スイーツに合うコーヒーの選び方!焙煎度別おすすめコーヒー豆も

スイーツに合うコーヒーの選び方!焙煎度別おすすめコーヒー豆も

甘いスイーツを食べるときにぴったりのコーヒー。

自宅で過ごすことが多い今、自宅でこの組み合わせを楽しむ方も多いのではないでしょうか?

「せっかく美味しいスイーツを食べるから、合わせるコーヒーも選びたい!」

「でもコーヒーって種類が多くて、どれがいいのかわからない…」

今回はそんな方に向けて、スイーツと相性のいいコーヒーを、特徴や銘柄を解説しながら紹介します!



スポンサーリンク




スイーツに合うコーヒーの選び方

一言でスイーツと言っても、クリームたっぷりのケーキやフルーツタルトなど種類は様々。

コーヒーもまた、豆の産地や焼き具合によって、味と香りが全く違います。

スイーツと相性のいいコーヒーの組み合わせ方のおすすめは以下。

  • フルーツがメインのケーキやタルト→浅煎りのフルーティーなコーヒー
  • スコーンやクッキーなどの焼き菓子→中煎りのマイルドなコーヒー
  • クリームやチョコを使ったスイーツ→深煎りのビターなコーヒー

生クリームやチョコ、チーズケーキなど濃厚な甘味のスイーツには苦いコーヒー。

フルーツなどの爽やかでジューシーなスイーツには、酸味と香りの良いコーヒーを。

このように、スイーツの味を引き立ててくれる組み合わせを選ぶのがおすすめです。

焙煎度別おすすめコーヒー豆

焙煎度別おすすめコーヒー豆

「焙煎度」とは、コーヒー豆を飲めるように焼く「焙煎」の程度のこと。

おおまかに「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3段階にわけられます。

焼き具合の軽い浅煎りほど酸味が際立ち、中煎り→深煎りになるにつれ苦味が引き立ちます。

焙煎度ごとのおすすめの豆を紹介するので、参考にしてみてください!

浅煎りコーヒー豆のおすすめはエチオピア

浅煎りコーヒー豆のおすすめはエチオピア

エチオピアのコーヒー豆は、なんと言っても他にはない華やかで甘い香りが特徴。

浅煎りに焙煎することで苦みがなく、酸味と甘くフルーティーな香りが楽しめます。

フルーツ系のスイーツだけでなく、朝食のトーストにもマッチする、コーヒー通にも人気の銘柄です。

産地によって「イルガチェフェ」「グジ」などが名前につきますが
いずれもフルーティさが特徴で、浅煎りにぴったりと言えるでしょう。

中煎りコーヒー豆のおすすめはグアテマラ

中煎りコーヒー豆のおすすめはグアテマラ

グアテマラのコーヒーも甘い香りが特徴ですが、エチオピアよりもマイルドな口当たりで

バランスの取れた飲みやすいコーヒー豆です。

中煎りに焙煎することで程よい酸味と苦み、甘い香りが楽しめます。

スコーンなどの焼き菓子と相性がよく、香ばしさやバターの風味にぴったりですよ。

深煎りコーヒー豆のおすすめはマンデリン

深煎りコーヒー豆のおすすめはマンデリン

マンデリンはインドネシアのコーヒーで、深いコクとキレのいい苦みが特徴。

果実のような香りや爽やかさはありませんが、ビターな香りとスッキリとした後味で

生クリームやチョコなどの甘さを中和してくれます。

コクが深いため、アイスコーヒーとして飲むこともでき、夏にもぴったりの銘柄です。

まとめ

  • スイーツの種類ごとに相性のいいコーヒー豆の焙煎度がある。
  • 焙煎度ごとに向いているコーヒー豆の銘柄も違う。
  • おすすめは「エチオピア」「グアテマラ」「マンデリン」

コーヒー豆の種類は多く、今回紹介した以外にもまだまだ美味しい銘柄があります。

いろいろ飲んでみて、好きなスイーツに合う組み合わせを見つけるのも楽しいですよ。

ベストな組み合わせを見つけて、より美味しいティータイムやデザートにしてみてくださいね。

グアテマラ/マンデリン/エチオピアも入ったコーヒー豆のギフト商品
↓↓↓


コメント