10年前からやっておいて良かった事・やっておけば良かったと後悔してる事

10年前からやっておいて良かった事・やっておけば良かったと後悔してる事

10年前からやっておいて良かった事とやっておけば良かったと後悔する事

「やっておけば良かった」と後悔している事はありませんか?

一度でも検討したことがあることだと、ショックは大きいですよね。

逆に、「やっておいて良かった」と思える事がたくさんあれば嬉しい気持ちにもなるはず。

でも、若い頃から将来のことを考えて意識的にやっていることって少ないですよね。

 

そこで、僕が10年前から「やっておいて良かった」と思う事と、「やっておけば良かった」と今でも後悔する事をご紹介します。

僕は2019年現在で35歳、年収600万円・結婚10周年・3人の子持ち。10年前は25歳独身、年収400万円でした。

この記事を参考に実践すれば、僕と同じ後悔をしなくて済むはず。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

10年前から「やっておいて良かった」と思うこと

10年前から「やっておいて良かった」と思うこと

「やっておいて良かった」と言う人には2種類います。

それは「たまたまやっていたこと」が功を奏したか、将来のことを考えて「意識的にやったこと」かどうかです。

ここでは、僕が10年ほど前に将来のことを考えて意識的にやった『やっておいて良かった事』をご紹介します。

禁煙

僕はある女性に結婚前提でお付き合いをお願いしました。

数日後、彼女はいくつかの条件を出してきました。その中の一つにあったのが「禁煙」です。

煙草は元々、好きで吸っていたわけではありません。ただ止めるきっかけがない、止める理由が無いだけでした。

中毒状態になっているので、意思とは関係なく吸いたくなるのが煙草なんです。

 

僕は彼女と付き合いたいという一心で、「禁煙」を約束しました。

付き合っていた頃は一人になると吸っていた時期もありましたが、職場の人にも宣言していたので、会社にいる時は吸いませんでした。

3日で2箱吸っていたのが3か月後には1日5、6本になり、半年後には1日2、3本に減りました。

1年後にはお酒を飲んだ時に吸いたくなるくらいで、他は全く吸いたいと思う気持ちもなくなり、煙草を止めてから10年が経ちました。

クマッチョ

その当時「禁煙」を約束した彼女が、僕の奥さんです。

保険加入

結婚して一人目の子が産まれる頃、将来の子供のためにも保険に入ろうという話になり、誕生日が近かったので、すぐに保険の窓口に相談に行きました。

クマッチョ

保険は契約時の年齢によって保険料が変わります。誕生日になる前に加入しましょう。

10年前はお得な保険の商品がたくさんあった事もあり、家族全員分の保険に加入しました。

煙草を吸わない人は保険料が割引される保険に加入出来たので、ここでも「禁煙しておいて良かった」と思えました。

当時はまだ若かったので、家族全員分の保険料を払うのもギリギリでしたが、30代後半になってからだと保険料は倍近くかかるので、若いうちに保険に加入しておいて良かったと思います。

保険プランの相談は無料で気軽にできます。

【タウンライフ保険相談】

人生プランの設計

人生プランの設計をしたことはありますか?

進学、就職、結婚、出産、マイホーム購入、脱サラ、起業などの計画を決めてしまうことです。

高校までは義務教育がありますが、出来るだけ早い方が効果的です。高校生でも出来ることってけっこうありますし。

僕は家庭環境があまり良くなかったので、中学生の頃から結婚までの人生プランを考えていました。

自分一人で生きてくしかないと思えば、将来について考えざるを得なくなるんですよね。

ただ、一つ問題がありました。それは「やりたいことが無かった」ということ。

やりたいことがある人は目的が明確なのでそれに合わせて設計できますが、僕の場合はやりたいことなんてありませんでした。白紙状態ですね。

でも、進学する高校の選択肢も普通校か商業高校の2択だったので、高校卒業後は上京すると決めて就職に強い商業高校に進学しました。

現在プログラマーとして働いているのもそんな経緯からですが、上京したい気持ちが強かったので、人生プランも細かく決めてましたね。

「20歳までに東京で彼女作る」とか「車の免許取る」とか、難しいことは何一つありませんでしたけど・・・。

東京への憧れを抱きながら妄想ばかりしていましたね(笑)

人生プランの設計をしておく最大のメリットは「プラン通りになる」ということ。

やりたいことや絶対叶えたいことをプランに入れれば、多少ずれることはあっても惜しい所まではいきます。

事実、彼女もいないに「25歳で結婚する」とか、貯金ゼロのくせに「20代でマイホーム建てる」とかほざいてましたけど、どちらも叶えることが出来ています。

たとえ叶えられなかったとしても失敗ではないので、あなたもこの機会に考えてみませんか?

新しくやりたいことが見つかった時は、また人生プランを作り直せばいいだけです。

「やっておけば良かった」と今でも後悔していること

「やっておけば良かった」と今でも後悔していること

「やっておけば良かった」という言葉は、何もしなかった人がただ嘆いているだけ。

僕もその一人で、10年前は暇さえあればゲームばかりしていましたが、今では何の役にも立っていません…。

複数のことを同時にやるのは無理があるので、誰でも一つや二つは後悔することがあると思いますが、ここでは僕の『やっておけば良かった』と思う事をご紹介します。

僕が今10年前からやり直せるとしたら、必ずやっておきたいと思う事だけを厳選しました。

英語の習得

英語は年々、重要視されていますよね。最近は小学校でも英語の授業がありますが、2020年にはさらに本格化されます。

文部科学省が発表した英語教育改革実施計画を簡単にまとめると以下4点です。

  1. 小学校3年生から英語教育が始まります。
  2. 小学校5年生から「英語」が教科の仲間入り。
  3. 中学校の英語は基本的に全て英語。
  4. 「聞く・話す・読む・書く」がどの程度出来るかで、評価されます

英語が進むのは喜ばしいことですが、自分の子どもに英語を教えられないのは、親として寂しい気がします。

英語学習は今からでも遅くはないので、3年後くらいには始めようかな・・・(今スグやれという声が聞こえる気がしますが…笑)

人脈作り

あなたには、職場や友人以外に仲間は居ますか?

仕事の一環でセミナーに参加したり、スポーツや習い事をしていても普段は知り合えないような人と出会える事ってありますよね。

ネット上だけでやりとりしている人と実際に知り合って、仲良くなる人もいるくらいです。

ただ、普段遊んでばかりいるとそんな出会いも、ただの知り合いで終わってしまうんですよね。

自分が遊びにしか興味が無かったのが一番の原因なのですが、身軽なうちにもっと色んな人と出会う努力をしておくべきだったと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【10年前からやっておいて良かった事・やっておけば良かったと後悔してる事】をご紹介しました。

今まではそれでもどうにかなってきましたが、これからはそうもいきません。今はまだ平和のなごりがありますが、10年後にどうなるかなんて誰にもわかりませんよね。

新しいことを始めるのは勇気が要ることですが、やらざるを得ない状況になる前にやっておいた方が、自分のペースで無理なく続けられます。

「やっておけば良かった・・・」と後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。