容量制限なし「ギガWi-Fi」の料金とメリットデメリット!U2sのレビューも

容量制限なし「ギガWi-Fi」レビュー

スマホやWi-Fiルーターのデータ通信は、容量制限が無い方が快適に使えますよね。

アプリやゲームをダウンロードしたり動画を見ていると、容量なんてあっという間に使い切ってしまいます。

そこでおすすめなWi-Fiルーターが【ギガWi-Fi】

他社のほとんどが3日で10GBとか1か月で100GBといった制限がある中、「ギガWi-Fi」は正真正銘の使い放題です。

そこで、実際に契約して使って感じたメリットデメリットをご紹介。

通信速度や端末のレビューもお伝えしますので、容量を気にせず使えるWi-Fiルーターを探しているなら、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ギガWi-Fi公式サイトはコチラ↓

 

ギガWi-Fiのメリット

ギガWi-Fiのメリット

ギガWi-Fiのメリットは「容量無制限で使い放題」というのが一番ですが、他にもいくつかあります。

端末を受け取ってから8日以内なら契約をキャンセルできる

「ギガWi-Fi」では、初期契約解除制度というものがあり、端末が届いてから8日以内にキャンセルの連絡をすれば、契約を無かったことにできます。

僕が「ギガWi-Fi」にしたのもこれが決め手となりました。

使ってみて速度が遅かったりしたら損するだけですからね。

キャンセルした場合の端末返送代金は負担する必要がありますが、接続状況や使用感を確認できるので安心です。

国内大手3キャリアの電波に自動的に接続

ギガWi-Fiのモバイルルーター端末は、クラウドSIMを使用しているので電波が届きにくいというのもメリットの一つ。

地方に行くとキャリアによっては弱いとかありますから、広範囲に使える方が安心ですよね。

出張や旅行が多い方にも良いんじゃないでしょうか。

海外でも使える

ギガWi-Fiなら、特に設定を変えたりしなくてもそのまま使えます。

海外で使った日のみ料金が発生する仕組みになっていて、国内で使っているだけなら料金が発生することはありません。

海外で人気スポットを確認したり、翻訳アプリを使う際もモバイルルーターがあれば安心です。

使いたいモバイルルーター端末を選べる

見た目もシンプルで使いやすいのが特徴の「U2s」と、

GoogleMapとトリップアドバイザー、22言語対応の翻訳機能、モバイルバッテリー機能まで搭載された端末「G4」のどちらかを選べます。

月額料金は「U2s」と「G4」で異なりますが、どちらも2019年に発売されたばかりの最新機種です。

業界最安級!クラウド型ポケットWi-Fi【ギガWi-Fi】

ギガWi-Fiのデメリット

ギガWi-Fiのデメリット

2年契約の縛りがあるのが最大のデメリット

これさえ無ければ最高なのに、残念ながら「ギガWi-Fi」には2年契約の縛りがあり、更新月以外の解約は以下の違約金が発生します。

初月~24ヶ月:18,000円(税別)
26ヶ月目以降:9,500円(税別)
更新月:0円

使い放題で他社と比べても月額料金が安いことを考えると、それでも使うメリットの方が大きいですが、更新月は前もって確認しておきましょう。

更新月の確認は、契約時に登録する専用サイトのマイページから確認できます。

ギガWi-Fiの料金プラン

ギガWi-Fiの料金プラン

ギガWi-Fiの月額料金は使用する端末によって異なりますが、月額料金以外は同じです。

2年契約の縛りがある点には注意ですが、年間費用を見ると他社と比較しても安いはずです。

最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウド型ポケットWi-Fi【ギガWi-Fi】

「U2s」と「G4」を比較すると、年間で3,036円の違いが出ます。

※税込み表記です

U2s G4
月額料金 3,575円 3,828円
端末代金 0円(レンタル)
契約事務手数料 3,300円
解約事務手数料 初月~24ヶ月:19,800円
26ヶ月目以降:10,450円
更新月:0円
端末保証料金(任意) 月額440円
故障時支払金 保証サービス加入時:2,762円

未加入時:19,800円

契約期間縛り 2年ごとに自動更新
年間費用 保証サービス加入:51,480円

未加入:46,200円

保証サービス加入:54,516円

未加入:49,236円

海外利用時 1日500MBで900円、または1GBで1,200円

申し込みしてから使えるまでの日にちの目安

僕が申し込みをしたのは5月9日の夜でした。

次の日の10日に「13日に発送します」との連絡がありました。

到着したのは次の日の14日でしたので、遅くても1週間以内には使えるでしょう。

端末が届いたら、充電して電源を入れればスグに使えます。

ギガWi-Fi「U2s」レビュー

ギガWi-Fi 納品直後

僕が契約した端末は「U2s」

納品時はプチプチにくるまれた状態で、本体のほかに、契約書も同梱されていました。

運送会社は佐川急便。

モバイルルーター端末「U2s」レビュー

箱を開けると、本体のほかに、充電ケーブルとマニュアルが同梱されています。

端末と充電ケーブルは解約時に返却する必要があります。

充電ケーブルは他のものと見分けがつかなくなると思うので、僕は端末のみ使用します。

U2s ストラップの穴

さっそく、携帯用ストラップをつけてみました。

穴は大きめです。

U2s 電源ボタン

「U2s」に付いているボタンは電源ボタンのみで、左側にあります。

電源オンは、3秒間長押し。

電源オフは、5秒間長押しです。

U2s 充電ケーブル差込口

「U2s」の充電ケーブル差込口は下にあります。

ギガWi-Fi「U2s」の速度は?

