会社に行きたくない!仕事を辞めたい30代の特徴あるある10連発

会社に行きたくない!仕事を辞めたい30代の特徴あるある10連発

会社に行きたくない!仕事を辞めたい30代の特徴あるある10連発

あなたは、会社に行きたくないと思ったことはありますか?

会社に行きたくないと思う機会が多くなると、

仕事を辞めたいと思うようにもなりますよね。

 

仕事を辞めたくても辞められない事情を抱える30代は多く、

悩みも深くなりがち。

今までにない苦労と戦っている30代は

あなたのまわりにもいるのではないでしょうか。

 

そこで!

この記事では【仕事を辞めたいと悩む30代によく見られる特徴】

恒例のあるある形式でご紹介します。

 

この記事を最後まで読むメリット

仕事に行きたくない!仕事を辞めたい!と思う30代の特徴を知ることで、

自分の今の状態を客観的に見つめ直し、解決につながるヒントも知ることが出来ます。

 

仕事を辞めたいと悩む30代の特徴あるある10連発

仕事を辞めたいと悩む30代の特徴あるある10連発

① 抱えている仕事量が多い

仕事を辞めたいと思う人は20代の若手社員よりも、

責任ある立場の30代の中堅社員に多く、

抱えている仕事量も多い特徴があります。

 

今30代の人の20代の頃は、働き方改革なんて1ミリも無い時代。

苦労した経験も多く今まで必死で働いてきた分、

数多くの仕事をこなせる力量は持っています。

 

上司もそれに甘えて、いざとなった時は仕事を丸投げし、

必然的に仕事量が増えていくという悪循環に陥りがち。

 

まずは、今までの仕事のやり方を捨てることが大事です。

仕事の取り組み方を変えてみましょう。

② 残業が多い

あなたは普段、残業をすることはありますか?

納期が迫っていたり、緊急時にはどうしても残業しなければいけないこともありますよね。

一般的に、責任感が強い人ほど抱える仕事量も多いと言われますが、

30代は立場的に責任が重くのし掛かる年代。

 

まわりに迷惑をかけまいという思いや、持ち前の責任感の高さもあって、

残業をすることも多くなっていきます。

 

しかし、もはや一人でこなせる量ではないことに気付きましょう。

どれだけ残業時間を増やしても、仕事は減るどころか

むしろ、どんどん増えていきます。

 

残業しなければ終わらないような仕事は

やらなくても良いように工夫しましょう。

③ 評価されない

あなたは、職場で評価されていますか?

仕事を頑張っても評価されないとなると、

自信を失ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に上司に怒られたりダメ出しをされるようなことが続くと、

次第にダメージも深くなっていきます。

しかし、まわりの評価を自分で変えるのは困難。

 

まわりの評価を素直に受け止めて、悪いところを反省できれば、

仕事としての評価は低くても、人としての評価は上がるのではないでしょうか。

④ 今の仕事が自分に向いていないと思っている

あなたは、今の仕事が自分に向いていると思いますか?

自分に自信が無くなると「今の仕事に向いていないのではないか」と、

仕事のせいにしたくなることはありますよね。

 

しかし、たとえ好きなことを仕事に出来たとしても

向いていない作業は必ずあります。

仕事を辞めたいと思う理由は、本当に向いていないからでしょうか。

 

あなたのまわりにも、本当は向いていないのに意欲的に取り組んでいる人はいるはず。

つまり、向いているか向いていないかなんて、

結局誰にもわからないしどうでもいいこと。

 

たとえ好きな仕事でも、

やりたいことだけやっていればいいというわけにもいきません。

向いている向いていないにとらわれず、″どうなりたいか″を考えましょう。

⑤ 仕事がつまらない

まわりの評価が低く、今の仕事も向いていないと思い込んでしまうと、

モチベーションが低下して仕事がつまらなくなります。

特に成果がわかりづらい仕事では、

やりがいを見出だすのも難しくなりますよね。

 

仕事を面白くするには、結果を出す必要がありますが、

結果を出しやすくするためには、

自分の得意な仕事をやらせてもらうことが大事です。

 

仕事を辞めて転職したからと言って、

転職先の仕事が面白いとは限りません。

まずは、自分の好きな仕事・得意な仕事を見つけてみましょう。

⑥ 疲れきっている

仕事がツラい、もう疲れた…と思ったことはありませんか?

無理をして頑張っても、会社にとってもあなたにとっても良くありません。

一度しっかり休みを取って、ゆっくり体を休めましょう。

 

退職を決めるのも転職をするのも勇気が要ることですが、

体を壊して病気になってしまうと転職も出来ません。

あなたにとって一番良い方法を、焦らず探していきましょう。

⑦ 職場の同僚や上司に不満がある

仕事のストレスで最も多い原因と言えば「人間関係」

親が選べないのと同じように、職場の同僚も選べません。

あなたの職場にも、

そりが合わない人の一人や二人はいるのではないでしょうか。

 

また、今まで優しく接してくれた人でも、

立場が変わると厳しくなる人もいます。

これを考えると、人間関係を理由に仕事を辞めるのは、

もったいないと思いませんか?

 

そもそも、人間関係が良くないことは今に始まったことではないはず。

仕事に支障が出る場合は上司に相談することも必要ですが、

そうでない場合は仕事に集中しましょう。

⑧ 職場で孤立している

あなたは、職場で孤立していませんか?

仕事内容にもよりますが、

話せる人がいないと働きづらいと感じることもありますよね。

 

不当な扱いを受けると、

辞めざるを得なくなるほど追い詰められるケースもあります。

 

一度、孤立した状態になってしまうとなかなか修復は難しいもの

無理だと思ったら、心に大きな傷を負う前に辞めるのもありです。

上司に相談してみましょう。

⑨ 辞められない事情がある

30代と言えば家族を養っている人もいるのではないでしょうか。

家族に小さな子供がいると、なかなか簡単には辞められませんよね。

しかし、病気になって体を壊してしまってからでは、

後悔することになります。

 

元気なうちによく考えて、家族とよく話し合いましょう。

勢いで辞めてしまうのは危険ですが、

転職先を決めてから退職すれば、路頭に迷う心配もありません。

⑩ 本当は優秀

まともな人ほど辞める時は潔くキッパリと辞めます。

逆に、仕事がデキない人ほど会社にしがみつくのも必死です。

 

もし前者の場合、

30代まで仕事を続けてきた経験は大きいと言えます。

しかし、転職するとなればそれも一からやり直しです。

 

今の経験を活かす道が無いか、慎重に考えてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【会社に行きたくない!仕事を辞めたいと悩む30代の特徴あるある10連発】をご紹介しました。

会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思うことはこの先も何度もあるはず。

場合によっては辞めるという決断も必要ですが、

大事なのは自分の状態を客観的に見つめて、

解決するヒントを探ること。

状況を悪化させないようにするためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

あるある10連発カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!