昼休みは外出する?職場で過ごす?シーンに合わせた選び方

昼休みは外出する?職場で過ごす?シーンに合わせた選び方

昼休みは外出する?職場で過ごす?シーンに合わせた選び方

あなたは、昼休みはいつもどこで過ごしていますか?

昼休みの時間は唯一の自分の時間とも言えますよね。

仕事が内勤でいつも社内で過ごしている人でも、

外出すると気分が変わります。

 

昼休みを社内で過ごすか外で過ごすかは、

同僚との関係や自分のストレスの状態に合わせて選ぶのがおすすめです。

 

そこで!

「昼休みに外出した方が良いケース」と、

「職場で過ごした方が良いケース」とは、

具体的にどんなシーンがあるのか気になりませんか?

 

この記事を最後まで読むことで・・・

昼休みに外出するべきか職場で過ごした方が良いかどうか

気になる人はもちろん、

職場の同僚や自分のストレスと

うまく付き合っていく方法を知ることが出来ます。

この記事では【昼休みは外で過ごす?職場で過ごす?シーンに合わせた選び方】をご紹介します。

 

昼休みに外出した方が良いケース

昼休みに外出した方が良いケース

昼休みの過ごし方は人によって違いますが、大きく分けると

「外出するか」「社内で過ごすか」に別れます。

そこでまずは、昼休みに外出した方が良いケースについてご紹介します。

 

仕事が内勤の場合は、閉鎖された空間の中で一日を過ごすことになります。

この空間には自分の他にも様々な人が働いていますが、

自分の苦手だと思う人や、上司に怒られている人もいますよね。

 

同じ空間にいるという事は、

一緒にいるのが嫌だと思う人とも接する機会があるため、

どうしてもストレスが溜まりやすくなります。

 

そんな状況で気分転換をするためには、「昼休みの外出」は欠かせません。

朝から夜までずっと職場にいるより、

外に出て気分転換をすることで午後の仕事のやる気も変わってきます。

 

仕事が行き詰っている時でも、

一度脳を休めることで新しい発見があるかもしれません。

 

いったん外の空気を吸い、頭の中をリフレッシュして気分転換をしましょう。

チームで作業している場合でも

コミュニケーションの一環として、外食してみるのも良いかもしれません。

昼休みでも職場で過ごした方が良いケース

昼休みでも職場にいた方が良いケース

次に、職場にいた方が良いケースについてご紹介します。

昼休みでも職場で過ごした方が良いかどうかを決める要素には、大きく分けて2つあります。

1つ目は「急ぎの仕事が入っている場合」

 

緊急で片づけなければいけない仕事がある時でも、昼休みはあるもの。

個人差はありますが、プレッシャーやストレスに感じている場合は

職場で過ごした方が良い方向に進むこともあります。

 

例えば、ランチの時間帯で職場の同僚がいなくなることで、

仕事をしている時間帯とは違う雰囲気になる事ってありませんか?

職場の雰囲気はその場にいる人によっても、変わりますよね。

 

雰囲気が変わると、落ち着いて考え事をすることが出来たり、

新しい発見が出来たりすることもあります。

急ぎの仕事がある時は、あえて同僚がいなくなる時間を

過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

2つ目が「苦手な人が外出する場合」

あなたには、職場に苦手な人はいますか?

苦手な人が身近にいると、出来るだけ距離を置きたいと思いますよね。

それは昼休みでも同じではないでしょうか。

 

苦手な人が昼休みに外出するなら、昼休みは職場で過ごした方が

ストレスを感じないこともあります。

 

僕も昔、職場に苦手な人がいた時期がありましたが、

その人が昼食を採るために外出している時は自分は職場で過ごし、

戻ってくる時間に合わせて外出していた時期があります。

 

苦手だと思っているのは相手も同じかもしれません。

お互いが自分の時間を自由に過ごすことで、

ストレスとうまく付き合える効果もあるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【昼休みは外出する?職場で過ごす?シーンに合わせた選び方】をご紹介しました。

昼休みは貴重な息抜きの時間でもあります。

昼休みの時間をうまく活用するためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

職場カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!