テレワーク時のデータ通信量の目安は?1日の平均使用量を公開

テレワーク時のデータ通信量の目安

テレワークを導入するためには、インターネットに接続できる環境が必須です。

そこで候補となるのが、WiFiモバイルルーター。

でも、テレワークにも耐えられるかどうかは気になるところだと思います。

そこでこの記事では「テレワークで使うデータ通信量の目安」をご紹介。

僕は2台のモバイルルーターを使ってテレワークで働いているので、実際に記録されたデータ使用量の結果も公開しますね。

スポンサーリンク




テレワークで使うデータ通信量は多い?

会社にあるパソコンにリモート接続して作業する場合、

発生するデータ通信はリモート先になるので
モバイルルーターのデータ通信量は抑えられます。

逆に、リモート接続せずに全て自分のパソコン上で作業する場合は
発生するデータ通信は全てモバイルルーターの負担となるので、

使い方によってはデータ通信料が多くなります。

テレワークで使ったデータ通信量を公開

WiMAX 1日に使ったデータ通信量の平均

上の写真の通り、WiMAXの管理ページには実際に使用したデータ通信量が記録されます。

2/23日は使用していないので数値も少ないですが、他の3日間はどれも2GB前後を記録しています。

ちなみに、スマホからのデータ通信は含まれていません。

日によっては1日3GBを超えることもある

仕事中は、連絡用にチャットを使ったり
インターネットで必要な情報を検索するなど、

常にインターネットに接続した状態になります。

 

インターネット環境が必要な作業がどれくらいあるかによって
使用するデータ通信量は異なりますが、

Zoomなどを使ってオンラインで会議をしたり
ファイルをインターネット上からダウンロードしたりすると

データ通信量はぐんっと伸びます。

仕事以外でも使うなら一日3GBは必要

2月26日22時までのデータ通信量

データ通信量は、テレワークよりスマホで動画を見たりゲームをする方が使います。

上の写真は、プライベート用で使っているポケットWiFiの2/26 22:00時点のデータ通信量。

WiMAXは3日で10GBを超えると通信制限されますが、こっちは月間100GBまで使えるので保険にもなります。

スマホで動画を見たりゲームをダウンロードすることが多いので、既に80GB近くまで使っています。

テレワークでは月間100GBまで使えるポケットWiFiがおすすめ

WiFiモバイルルーターの一番のデメリットは、通信制限があることです。

SoftBank端末のモバイルルーターは1日2GBの上限。

WiMAXの場合でも、3日で10GBの上限があります。

速度制限されると全く仕事にならないため、テレワークにモバイルルーターを使うなら、月間100GBまで使えるポケットWiFiを使いましょう。

↓の記事で8社のポケットWiFiを比較していますので、続きはこちらを参考にしてくださいね。

ポケットWiFi・モバイルルーターおすすめ8社の比較表!損をしない選び方も
ポケットWiFiやモバイルルーターと呼ばれる携帯型のWiFiルーターは、 名前もサービス内容も複雑で比較するポイントも多いですよね。 そこでこの記事では、10年以上前からWiFiモバイルルーターを愛用してきた経験をもとに、 ...

 

コメント