「~すれば」と「~したら」の違いわかりますか?正しい使い方とは

「~すれば」と「~したら」の違いわかりますか?正しい使い方とは

「すれば」と「したら」の違い 使い方

Photo by Ben White on Unsplash

あなたは、会話の中で「~すれば」「~したら」を使うことはありますか?

この二つの違い、あなたはどのように使い分けますか?

一見、どちらも同じ意味のようにも思えますよね。

 

実は最近、翔泳社による社員研修制度「SEカレッジ」のセミナーを受けたのですが、

その中で、講師がプチ情報として語ってくれたのが、

「すれば」と「したら」の違い、わかりますか?

という内容でした。

 

そこで!

あなたも、「すれば」と「したら」の違いについて、知りたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むことで、

知らず知らずのうちに間違った日本語を使わずに済みます。

メールを書く時にも役立つことなので、ぜひチェックしてくださいね。

 

この記事では【「~すれば」と「~したら」の違いわかりますか?正しい使い方とは】をご紹介します。

「~すれば」と「~したら」の違い

あなたは、「~すれば」と「~したら」は同じ意味で使っていませんか?

意味に違いがあるなんて、意識しませんよね。

しかし、使い方を間違えると、文章の意味が変わってしまうケースもあります。

 

例えば…

A.今、バイトに行けば、上司が居るんだけど、どうしよう。

B.今、バイトに行ったら、上司が居るんだけど、どうしよう。

副業がバレそうになっている状況を相談している内容ですが、

Bの方が危機的状況になっていることがわかります。

このように、「~すれば」と「~したら」が違うだけで、状況が変わってしまいます。

「~すれば」と「~したら」の使い方

「~すれば」と「~したら」の違いについて語ってくれたセミナーの講師は、

想像力溢れる日本語の達人と称される山浦 恵さんです。

 

山浦さんによると、「~すれば」と「~したら」の使い方は以下

~すれば:これから実現可能なことを仮定

~したら:過去のことを振り返った内容

 

ここでも、例をもとに説明します。

A.今、バイトに行けば、上司が居るんだけど、どうしよう。

B.今、バイトに行ったら、上司が居るんだけど、どうしよう。

Aは、これからバイトに行くと仮定していて、(上司が居る時間帯に重なることを相談)

Bは、バイトに行ったは良いものの、上司が居て慌てている様子を表しています。

 

また、Bは過去形なので、正しくは…

今、バイトに来たら、上司が居んだけど、どうしよう。

となりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【「~すれば」と「~したら」の違いわかりますか?正しい使い方とは】をご紹介しました。

「~すれば」と「~したら」の違い、お分かり頂けましたでしょうか。

日本語って難しいですよね。

きちんと使い分け出来ている人って、本当に少ないと思います。

 

普段の会話はもちろんですが、メールを送る時にも注意したいですね。

ぜひ参考にしてください。


この記事の評価・感想をお聞かせください。

言葉の使い方カテゴリの最新記事