ドライフルーツが高い理由!間食におすすめのドライフルーツとは 

ドライフルーツが高い理由!間食におすすめのドライフルーツとは 

ドライフルーツが高い理由!間食におすすめのドライフルーツとは 

プルーン、レーズン、いちじく、マンゴー、デーツ…

ドライフルーツには、色々な種類がありますよね。

「ドライフルーツ」にはダイエットや美容にも良い栄養素が豊富に含まれていますが、食べやすくて手軽に摂取できるのも魅力です。

しかし、いざドライフルーツを買いに行ってみると、「この量でこの値段!?」と意外と値段が高い事に気付きませんか?

僕もスーパーでドライフルーツを買うことはありますが、値段を見るとカゴに入れるのを躊躇してしまいます。

でもドライフルーツが高いと感じるのは、ある理由があります。

そこで今回は、【ドライフルーツが高い理由】をご紹介。

ドライフルーツが高い理由を正しく知っていれば、いざ買う時に、お得な商品を選ぶことが出来るようにもなります。

【間食におすすめのドライフルーツ】についても合わせてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ドライフルーツが高い理由

ドライフルーツが高い理由

ドライフルーツが効果な理由には二つあります。

原料が果物だから

一つ目の理由は「原料」

ドライフルーツは水分が無くなって凝縮されるので、見た目以上に多くの果物が使われています。

「たったこれだけの量なのに、こんなに高いの?」と思うような商品でも、同じ数の果物を買うよりも安かったりします。

お店に並ぶような商品は品質にこだわっているものばかりですが、ドライフルーツの原料に使われる果物も、品質にこだわっています。

ドライフルーツに限りませんが、国産の場合やオーガニック商品などは、値段がさらに高くなります。

手間がかかっているから

ドライフルーツ商品の多くは、食べやすい形に切られていますよね。

キレイな形に切るのも、手間がかかっています。

ドライフルーツは天日干しをすれば、自宅でも簡単に作ることは出来ますが、市販のものは、熱を当てる専用の機械を使って乾燥させています。

この専用の機械に果物を入れたりするのが職人の仕事。

品質のチェックや味付け・包装などの工程も丁寧に行われています。

作り方にこだわっている商品ほど、高価になります。

ドライフルーツを選ぶ際には、製造者の作り方を調べてみると面白いかもしれませんね。

間食におすすめのドライフルーツ

ドライフルーツは乾燥されているので菌が発生しにくく、日持ちが長いという特徴があります。

非常食としても用いられますが、間食用のおやつにもオススメです。

凝縮されているため栄養価が高いのですが、カロリーも高め。

食べ過ぎには注意が必要です。

また、砂糖がたっぷりついているものもあるので、気になる方はノンシュガーの物を選びましょう。

① プルーン

ドライフルーツ「プルーン」

ドライフルーツの中でも人気な「プルーン」

プルーンは糖度の高い西洋すももを乾燥させた果物です。

鉄分が多く含まれているので、女性には特にオススメ。

しかし、あまり食べ過ぎてしまうと、お腹がゆるくなってしまう原因になります。

また、一緒に飲み物を飲む場合には注意が必要。

お茶やコーヒーなどに含まれているタンニンは、鉄分の吸収を妨げる働きがあります。

② デーツ

ドライフルーツ「デーツ」

「デーツ」とは、ナツメヤシという木の実。

食感は干し柿に似ていて、炭水化物が多く含まれているだけでなく、カルシウムや鉄分も豊富です。

イランでは「デーツを食べると元気な赤ちゃんが産まれる」と言われ、妊婦さんに好まれています。

子供ができたら、奥さんへのプレゼントにも良さそうですね。

③ マンゴー

ドライフルーツ「マンゴー」

生のまま食べてもおいしい「マンゴー」は、ベータカロテン・ビタミンA・C・食物繊維が豊富です。

アンチエイジング効果のあるビタミンAやβカロテン。

美肌効果や免疫力アップ効果のあるビタミンC。

さらに、妊婦さんへの摂取が推奨されている葉酸も含まれています。

程よい食感で食べ応えもあるので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。

そのまま食べても良いですが、ヨーグルトに一晩つけておくだけで、ヨーグルトの甘味が増します。

色んな食べ方をしてみるのも楽しいと思います。

ぜひ一度試してみてくださいね。

「ドライフルーツを飲む」なんていうのもいかがでしょうか。

by カエレバ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【ドライフルーツが高い理由!間食におすすめのドライフルーツとは 】をご紹介しました。

  • ドライフルーツが高い理由は「原料」と「手間」
  • 間食で食べるならノンシュガーのものを
  • おすすめはプルーン、マンゴー、デーツ

みずみずしい果物があんな状態になるなんて、不思議ですよね。

ドライフルーツを美味しく食べるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

直火焙煎で作り方にこだわっている創業60年の「小島屋」のドライフルーツはコチラ

by カエレバ