平均で4Mbpsあれば、動画もサクサク見れます。

調子の良い時で20Mbpsありました。

  1回目 2回目 3回目
ダウンロード 3.96Mbps 6.09Mbps 6.90Mbps
アップロード 1.66Mbps 1.25Mbps 1.31Mbps

「U2s」のバッテリーの持ちは良い?

説明書を見ると12時間ほど使えるとの記載がありますが、実際どうなのか。

フル充電の状態から使用して、何時間持つのか試してみました。

使用開始したのは、朝の8時34分から。

U2s バッテリーの持ち

12時51分に確認してみたら、残量が4段階中3になっていました。

3時間で1つずつ消えていけば4回で12時間になるので、今のところ記載通りということですね。

U2s バッテリー残量

16時30分ぴったりにもう一度確認してみると、バッテリー容量は変わっていませんでした。

「意外に長持ちするかもしれない」という期待が膨らみます。

U2s バッテリー残量4分の2

と思った矢先に、1つ減りました(笑)

それでも、使用開始から8時間経過しても半分残っているということになります。

U2s バッテリー残量4分の1

18時~21時半まではスマホもパソコンも使いませんでしたが、4分の1に減っていました。

朝の9時前から使用して、既に12時間経過してもまだ使えると考えれば普段でも困ることはなさそうですね。

 

23時06分に、早い点滅をするようになりました。

点滅したということは、そろそろバッテリー切れなのかも・・・。

最終的にバッテリーが完全に切れたのは24:56分でした。

8時34分から使用したので、16時間も使ったという結果になりました。優秀です。

「U2s」はバッテリー残量が正確にわからない

U2s 常時

「U2s」の端末は、○○%といった正確なバッテリー残量がわかりません。

上の写真は電源ボタンを押す前の状態。

U2s 電源ボタン押した直後

電源ボタンを押すと、電池残量を表すLEDライトが点灯します。

上の写真はフル充電直後の状態。

U2s 電源ボタン押して5秒後

5秒ほど経つと、今度は電波の強度を表すLEDライトが点灯します。

上の写真では、4段階中2の状態を表しています。

さらに5秒経過すると、最初の状態に戻ります。

 

バッテリー残量は何度も確認することは無いと思いますが、いざ使おうと思った時にバッテリーが無い!なんてことが無いようにしたいですね。

容量を気にせず使えるWi-Fiルーターは「ギガWi-Fi」のみ!

「ギガWi-Fi」を使うようになったきっかけは、通信容量をオーバーする頻度が増えて仕事に支障が出たから。

以前は民泊向けのWi-Fiとして提供している「SPACE Wi-Fi」を使っていたのですが、1日3ギガの容量制限を超えると速度制限に陥り、128kbpsしか速度が出ないのでインターネットの表示すらまともに出来ません。

さらに、2020年5月19日より容量制限が1日2ギガに変更され、ますます使い勝手が悪くなってしまいました。

 

データ容量を気にせず使えるWi-Fiルーターは、2020年5月13日に僕が探した限りでは「ギガWi-Fi」しかありません。

容量無制限なので、速度が制限されることも当然ありません。

速度制限でデータ通信ができないなんて、かなりのストレスです。

在庫切れになる可能性もありますから、お早めにどうぞ。


容量制限より契約期間の縛りが無いWi-Fiルーターを選ぶなら「SPACE Wi-Fi」がおすすめ

1日で2ギガ程度の利用で十分という場合は、契約期間の縛りが無い方が良いですよね。

「SPACE Wi-Fi」なら契約時も解約時も事務手数料がかからず、月額料金のみで利用できるので、料金の面では大満足でした。

容量よりも料金を重視するなら「SPACE Wi-Fi」がおすすめです。

「SPACE Wi-Fi」公式ホームページはコチラ↓

「ギガWi-Fi」と「SPACE Wi-Fi」の比較表

年間費用で比較すると、ギガWi-Fiの方が安いです。

※税込み表記です

ギガWi-Fi SPACE Wi-Fi
月額料金 U2s 3,575円

G4 3,828円

4,048円
端末代金 0円(レンタル) 0円(レンタル)
契約事務手数料 3,300円 0円
解約事務手数料 初月~24ヶ月:19,800円
26ヶ月目以降:10,450円
更新月:0円
0円
端末保証料金(任意) 月額440円 月額550円
故障時支払金 保証サービス加入時:2,762円

未加入時:19,800円

保証サービス加入時:10,000円

未加入時:40,000円

契約期間縛り 2年ごとに自動更新 なし
年間費用 保証サービス加入:51,480円

未加入:46,200円

保証サービス加入:55,176円

未加入:48,576円

端末機種 U2s

G4

Speed Wi-Fi NEXT W05

Pocket WiFi 801ZT

データ制限 なし WiMAX端末:3日10GBで6時間制限

SoftBank端末:1日2GBで当日制限

制限時の速度 128kbps
海外利用 (利用した場合のみ料金発生)

契約時に選択(1日500MBで900円、または1GBで1,200円)

×

 

コメント