きまずくならない!飲み会の誘いを上手に断る3つのポイント

きまずくならない!飲み会の誘いを上手に断る3つのポイント

会社の飲み会のイメージ

会社の飲み会に行きたくない時に
上手に断るポイントとは

 

あなたは会社の人に飲み会に誘われる事はありますか?

サラリーマンをしていると、どうしても飲み会に誘われる機会ってありますよね。

でも誘いを受けられない時や、行きたくない時ってありませんか?

そんな時に上手に断る方法があります。

 

この記事では「飲み会の誘いを上手に断る3つのポイント」をご紹介します。

アフター5でストレス発散!新社会人にもおすすめの楽しみ方10

 

 

誠実な対応

飲み会のお誘いを上手に断るために大事なことは、

「誠実な対応をすること」

 

誠実な断り方をすることで、

誘ってくれた方にも嫌な思いをさせることなく上手に断れます。

 

では、断る時はどんな事に気を付けると良いでしょうか。

次に具体的な断り方をご紹介します。

上手に断るために気を付けたい3つのポイント

もし、あなたが女性をデートに誘った時

女性が嫌な顔をしたらどう思いますか?

嫌な顔をされると、誘った方だって傷つきますよね。

 

ここでは「上手に断るために気を付けたい3つのポイント」をご紹介します。

① 誘ってくれた事を感謝する

上手に断るためには

まず誘ってもらった事を喜ぶことです。

 

飲み会の誘いを断るつもりでも、

まずは

「誘ってくれてありがとうございます」

と感謝の意を伝えましょう。

② 行けない理由をきちんと伝える

誘ってもらったことに対して感謝を伝えた上で、

「実は」と行けない旨を伝えて、理由を述べましょう。

理由は相手が納得しくれる理由でなければなりません。

 

もしあなたが友達を飲みに誘った時、

「なんとなく」とか「用事があって」のようなあいまいな理由で断られたら

どう思いますか?

 

その後の人間関係に悪い影響を出さないためにも

なぜ行けないのかを明確に伝えましょう。


※ 言いにくい理由がある場合

基本的には用事がある旨を伝えるだけで済みますが、

誘われた人との関係によってはそれだけで済まない場合もありますよね。

例えば

  • 前日に体調不良を理由に仕事を休んだが、実は友達と夜まで遊んでいて二日酔い
  • アイドルグループの握手会に行く予定がある
  • 婚活中で人と会う約束がある
  • 会社に内緒で副業をしていて、今日中に終わらせたい作業がある
  • どうしても見たいテレビ番組がある
  • 会社に内緒で転職活動をしていて、面接の予定がある

など、理由を知られたくない場合もありますよね。

 

でも正直に伝える必要はありません。

例えば、

人と会う約束があるケースでは「友人と会う約束がある」

家で個人的な用事があるなら「業者に家の水漏れを見てもらう予定がある」、

「荷物の受け取りがある」(洗濯機や自転車、収納などの大型商品に限る)

などと言い換える事が出来ます。


必殺の”仮病”

瞬時に”ウソ”をつけないという人もいますよね。

そんな時は、必殺の”仮病”を使う方法があります。

 

「体調が悪い」という旨を伝えれば、

誘う方としても無理に連れて行きたいとは思いません。

体調が悪い理由としては

「風邪をひいたせいか、下痢気味でトイレから離れられない」、

「昨日の夜にゲームをやりすぎてほとんど寝てない」

などと言って、

笑いにするくらいの勢いで堂々と話すことが出来れば上級者です(笑)

③ 断った後の一言が大事

断ったまま会話を終えてはいけません。

「また誘ってください」という言葉を最後につけましょう。

 

「今回は行けなくて残念ですが、次回は行かせてください」という気持ちを伝えることで、

誘ってくれた方は嫌な気持ちにならずに引いてくれます。

 

円滑な人間関係を築くためにも

断りっぱなしにしないようにしましょう。

毎回断るのはNG

お酒が苦手だったりタバコのニオイが苦手な人は

つい断ってしまいたくなる気持ちもわかりますが、

会社の飲み会となると、行きたくないと思っている人は

きっとあなただけではありません。

 

誘っている方にも、何か伝えたい事や聞きたい事があるのかもしれません。

 

人が集まる場所には、新しい出会いや

自分の知らなかった事を知るチャンスがあります。

誘われた時点では気が進まないことでも、

行ってみたら世界が広がるという事も大いにあります。

 

飲み会に誘われても無理をしてまで行く必要はありませんが、

断ることが、あなたにとって本当に良いことなのかを考えることも必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「飲み会の誘いを上手に断る3つのポイント」をご紹介しました。

飲み会のお誘いは、断り方に気を付けさえすれば

無理をして行く必要はありません。

行きたくない時は上手に断って、自分の時間を大事にしてくださいね。

今年も待ち遠しい2018年夏のボーナス!サラリーマンの平均額と使い道

  • 断るときも誠実な対応で気まずくならない
  • まずは感謝を伝えて、正当な理由を述べ、また誘われる一言を
  • 毎回断るのはNG!早めに帰る方が好印象

仕事カテゴリの最新記事