【体験談】派遣いじめに負けるな!現役女性派遣社員のパワハラ対処法

【体験談】派遣いじめに負けるな!現役女性派遣社員のパワハラ対処法

金融会社に勤める派遣社員のイメージ

金融会社で派遣社員として働いている女性の体験談をご紹介します。

私は、ある金融会社の派遣社員として働いていて、社員も派遣も含めて合計10人ほどのチームに所属しています。

大きな金融会社なので、憧れのOL生活に期待を膨らませて最初は夢に溢れていました。

まさか、私の前にいた派遣社員たちが病気になって辞めていったとは知らずに・・・。

この記事では、「派遣イジメに負けるな!現役女性派遣社員のパワハラ対処法」をご紹介します。




異常な上司

入社して1週間。

上司から、早くもキツく注意をされるようになりました。

「作業効率を上げろ」「無駄な質問はするな」と言うのが上司の口癖でした。

 

1か月経つ頃には、上司の異常ぶりはかなりエスカレートして、小さなミスを見つけては大声で怒鳴る毎日。

 

周りの社員さんに聞くと…

「派遣いじめで有名な人で、たくさんの派遣社員が短期間で辞めていった」

とのこと…。

 

黙って見てるアナタもどうなん…と思いつつ、

このままでは、私も同じ末路を辿る…という危機感を持ちました。

 

そこで私は、「思い切って行動しよう!」と決意しました。

チームリーダーを味方にする

私はまず、チームリーダーと頻繁に面談をして現状を事細かく報告し、仕事のやり方や改善点を何度も相談しました。

「対策を練っては実行し反省をする」を繰り返しながら、チームリーダーとの関係も構築していきました。(本当の目的はこっち)

また、他の派遣社員にも相談し、チームリーダーと派遣社員で綿密に連携をとるようになりました。

 

しかし、どのような策を講じて実践しても、問題の上司の態度は残念ながら変わりませんでした。

 

相変わらず、些細なことで怒鳴られる毎日…。前の人が辞めた気持ちもわかります。

突然の異動

チームリーダーに相談し始めて2カ月が経った頃、「問題の上司が他のチームに異動する」と発表されました。

 

中途半端な時期に突然の異動があったので混乱もありましたが、未だに理由は明かされていません。

後日、チームリーダーが私に「辞めなくて良かったね」と言って下さったのを聞いて、泣きそうになったのは秘密です。

まとめ

私は、問題の上司が異動したその日から平和に仕事をすることができるようになりました。

職場では、上の立場の人や同僚に味方を作ることが重要です。

もしあの時、何もせずただ我慢しているだけだったら、私はきっと会社を辞める事になっていたでしょう。

たとえ解決できなかったとしても、前向きに取り組めば自分の成長に繋がります。

ぜひ参考にしてくださいね。