円、子供(小学生以上)/150円
ホームページhttp://www.sorakuen.com/

「にわのあかり 2019」の見どころ

神戸市立相楽園「にわのあかり2019」の日程と見どころ/アクセス

注目は、芝生広場で8月28日(水)~9月1日()に開催される六甲山国際写真展の「せかいのあかり」

9月1日の夜は野外プロジェクションも行われるとのことで、どんなショーを見られるのかとても楽しみです。

ちなみに庭だけでなく、相楽園の建物もライトアップされて、いつもと違う姿を見せてくれます。

また、開催期間中は普段は公開されない「旧ハッサム住宅」が特別に公開されるので、こちらも要チェック。

※今年は芝生広場で同時開催される「六甲山国際写真展」にともない、恒例だったダンスや音楽イベントは開催されません。

アクセス

相楽園へのアクセス

電車で行く場合

相楽園から一番近い駅は、神戸市営地下鉄西神・山手線「県庁前駅」です。

徒歩で約5分ほど、真っ直ぐ北に進むだけなので迷う事も無いでしょう。

JRまたは阪神線の場合は「元町駅」がおすすめ。

会場の相楽園には徒歩で約10分ほどかかりますが、そんなに遠くはありません。

ただ、上り坂が続くので気を付けましょう。

車で行く場合

相楽園との提携駐車場はありません。

車の場合は、周辺の有料駐車場を利用しましょう。

「タイムズ下山手通第4」や「ザ・パーク中山手通6丁目」などの相楽園から徒歩5分圏内の駐車場がおすすめですが、混雑する恐れもあります。

30分ごとに加算されるタイプのものばかりで、上限もありませんので、気兼ねなく楽しむなら、やはり電車で行く事をオススメします。

「にわのあかり」過去開催のようす


ずーっと見てられそうですね。

これだけでも、癒されますね。


開催期間中に特別公開される「旧ハッサム住宅」です。

めっちゃオシャレ!こういう家に住んでみたいです。

掃除に追われそうですが(笑)


入館料が安いっていうのが良いですよね。

まとめ

この記事では「にわのあかり2019の日程と見どころ/アクセス」についてお伝えしました。

「にわのあかり」は、都会にいることを忘れさせてしまう幻想的なイベント。

夏の終わりの思い出にいかがでしょうか。