接客業で客を怒らせる人の特徴!イラっとさせるセリフとは

接客業で客を怒らせる人の特徴!イラっとさせるセリフとは

接客業で客を怒らせる人の特徴!イラっとさせるセリフとは

買い物をしている最中に、店員の態度が気になったり

言い方にイラッとすることってありませんか?

思わずイラっとするような店員に出くわす事は、稀にありますよね。

 

仕事でお客様と接する機会がある場合、

お客様を怒らせてしまう恐れは、あなたにもあるのではないでしょうか。

 

そこで!

接客業でお客様を怒らせる人には、どんな特徴があるのか知りたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むメリット

接客業でお客様を怒らせる人の特徴を知ることで、

仕事でお客様と接する時はもちろん、

普段の買い物で、気持ちが良い接客をしてくれる店員を見極めたいという人にも役立ちます。

この記事では【接客業で客を怒らせる人の特徴!イラっとさせるセリフとは】をご紹介します。

 

接客業で客を怒らせる人の特徴

接客業で客を怒らせる人の特徴

めんどくさそうな態度

お客様が目の前で見ているにも関わらず、

面倒くさそうに仕事をする店員っていませんか?

忙しい時に話しかけられるのが嫌なせいか、

そういう店員に限って対応も雑だったりします。

 

人の気持ちは、相手に伝わるもの。

雑な対応でその場をやり過ごそうとすれば、

お客様が怒るのも無理はありません。

人と接するときは、ネガティブな感情を表に出さないようにしましょう。

話を理解できていない

お客様が言っていることを理解できない、

理解しようともせず、その場をやり過ごそうとする店員っていませんか?

 

聞かれたことに答えられないのは仕方がないことですが、

わかっていないのにテキトーに答えたり、

「たぶん~です」と言って曖昧な対応をするのはNG。

聞かれたことにハッキリと答えられない時は、きちんと調べてから答えましょう。

自分は悪くないと思っている

クレーム対応をする店員によく見られるのが、

自分は悪くないと思っている人。

他人に責任転嫁し、自分を正当化しようとします。

 

誰でも自分の非は認めたくはないものですが、

言い訳をすれば事態が悪化することもあります。

 

責任転嫁する方法を考えるより、

お客様にとって最も良い方法は何かを考えましょう。

イラっとさせるセリフ

ですから

「だから」と同じ意味で使われる「ですから」

何度も言われてイラっとした経験は、

あなたにもあるのではないでしょうか。

 

「ですから」という言葉には、

「だから、それはさっきも言ったでしょ」という真意が隠されています。

同じことを言うのは、納得していない証拠。

相手が理解できていない部分が無いように、丁寧に話しましょう。

先ほども申し上げましたが

相手を小ばかにしているように聞こえるセリフの一つ。

言葉は丁寧でも、相手には「聞いていなかったのか」と

言っているように聞こえてしまいます。

 

伝えたいことがうまく相手に伝わらないのは、あなたにも原因があるはず。

言い換えるなら「うまく伝えられずに申し訳ありませんが」となりますが、

一つ一つ丁寧に対応すれば、誠意は伝わるはずです。

新人なもので

経験が浅い新人が言いがちなセリフ。

ミスをした後の言い訳として使うと、お客様を怒らせることになります。

仕事場では、新人もベテランも関係ありません。

 

プロとして働いている以上、

常にプロとして見られているという自覚も持ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【接客業で客を怒らせる人の特徴!イラっとさせるセリフとは】をご紹介しました。

相手を思いやる気持ちが感じられない接客は、

旗から見ている人にとっても気持ちの良いものではありません。

せっかくの買い物を台無しにしないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

職場カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!