海外で豪遊も…社員旅行がある会社に勤めるメリットデメリット

海外で豪遊も…社員旅行がある会社に勤めるメリットデメリット

社員旅行 メリットデメリット
あなたは、会社の社員旅行に参加したことはありますか?

会社のお金で旅行を楽しめるのは、魅力的ですよね。

中には行きたくないという人もいますが、必ずしも悪いことばかりではありません。

 

就職や転職の際に、社員旅行を企画する会社かどうかで、わかることもあります。

悪いイメージしか無いというあなたも、

参加するかどうかは別として、社員旅行の魅力について知っておきたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むことで、社員旅行のメリットデメリットがわかり、

実際に招待された時に参加するかどうかを決める「判断基準」にもなります。

旅行が好きなあなたには、きっと参考になる内容になっているので

ぜひチェックしてくださいね。

 

この記事では【海外で豪遊も…社員旅行がある会社に勤めるメリットデメリット】をご紹介します。

社員旅行に行けるのは業績が良い証拠

旅行先やプランにもよりますが、30人規模の一泊二日の温泉旅行でも宿泊費だけで100万円。

旅行中の食事や交通費も含めると200万円を超えます。

業績が悪ければ、社員を旅行に連れて行くなんて贅沢なことをする余裕はありません。

 

会社が毎年のように旅行を企画しているとなれば、

業績は決して悪くはないと判断することが出来ます。

行くか行かないかは別として、就職や転職先を選ぶ時の参考にもなります。

基本的に参加

もし、あなたが勤めている会社でも社員旅行が企画されたら、参加したいと思いますか?

特に気にすることが無ければ、参加しようか迷う事もありませんよね。

やむを得ない理由があれば不参加もありですが、社員旅行は基本的に参加するのが原則です。

 

旅行プランにもよりますが、普段一緒に仕事をしている同僚と

仕事抜きで付き合うことが出来る機会はあまりありません。

旅行中には一緒にいろんな体験をすることで、思い出を作るきっかけにもなります。

 

社員旅行にもメリットデメリットはもちろんありますが、

参加した人にしかわからないこともあります。

参加した方が良いかどうかを判断するためにも、一度は参加してみることをおすすめします。

メリット

社員旅行 メリット 海外

海外旅行でも自己負担なし

あなたは、海外旅行に行ったことはありますか?

遠くになればなるほど、渡航費は高くなりますよね。

宿泊代や食事も含めると、結構な出費です。

 

社員旅行が魅力的に感じるかどうかは、

「費用を出してくれるかどうか」が大きな割合を占めていると言えます。

個人で買うお土産代や、自由時間に入ったお店の飲食代までは負担してくれなくても、

旅行プランに含まれる基本的な費用を負担してくれるとなれば、ありがたいですよね。

 

「旅行は何処に行くかよりも誰と行くかが大事」とよく言われますが、

金銭的な負担が少なく、色んな体験を通して同僚と共通の思い出が作られることを考えれば、

参加しないのはもったい無いことかもしれません。

普段はできない経験が出来る

旅行プランは企画する人やお願いする旅行会社によって変わりますが、

僕が今まで体験した社員旅行では、普段入らないような高級店で食事をしたり

自分の住んでいる部屋の3倍はあるような、豪華な部屋に宿泊。

 

国内の旅行では伝統工芸の製作を体験することもあり、

まるで学生時代の「修学旅行」を思い出すかのようなプランばかりでした。

 

旅行プランは毎回変わりますが、海外旅行に行く場合もあり

社員旅行で初めての海外を経験する人も少なくありません。

 

普段一緒に仕事をしている同僚と旅行に行くことで

仕事のことを気にせず親睦を深められるので、

コミュニケーションが深まるきっかけになります。

旅行好きなら、きっと楽しめるはずです。

クマッチョ
実は僕も、入社して1年目で社員旅行に参加しましたが、

仕事抜きで接することで偏見無く付き合うことが出来ましたし、

初の海外も経験したので良かったですよ♪

社員の定着率が高い

あなたは、旅行にはどのくらいの頻度で行きますか?

旅行が好きな人の中には、毎年行っている人もいますよね。

しかし、海外に行くとなれば旅行の費用はかさみます。

 

逆に、社員旅行で海外旅行に行けるとなれば費用も会社持ち。

旅行が好きな人にとっては嬉しいはずです。

特に女性は旅行好きな人が多く、旅行に行くのを楽しみに仕事を頑張る人も少なくありません。

 

育児休暇などの福利厚生はしっかりしていることが前提ですが、

社員に何かしらの形で還元してくれるとなれば、モチベーションアップにもつながります。

たとえ辞めようと思う気持ちが出ても、思いとどめてくれる要素にはなるはずです。

デメリット

社員旅行 デメリット

休みが潰れる

日常業務を止めてまで旅行をするわけにもいきません。

会社がもともと休みの週末を利用することになるので、休みは潰れます。

 

もしあなたが、「毎日頑張りすぎて、体力的にも精神的にもつらい…」と思っているとしたら、

週末に朝早く起きて社員旅行に参加するのは、つらいことかもしれません。

 

せっかくの休みが社員旅行に潰される…と思う気持ちはわかりますが、

毎週しっかり休んでいても、精神的なダメージは増えている気がしませんか?

 

半年前の状況と比べてどうでしょう。

ストレスが増えているというあなたは、危険です。

自分の行動や考え方を変えた方が、解決の糸口は見えてくるものです。

 

まずは一日一日の過ごし方や考え方を見直してみましょう。

一週間の楽しみ方 週末だけ楽しみは危ない 「一週間に対する考え方と一日の過ごし方」についても、合わせてお読みください
「週末だけが楽しみ」は危険!一週間に対する考え方と一日の過ごし方

羽目を外し過ぎると会社の責任になる

あなたがもし社員旅行に参加するとしたら、どのような振る舞いをしますか?

旅行中だからといって、羽目を外すことは出来ませんよね。

「旅行に行っても気を抜けないのは嫌だ」という理由で

社員旅行を毛嫌いする人は多いはず。

 

羽目を外しすぎて会社に迷惑をかけるのは避けたいところですが、

宿泊先では必ず宴会もあります。

酔って後輩に迷惑をかけたりしても良くありません。

 

逆に、お酒にだけ気を付ければ特に大きな失敗を恐れることもありません。

社会人として最低限のルールを守ることさえ出来れば、

旅行中もきっと楽しめるはずです。

行きたくない人にとっては苦痛でしかない

社員が多ければ多いほど、行きたくないという人は必ず出てきます。

「同僚と仲が悪い」「旅行自体を楽しめない」という理由の人中にはいます。

旅行中の間ずっと孤独感に耐えるのは苦痛です。

 

無理をしてまで社員旅行に行く必要はありません。

「体調が悪い」「用事がある」などと言って断るのもアリですが、

親身になってくれる人がいれば、正直に言う方法もあります。

今の自分にとって何が一番良い選択なのかを考えて、慎重に行動しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【海外で豪遊も…社員旅行がある会社に勤めるメリットデメリット】をご紹介しました。

 

社員旅行のメリットは何といっても無料で色々な体験ができることですが、

社員同士と仲が良くない人にとっては、苦痛に感じることもあります。

旅行先やプランの内容にもよりますが、

社員のことを考えて企画してくれるのはありがたいことです。

 

職場の同僚とコミュニケーションをとる機会の一つと考えても、魅力的に思えてきませんか?

行くか行かないかは別として、ぜひ参考にしてくださいね。


この記事の評価・感想をお聞かせください。

職場カテゴリの最新記事