まずはやる気が大事?教育係必見!仕事がデキる後輩に育てる3ステップ

まずはやる気が大事?教育係必見!仕事がデキる後輩に育てる3ステップ

教育係必見 仕事がデキる後輩に育てる3ステップ

あなたは、教育係として後輩に仕事を教えたことはありますか?

教えるのが初めてのとき何からどう教えれば良いのか、迷いますよね。

いつまで経っても成長しないと、教育係としても大きなストレスを抱えることになります。

 

そこで!

仕事がデキる後輩に育てる方法があったら知りたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むことで、

何から教えるべきか、どんなことに気を付けるべきかを理解することが出来、

教育係として新人の教育を任せられたときも慌てなくて済みます。

 

新人が戦力として早く活躍してもらうためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事では【まずはやる気が大事?教育係必見!仕事がデキる後輩に育てる3ステップ】をご紹介します。

仕事を教える前の3ステップ

実際に作業に取りかかる前に、覚えておきたいのが「仕事の役割」です。

作業は馴れれば誰でもある程度出来るようになりますが、

役割について理解しているかどうかは作業をしても変わりません。

 

「仕事の役割なんて教えなくてもわかるだろう」と思っていると

後で大きな勘違いをしていることに気付くこともあります。

入社して何年も経っているのに、曖昧なままにしている人は珍しくありません。

 

いつまでも理解せずに仕事をしていると

責任感が足りない仕事に取り組むことになり、

重大なミスに繋がる原因にもなります。

 

仕事をしていれば自然に覚えていくこともありますが、

最初にきちんと伝えることで、

みんなと同じ目的を共有しながら仕事に取りかかることが出来ます。

ステップ1)会社全体の流れ・各部署の役割

入社したばかりの頃は仕事の内容はイメージできても、

全体の流れについては詳しく理解していないのがほとんどです。

会社の研修で形式的な説明は受けていても、

イメージしていたものと違うことはしばしばあります。

 

仕事内容がイメージしていたものより地味な仕事かもしれませんし、

「そんなことまでやらなきゃいけないの?」と思うような仕事もあるかもしれません。

 

会社全体の流れを理解して、自分のチームが重要な役割を担っていることが理解できれば、

「確かに重要な仕事だ」と理解も深まり、

もっと効率化できる可能性に気付くこともあります。

ステップ2)チームの役割・目指すべき目標

会社の全体の流れや各部署の役割が理解できたら、

配属された部署やチームの役割や、目標について説明します。

 

自分の仕事が全体にとってどのくらい重要か、

目標を理解していないと計画をうまく立てることが出来ず、責任を感じることもありません。

 

自分の部署やチームが「全体のどの部分を担っているのか」

「チームが目指すべき結果は何なのか」をきちんと説明することで、

自分の仕事に責任感を持つことが出来るようになります。

ステップ3)最低限達成するべき目標

チームの役割・目指すべき目標を理解できたら、

次は「最低限達成するべき目標」について説明します。

 

実際の作業については慣れていくうちに自然に覚えていくことが出来ますが、

仕事を覚えたからといって、目標を達成出来るかどうかはわかりません。

 

チームとしての目標を達成するためには、各個人がそれぞれの目標を達成する必要があります。

期待する目標とは別に、最低限達成するべき目標を設定することで、

自分がやらなければいけないことを明確にイメージすることが出来ます。

 

たった一度の説明で理解するのは難しいと感じる人もいるかもしれませんが、

仕事の説明をする度に繰り返し説明することで

仕事に取りかかる時にいつも考える癖が身に付き、

目標達成も難なく出来るようになります。

仕事の進め方を覚える3ステップ

仕事の流れや目標について理解することが出来たら

ようやく仕事に取りかかってもらいますが、

教育係にとっては、どんな仕事から任せればいいのか迷う部分はありますよね。

 

教育係のあなたが考えたプランに対して、

新人は裏で「雑用ばかりやらされてやりがいが感じられない」と嘆いているかもしれません。

もし数年もしないうちに辞めてしまうと、あなたが教育に費やした時間も水の泡です。

 

そうならないためにも、仕事を進める手順はイメージしておきたいところです。

作業についての細かい内容よりも大事なことなので、しっかり覚えてくださいね。

ここでは「仕事の進め方を覚える3ステップ」をご紹介します。

ステップ1)成功体験でやる気をアップ

あなたの教育しようとしている新人には、意欲が感じられますか?

