書き方

文章力アップ

IREPとPREPを活用した文章構成術!読みやすいビジネス文書とは

あなたは、仕事で文章を書くことはありますか? 社会人になって間もない新入社員でも、 会議の議事録を作成したりメールを書くことはありますよね。 仕事のメールやWordで作成する文書は「ビジネス文書」と呼ばれます。 このビジネス文書、慣れていない人が作成すると スゴく読みづらかったり、必要なことが書かれていない文書が作成されることもあります。 読みづらいだけならまだしも、 何を言いたいのかわからないものなんて、文書の意味がありません。 そこで! 「IREP法」と「PREP法」という文章構成術を 活用する方法をおすすめします。 この記事を最後まで読むことで・・・ 仕様書やプレゼンなどのビジネス文書はもちろん、 上司への報告メールや日報メールにも幅広く活用できる 文章の書き方のコツがわかります。 新入社員に明確な方法を指導できるという意味でも メリットは大きいと思うので、ぜひ最後まで読んでくださいね。 この記事では【IREPとPREPを活用した文章構成術!読みやすいビジネス文書とは】をご紹介します。
文章力アップ

新聞のコラム欄で国語力・文章力の向上!読売新聞の編集手帳がアツい

あなたには、新聞を読む習慣はありますか? 毎日読むことは無くても、気になる記事があると手に取って読みたくなりますよね。 僕もよく会社の上司に、「新聞を読んで国語力や文章力を鍛えろ」とよく言われます。 新聞を読むのは良いとわかっていても、 「忙しい朝の時間帯にゆっくり読んでいる時間はなかなか作れない…」という方は多いはず。 そんなあなたにおすすめなのが、「コラム欄」です。 各新聞社のコラム欄では、政治や経済に関することから 日常生活や話題のニュースに関することも取り上げられています。 コラム欄で情報を仕入れることが出来るだけでも十分魅力はありますが、 言葉の使い方や言い回しはもちろん、 少ない文字数で内容を伝えているということからも学べることは多いはず。 そこで! 今回は各新聞社のコラム欄について調べてみました。 新聞社のコラム欄なんて、今まで気にして読んだこと無かった! というあなたにはきっと参考になるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。 この記事を読み終えた頃にはきっと、コラム欄を読まずにはいられなくなるはずです。 この記事では【新聞のコラム欄で国語力・文章力の向上!読売新聞の編集手帳がアツい】をご紹介します。