共感を表す魔法の言葉10選!たった一言で自然にモテる

共感を表す魔法の言葉10選!たった一言で自然にモテる

なぜか、何でも話してしまいたくなる人

あなたは人に何か伝えたとき、どんな言葉が返ってくると嬉しいと感じますか?

自分の思いや感じていることを伝えたとき、

共感してくれる言葉や気持ちに寄り添ってくれるような言葉をかけられると、

つい嬉しくなって色んなことを喋ってしまうこともありますよね。

 

話をしていて心地が良いと思わせてくれる人とは、また会話がしたくなると思うものですが、

実は大して話を聴いていなくても、

たった一言返しただけで、相手が話をしたくなってしまう「魔法の言葉」があります。

 

そこで!

あなたもそんな「魔法の言葉」を使えるようになりたいと思いませんか?

この記事を最後まで読むことで…

「もっと話がしたいのに会話が続かない」とか

「相談に乗ってあげたいのにどう接したら良いかわからない」と思った時でも

魔法の言葉を言うだけで、相手の方から話をしてくれるよう導くテクニックがわかります。

 

この記事では【共感を表す魔法の言葉10選!たった一言で自然にモテる】をご紹介します。

 

共感を表す魔法の言葉10選

あなたにも、「今まで誰にも話したことが無い内容でも、

つい何でも話してしまいそうになる」という人はいませんか?

誰かに自分の気持ちをわかってほしいと思っている時に、

ちょうどよく話を聴いてくれる人が目の前にいると、

つい色んなことを話してしまいそうになりますよね。

 

信頼できる人になるためには、聞き役に徹する必要がありますが、

ただ黙って聴いているだけでは、わかっているのかどうか不安になります。

そもそも、きちんと話を聴いているのかさえ疑う人もいるかもしれません。

 

そこで有効なのが、

たった一言伝えるだけで、相手の気持ちを理解していることや

共感していることを示す魔法の言葉。

 

この魔法の言葉を使えるようになれば、

相手はあなたと会話するのが楽しくなり、自然に笑顔になっていることも珍しくありません。

ここでは、相手の気持ちに寄り添って共感していることを示す魔法の言葉をご紹介します。

① そうだね

「そうだね」は、相手の思いに共感したときに使う魔法の言葉

この言葉を使うだけで、相手に同調していることが伝わり、

味方になってくれたと感じさせることにも繋がります。

 

相手が思いを打ち明けてくれた時は「そうだねー」と伸ばしたり、

「ほんっと、そうだね」と思いを込めて言うと、

より深い共感を示した使い方も出来ます。

② 私もそう思う

「私もそう思う」は、相手の意見に賛成していることを示す魔法の言葉

相手が意見を言った時に相づちのように「私もそう思う」とすかさず言うことで、

相手は自分の思いをさらに伝えてくれるはずです。

 

人の話を聴いている時は、自分の発言する量は出来るだけ抑えたいところ。

自分が話せば話すほど、相手は静かになります。

自分の意見を伝える時は簡潔に済ませた方が、会話のバランスも良く効率的です。

③ そうかもしれない

あなたは、相手の意見に同意できないとき、どんな言葉を返しますか?

人それぞれ考え方は違うので、自分と違う意見を言う人もいますよね。

 

相手の意見に同意できない時でも、

「そうかもしれない」と言って一度、受け止めることで

相手に不快な思いをさせる心配がありません。

④ わかるよ

「わかるよ」は、理解していることを率直に伝える魔法の言葉

シンプルな言葉ですが、理解していることが伝われば相手は安心します。

 

この後に続けて「私もそう思う」と続ければ、

相手は共感してくれたことに対して嬉しくなり、

あなたと話すことも楽しいと思えるはずです。

⑤ 大変だよね

あなたは、苦労話を聞かされることはありますか?

世間話の中には苦労話は必ずあると言っても過言ではありませんよね。

そんな苦労話を聞かされた時は、「大変だよね」と言うだけで充分です。

 

本当に大変な思いをしている人にとっては、

気持ちを分かってくれたと感じるだけで楽になるはず。

仕事の話となるとだいたい当てはまる魔法の言葉でもあります。

⑥ 頑張ってるね

「頑張ってるね」は、頑張ったことや大変だったエピソードに対して有効な魔法の言葉

今のままでも十分頑張っているということを伝えることで、

相手は自分が認められたという思いになり、満足してくれます。

 

あなたとの会話で満足感が得られたと実感することが出来れば、

また、あなたと話したいと思うようになるはずです。

⑦ 大変そうだね

「大変そうだね」は、相手のことを心配していることを伝える魔法の言葉

実際は大変じゃなかったとしても、

自分のことを見てくれていると感じることで、喜びを感じる人は少なくありません。

 

本当に大変さをアピールしている場合は、

自分の気持ちをわかってくれたという思いから嬉しくなり、

話も弾むことになるでしょう。

⑧ それは~だね

「それは~だね」は、相手の気持ちに寄り添う魔法の言葉

大変だったというエピソードには「それは大変だね」と言い、

嬉しかったエピソードには「それは嬉しいね」とそのまま言います。

 

相手の気持ちをそのまま表現することで、

相手は自分の気持ちの整理が出来て、思っていることを正直に話してくれるはずです。

⑨ いつも助かってるよ

あなたは、職場の同僚と仕事の話をすることはありますか?

仕事終わりに最寄り駅まで一緒に歩いている時に、軽く話をすることはありますよね。

 

相手の仕事の話題の後に「いつも助かってるよ」ということで、

相手はきっと嬉しいと感じるはずです。

今までやってきたことに対してねぎらう意味も感じられるので、

やる気を引き出す効果もあります。

 

仕事で感謝されることはありそうでなかなか無いという人も多いと思いますが、

日頃から感謝できる人になることで、

あなたはきっと、一目置かれる存在になるはずです。

⑩ 何か力になれることは無い?

あなたは、誰かに悩みを相談されたことはありますか?

悩みを相談されたときは、つい答えを出したくなってしまうものですが、

ただ話を聴くだけで十分です。

 

最後まで話を聴いた後で、「何か力になれることは無い?」と言うことで、

「気持ちをわかってくれた」ということがわかり、喜んでくれるはずです。

悩みが深い場合は、泣き出してしまうことも珍しくありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【共感を表す魔法の言葉10選!たった一言で自然にモテる】をご紹介しました。

誰でも、自分の気持ちを理解してくれる人には好感を抱くはず。

 

共感の言葉を使う癖を付ければ、気付いた時にはあなたの目の前には

いつも嬉しそうに話をする友人や、あなたのことが気になっている女性がいるかもしれません。

人間関係を良好に築くためにも、ぜひ参考にしてくださいね。


あなたが嬉しいと思う「共感を表す魔法の言葉」を教えてください。
  • あなたの回答を追加する