成長の糧に!仕事のダメ出しをプラスに捉える3つの考え方とは

成長の糧に!仕事のダメ出しをプラスに捉える3つの考え方とは

ダメ出し プラスにする考え方

あなたは、仕事で上司にダメ出しをされた経験はありますか?

自分でもわかっている事とはいえ、ダメ出しをされると落ち込みますよね。

それまでの自信が無くなり、その後の仕事に影響が出てしまうことも珍しくありません。

 

しかし、考え方によっては「ダメ出し」されたことを、プラスに働かせることが出来ます。

そこで!

「ダメ出し」をプラスにする考え方について、詳しく知りたいと思いませんか?

 

ダメ出しされた経験があるあなたには、

きっと参考になる内容になっているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事では【成長の糧に!仕事のダメ出しをプラスに捉える3つの考え方とは】をご紹介します。

 

素直に受け止める

あなたは、誰かにダメ出しをされた時、素直に受け止めることは出来ますか?

素直に受け止められないこともありますよね。

しかし、言いにくいことを正直に言ってくれる人は、なかなか居ません。

 

上司にダメ出しをされたということは、少なくとも上司はそう感じたということ。

他人の客観的な意見をいったん受け止めて、

何が悪かったのか・どのように改善していけば良いかを考えてみましょう。

全てがダメなわけではないと信じる。

ダメ出しをされると、どうしても全否定されている気がしてしまいますが、

指摘されなかった部分は合格点だったと捉えましょう。

 

他の部分は全て合格点として、ダメ出しをされた部分を改善していきます。

100点になった時の自分を想像することで、

ダメ出しをされた部分を改善したいという欲求も湧いてくるはず。

 

ダメ出しされたことを利用して、

自分にとって都合の良いように考え、自分の成長につなげていきましょう。

成長するチャンスだと捉える

あなたは、ダメ出しをされた時はどんなことを考えますか?

人にダメ出しをされると、言い訳を考えてしまうこともありますよね。

黙って相手の言うことを聴いているのも、なかなかつらいものです。

 

しかし、改善することが出来れば、大きな成長を遂げることになり、

上司から褒められたり、仕事で良い成績を出すことも期待出来ます。

ダメ出しをされた時は、

その経緯や理由よりも「改善したときの自分の姿」をイメージしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【成長の糧に!仕事のダメ出しをプラスに捉える3つの考え方とは】をご紹介しました。

ダメ出しとは、粗探しのようなものです。

上司から見ると「あなたはもっとデキるはずだ」という期待が込められているかもしれません。

 

自分の成長のチャンスを自分で潰さないためにも、

「ダメ出し」をされた時は、出来るだけ自分の都合の良いように考えることが重要です。

ぜひ参考にしてくださいね。


この記事の評価・感想をお聞かせください。

仕事カテゴリの最新記事