「カリフラワークラッカー」レビュー!44枚で100キロカロリーのお菓子

「カリフラワークラッカー」レビュー!44枚で100キロカロリーのお菓子

カリフラワーのスナック菓子をレビュー!

ケトジェニック・パレオ・糖質制限・ベジタリアンに欠かせない「カリフラワー」

今では、その勢いに乗って新たな商品開発をする企業が増えています。

その中のひとつが、今回ご紹介する「カリフラワークラッカー」です。

カリフラワークラッカーとは、カリフラワーパウダー・米粉・キャッサバ粉・澱粉・野菜パウダーを原材料とした焼き菓子です。

まだ日本ではあまり知られていない「カリフラワークラッカー」を、さっそくレビューしていきたいと思います!

※この記事は北米に移住して17年目になる40代の主婦、アスカさんが書きました。

 

「カリフラワークラッカー シーソルト味」を食べてみた!

カリフラワークラッカーを食べてみた!

味は、森永製菓さんの「おっとっと」に似ています。

カリカリっとしてて、味も薄めで後味も悪くありません。

カリフラワーの味はほとんどしないので、野菜嫌いなお子様でも美味しく頂けると思います。

私の息子(高校生)と娘(中学生)も喜んで食べています。

主人は頭をかしげましたが「ポテトチップスを食べるよりかはカロリーが抑えられて良いかな?」と納得した様子です(笑)

実はこのカリフラワークラッカー、「44枚で100キロカロリー」しか無いんです。

ダイエット中は何かを我慢するのではなく、何を食べて満足させるかが大切なので、カリフラワークラッカーは味も量も十分に満たされ、おやつとしての満足度は完璧です。

ただ、いくらカロリーが低めでも食べ過ぎると太ってしまうので、食べる量を決めることは大事です。

「カリフラワークラッカー」のオススメの食べ方

「カリフラワークラッカー」のオススメの食べ方

そのまま食べても美味しいのですが、もし味に飽きてしまった時は、以下のような「ディップ」にしてみるのもイイと思います。

・ワカモレ(アボカドのディップ)
・サルサ(トマト風味のディップ)
・ハマス(ひよこ豆のディップ)
・クリームチーズ+ギリシャヨーグルト

お家で簡単なパーティーがあった場合、手軽な前菜としても活躍できます。

他にも、うちではサラダやスープに入れるクルトンの代わりに、カリフラワークラッカーを入れる場合もあります。

余計な脂質が抑えられカラダに優しく美味しい料理に変身です。

 

今回、私が食べた味は「シーソルト味」でしたが、
・ナチョ味
・チェダーチーズ味
・ピザ味

も販売されていて、野菜のお菓子だと思えない味付けなので、小さな子供でも喜んで食べてくれると思います。

「カリフラワークラッカー」の評判


まだ日本には浸透していませんが、時間の問題だと思います。


既にダイエット中の食事メニューとして取り入れている人もいますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「カリフラワークラッカー」を紹介しました。

砂糖や化学調味料、防腐剤などが加工されたお菓子を避けるなら、「カリフラワークラッカー」をぜひ試してみてください。

日本のスーパーやコンビニの棚に並ぶ日も近いかもしれませんね。

iHerb(アイハーブ)【海外ストア】はコチラ