空き缶でご飯を炊く方法!キャンプが楽しめて災害時の練習にも〇

空き缶でご飯を炊く方法!キャンプが楽しめて災害時の練習にも〇

空き缶でご飯を炊く方法

空き缶でご飯を炊けるって知っていますか?

アウトドアが趣味の人でも、空き缶を使って炊く人は少ないのではないでしょうか。

実は私、空き缶でご飯を炊いて食べるのにハマっているんです。

 

外で食べると言っても、場所はキャンプ場。

家族みんなでキャンプ場に空き缶を持って行って、ご飯を食べに行きます(笑)

そこで今回は「空き缶でご飯を炊く方法」をご紹介。

災害時や非常時などの調理器具が無い時にも役立つので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 




空き缶でご飯を炊く方法

空き缶でご飯を炊く キャンプ

準備するもの

空き缶でご飯を炊く時に準備するものは以下の6つ。

  1. 米1号
  2. 水180~200ml
  3. 350mlの空き缶一つ
  4. 缶切り
  5. アルミホイル
  6. 火(ある程度の時間、強火が出せるなら何でも構いません)

どれも家庭にあるものばかりですよね。

災害時でもアウトドアでも、まず火の確保が出来るかが重要です。

手順

①アルミ缶の上部(飲み口のある方)を缶切りで切り取ります。手を切らないように注意してくださいね。

②切り終わったら、切り口の「バリ」を軽くたたいて手を傷つけないようにしておきましょう。

③缶を軽く洗い、金属片を取り除いておきます。

④お米を軽くといで、缶に入れます。

⑤缶の中に水を入れます。

⑥アルミホイルですき間が無いようにぴっちり蓋をします。(沸騰してきたら蓋が持ち上がってくるので注意しましょう)

⑦最低でも30分くらいは吸水させましょう。長いほど良いです。給水がしっかりしていないと芯が残ります。

⑧アルミ缶を強火にかけます。

⑨沸騰して、吹きこぼれてきたら、弱火にします。蓋はきっちり閉じておきましょう。

⑩チリチリという音や、お米の炊けるおいしい香りがしてきます。待ちすぎると焦げますので、目を離さないようにしましょう。

⑪炊きあがったら、缶を逆さまにして10分ほど蒸らして完成です。

空き缶でご飯を炊く 完成

お皿に移して、おこげの香りを満喫しながら食べてもOKです。

そのまま持って食べても良いのが空き缶ご飯の良いところ。

寒い時期は持っているだけでも温まります。

 

せっかくですから、この技を使って、お外へ出かけてみませんか?

私はこれを「外食」(がいしょく)とか「お外ごはん」と名付けています。

 

家にあるおかずを持って、近くのキャンプ場へドライブし、焚火をして良い場所だけをお借りしています。

それなら、使用料は数百円で済みます。

外で食べたらおいしいですし、気分転換におすすめです。

お外ごはんでリフレッシュした話

お外ごはんでリフレッシュ

つい先日も、空き缶を持ってキャンプ場に行ってきました。

私は外でご飯を楽しむのが好きなので、空き缶と材料を持ってキャンプ場へ出かけるのが好きです。

 

あえてキャンプ場に持って行くのには理由があります。

その理由はズバリ!

  • 火の始末がしやすい環境が整っている
  • 燃えるものをその場で集められる(枝や松ぼっくりなど)
  • 管理人さんや常連と顔見知りになれる

食材をあらかじめ下準備をして、温めるだけ・焼くだけにしておきましょう。

お米をといで水と一緒に空き缶に入れ、アルミ箔で蓋をした状態でこぼれないようにしておきます。

 

この日はお肉があったので、マジックソルトで下味を。

卵は半熟にゆでて、だし汁と一緒にタッパーへ。

好きな飲み物ももちろん持って行きます。

 

強火を起こして、お米が入った缶を火にかけ、お湯も沸かします。

缶が沸騰してきましたよ。うまくできるかそわそわします。

吹きこぼれてきたところで、弱火の位置に移します。

お湯が沸いたところで一息ついて、はやる気持ちをおさえましょう。

 

火が中火から熾火(おきび)にかわってきたら、スキレットを置いてお肉を焼きます。

半熟たまごもいい感じに、味が染みていました。

おそるおそるアルミ箔を開けるとご飯のいい香り!バッチリ炊けています。やったー!

 

お腹が満たされて、通り過ぎてゆく風や時間を感じます。

管理人さんが「近くで採れたから良かったら食べて」と、柿の差し入れをくれました。

キャンプ場の管理人さんがくれた柿

焼け残りの炭以外は全て、ごみも道具も全て持ち帰ります。

私は次に思い立った時にまたすぐ行けるように、きれいに整理しておきます。

空き缶はきれいに洗えばまた使えます。

まとめ

空き缶でご飯を炊く方法、どうでしたか。

「お米・水の分量、吸水時間、火加減、しっかり蓋」この感覚がつかめれば、ガスでも焚火でも、基本は変わりません。

お金をかけなくても楽しめることって、けっこうありますよね。

非常用の持ち出し袋には、空き缶とお米も入れておきましょう。