一歩間違うとイジメ!人に流されない行動が救ったアパレル店員体験談

一歩間違うとイジメ!人に流されない行動が救ったアパレル店員体験談

アパレル店員として働いていた女性のお話です。

アパレル店員のイメージ

24歳の私は、春から新しくオープンする店のスタッフとして入社しました。

オープニングスタッフという事で、スタッフ全員が同時入社です。

みんな自分と同じ心境という安心からか、

スタッフの皆は和気あいあいとした雰囲気でした。

 

売れ行きは好調で、仕事中のスタッフ間の連携も取れていました。

 

半年くらい経った頃、

藤本さん(仮名)の態度が明らかにおかしいことに気付きました。

どうやら、気にくわない人がいると攻撃してしまうタイプのようです。

 

周りの人を巻き込み、味方につけてから特定の人を攻撃するのがいつものパターン。

一人では勇気が無いのかもしれません。

攻撃されている方に落ち度があったとしても、

複数で攻撃する必要は無いはず。見ているだけでも気分が悪かったです。

 

もし、自分が複数の人に攻撃されたとしたら、

いじめられていると感じても不思議ではありません。

 

この記事では、「周りを味方に付けて複数でイジメようとする同期に私が取った行動」をご紹介します。

ガンも怖いけどコレも怖い!職場でカップラーメンを食べるリスク

 

あからさまな態度の違いにイライラ

人によって態度をあからさまに変える人っていませんか?

藤本さんもまさにそのタイプでした。

愚痴が始まったかと思うと、他の同意を得て仲間を得ようとする行動も嫌でした。

人によってあまりにも態度が変わるので、見ているだけでもイライラしてしまいます。

 

藤本さんの大人げない態度は、スタッフ間の関係に亀裂が生じかねません。

そこで私は「悩んでいるだけでなく、どうにかしなくては!」と思い…

自分は流されないようにした

藤本さんは悪い所ばかりではありません。

仲間意識が強く世話好きな面もあり、仕事ではとても頼りになる人です。

 

問題は「愚痴が始まると厄介」という事だけ。

 

私は、特定の一人を居づらくするような事に自分が加担してはいけないと思い、

思っていない事には決して合わせないようにしました。

 

すると…

いつも迎合していたスタッフにも変化が…

私は藤本さんと一緒に仕事をすることが多く、

愚痴が始まる時もだいたい近くにいましたが、

いつも愚痴には乗らないようにしていました。

 

私が攻撃されるリスクもありましたが、

今思うと、藤本さんに試されていたのだと思います。

 

3ヶ月くらいそんな対応をしていると、

藤本さんに迎合して、一緒に攻撃していた別のスタッフに変化が見られました。

 

ある日、またいつものように藤本さんが私と佐藤さん(仮名)に愚痴を言い始めました…

藤本さん
〇〇さんが休憩の時間っていつもお客さんが増えるから、
もう少し時間ずらしてくれた方が良いと思わない?

うーん…、お客さんの混み具合って読めない部分もあるから、
少しずらしたくらいじゃそれほど効果は無いと思うけど…。

佐藤さん
それはそうかも。正直、藤本さんが休憩行ってる時の方が忙しい時ありますよ。
私が休憩の時間だってどうかわからないし、お互い様じゃないですか?

藤本さん
えっ!?そうなの?気を付けてるつもりだったけど、日によって違うんですかね…
確かに、お互い様なのかもしれません。

このように、会話の内容を挙げればキリがありませんが

他の人もきちんと自分の意見を言うようになりました。

 

そのおかげか、藤本さんが愚痴を言う事は徐々に無くなっていき、

私も仕事中にイライラすることが少なくなりました(笑)

 

それからは、スタッフ間の連携がさらに良くなり、

藤本さんは持ち前の仕事ぶりが認められて、店長として他の店に移りました。

きっと今も活躍されている事でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「周りを味方に付けて複数でイジメようとする人に私が取った行動」をご紹介しました。

 

主張の強い人がいると、圧倒されて自分もつい流されてしまう時ってありますよね。

でも、自分の行動がきっかけでいじめに発展してしまう事もあります。

自分が思ってもいないことに同意したせいで

会社に居づらくなってしまう人がいると考えると、私は絶対に嫌です。

 

私の場合は、人に流されないようにしたことが結果的に功を奏しました。

ぜひ参考にしてくださいね。

職場カテゴリの最新記事