挨拶や返事が良くても、仕事に対する意欲が無ければ成長スピードも遅くなります。

意欲をアップするためには「自信」を持ってもらうのが一番。

自分でも出来るということを身をもって知ることで自信になり、

次のやる気にも繋がります。

 

自信を付けて意欲を出してもらうためには成功体験が必要です。

この「成功体験」を確実に得るためには、

簡単な仕事を任せるのがおすすめ。

 

失敗せずに確実に出来ると思う仕事でも、

実際に成功させるまでは多少の不安が出ます。

 

教育係としても、相手のレベルを図ることが出来るので一石二鳥。

1か月程度は簡単な仕事を任せて、その間に職場にも慣れてもらいます。

仕事にも職場にも慣れてきたら、次のステップに移ります。

ステップ2)失敗も経験させる

ある程度仕事に馴れてきたら、次は難易度の高い仕事をさせてみます。

今まで任せられていた仕事はあまり考えなくても出来ていたかもしれませんが、

次もうまくいくとは限りません。

自分で考えてもらうことで、理解力を試すことも出来ます。

 

少し難しい仕事を任せてみることで自発的に考えるようになり、

こなすことが出来る仕事も徐々に増えていきます。

壁にぶち当たった時にどのような行動をとるのかを見ながら、成長を見守りましょう。

 

もし、失敗しても攻めてはいけません。

良かった所を見つけて誉めてあげれば、次の仕事のやる気アップに繋がります。

ある程度どんな仕事でもできることがわかったら、次のステップに移ります。

ステップ3)1から任せてみる

一通り仕事が出来るようになったら、次は新しい仕事も任せてみましょう。

あなたは仕事に対して口出ししないように意識しなければいけません。

自分だけの力で仕事を遂行できる力があるか試します。

 

仕事を1から担当してもらうことで、

全体の流れを感じながら仕事を覚えていくことが出来、どんな仕事もこなす力が身に付きます。

 

始めは相談することもあるかもしれませんが、一人で仕事を完遂できるか見てみましょう。

1から仕事を担当してもらうことで、苦手な部分や理解していなかった部分が浮き彫りになり、

弱点を克服するための対策を練ることも出来ます。

挫折を恐れない3ステップ

あなたは、仕事で行き詰った経験はありますか?

仕事がうまくいかないことが多かったり、いつまでも解決しない問題を引きずっていると、

大きなストレスを感じてしまいますよね。

 

そんな時に上司に責められたりすると、ストレスはさらに大きくなります。

ストレスが大きくなると働く意欲も下がり、悪循環に陥ってしまいます。

 

では、教育係として何か出来ることは無いのでしょうか。

ここでは、うまくいかない仕事があっても働く意欲を奪わな

「挫折を恐れない3ステップ」をご紹介します。

ステップ1)協力する意思を示す

あなたは、仕事で行き詰まった時はどうしますか?

自分で解決出来そうにない時や不安がある時は、先輩に相談することもありますよね。

後輩もきっとそんな壁にぶち当たる時が来ます。

 

自分で考えずに相談するのはあまりよくありませんが、

相談出来る人が一人も居ないとなると問題です。

職場で相談できる人が多ければ多いほど、安心感にもつながります。

 

新人が仕事に集中する環境を作るためにも、

まずは教育係のあなたが協力してあげようと思いませんか?

ステップ2)出来たら褒める

あなたは、人に褒められるとどんな気持ちになりますか?

人に褒められて嫌な気持ちになることはありませんよね。

仕事を終えたときに褒められると、また頑張ろうと思える人も多いはずです。

 

仕事を終えても誰にも褒められず次々に仕事を任せられるだけでは、

やる気も失っても不思議ではありません。

褒めることで、後輩とのコミュニケーションを円滑にするきっかけにもなるはず。

 

後輩のやる気を持続させるためにも、褒める習慣を身に付けてくださいね。

ステップ3)ミスをしたら一緒に悔しがる

あなたは、後輩がミスをした時に声をかけることはありますか?

どのように接するべきか悩んでいると、結局何も言えずに終わってしまう事もありますよね。

ミスをした時は責められる覚悟が出来ている人は多いと思いますが、

一緒に悔しがってくれる人はなかなかいませんよね。

 

ミスに対して注意不足を指摘するよりも、

まず先に「惜しかったなぁ」と一緒に悔しがることが出来れば、

指摘されたことも耳に入り、きちんと反省することが出来ます。

 

ミスを次に活かすためにも、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【まずはやる気が大事?教育係必見!仕事がデキる後輩に育てる3ステップ】をご紹介しました。

 

あなたの教育をしてくれた先輩は、どうでしたか?

なかなかここまでやってくれる先輩は少ないと思いますが、

これから活躍してもらうためにも、後輩は大事にしなければいけません。

 

教育係の仕事は簡単ではありませんが、

難しく考えすぎると余計に混乱してしまい、教えてもらう後輩も不安に感じてしまいます。

 

教育係として大事なポイントを押さえておくだけでも、

後輩は安心して仕事に集中することが出来ます。

この記事を参考に、ぜひ考えてみてくださいね。


この記事の評価・感想をお聞かせください。

仕事カテゴリの最新記事