言葉遣いを直す方法!他人を不快にさせない言葉を使おう

言葉遣いを直す方法!他人を不快にさせない言葉を使おう

言葉遣い 直す

あなたは、口が悪いと指摘された経験はありませんか?

自分でも自覚している部分はあっても、言葉遣いを直すのはなかなか大変ですよね。

しかし、口の悪さは年齢を重ねれば重ねるほど、目立ってしまいます。

 

いくら見た目に気を遣っても、言葉遣いが悪いと台無しです。

そこで今回は「言葉遣いを直す方法」をご紹介。

口が悪いのを直したいと思っているなら、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 



言葉遣いを直す方法

言葉遣いを直す方法

言葉遣いを直すには、実際に人と話して練習するのが一番です。

本を読んで勉強をしても、実際に敬語を話していかないと身につきません。

敬語を使えるようになりたい人は、英会話を習うつもりでマナー教室で学ぶのも良いでしょう。

言葉遣いを直すなら、「指摘されたらすぐに直す」という気持ちが大事です。

 

たとえば、次のように指摘されたらどうでしょうか?

「すいません」は間違いで、「すみません」が正しい日本語です。

「どっちでもいいじゃん!?」

と思う人は言葉遣いを直すことができません。

 

悪い言葉遣いとされる言葉は、禁句にしましょう。

そして、不快を与える言葉が浮かんだら変換するくせをつけます。

例えば、よく使いがちな言葉に「やばい」がありますね。

「おいしい」「美しい」「楽しい」「素晴らしい」と適切な表現に直しましょう。

語尾に気を付ける

言葉遣い 語尾

「口が悪い!」誰かに指摘されたりしたことがきっかけで、言葉遣いを直さなきゃと思う事はあるでしょう。

人に指摘されたということは、不快にさせてしまったのかもしれません。

話すだけで人を不快にさせる言葉を話すのは損ですよね。

 

とはいえ、スグに言葉遣いを直すのは簡単ではありません。

そこで、「語尾」に気を付けてみましょう。

年上の人や立場が上の人に向かって、「~だね」「~だよ」「~っす」という語尾を使うと、不快にさせてしまうこともあります。

「です」「ます」が使えるようにしましょう。

 

不快にさせるという意味では、上から目線に感じられてしまう「言葉遣い」も避けるように心がけたほうが良いです。

例えば、「やっておいてください」は丁寧に聞こえるかもしれませんが、命令しているような感じも受けます。

まだ親しくない相手には、「お願いします。」としたほうが無難です。

「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の違い

日本語には、相手に敬意を示す言葉遣いとして、敬語があります。

そして敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」がありますよね。

まずは「丁寧語」を使えるようにしましょう。

言う 言います
話す 話します
聞く 聞きます
行く 行きます
来る 来ます

「謙譲語」は、次の通り。

言う / 話す 「申し上げます」「申します」
聞く 「うかがいます」
行く / 来る 「参ります」

「尊敬語」は、次の通り。

言う / 話す おっしゃる
聞く お聞きになる
行く いらっしゃる
来る いらっしゃる、お見えになる

まとめ

仲の良い友だちとだけで会話をしていると、言葉遣いはなかなか直りません。

日本人が英語を話せないのは日本人とだけ会話しているから、という理由と同じことです。

 

立場も考え方も違う人と話す機会が増えることで、自然に言葉遣いにも気を付けることができます。

言葉遣いで損をしないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

「綺麗な言葉遣いを身に付ける7つの方法」はコチラ

言葉遣いを直したい!綺麗な言葉遣いを身に付ける7つの方法