仕事が多すぎる人の特徴!ミスをする前に今すぐ出来る3つの対処方法

仕事が多すぎる人の特徴!ミスをする前に今すぐ出来る3つの対処方法

仕事が多すぎる人の特徴!ミスをする前に出来る対処方法

「自分だけ仕事の量が多い気がする・・・」

そんな悩みを抱えていませんか?

同じ職場、仕事をしているはずの同僚と比べても、

抱える仕事量が多くなってしまう人は、あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

 

ミスなくこなせる量であれば問題はないでしょうが、

許容量を越えた仕事量を抱え続けていると、ミスにつながることもあります。

取返しのつかないミスをしてしまう前に、

仕事が多すぎる人の特徴や、その対処法をチェックしておきましょう。

 

この記事では【仕事が多すぎる人の特徴!ミスをする前に今すぐ出来る3つの対処方法】をご紹介します。

 

仕事が多すぎる人の特徴

仕事が多すぎる人の特徴

NOと言えない

上司から新しい仕事を頼まれたとき、抱えている仕事で手一杯なのに、

断れなかった経験はありませんか?

機嫌を損ねてしまわないか…自分の立場が悪くなってしまわないか…

そんな不安から断りにくい気持ちにもなりますよね。

 

確かに、ただ「できません」と断るだけでは印象が悪くなってしまうかもしれません。

そういうときには、できない理由をしっかり説明したり、

代替案を出すなど積極的な姿勢を見せつつ、断るようにしましょう。

責任感が強い

責任感が強く真面目な人も、仕事が多くなってしまいがちです。

こうした特徴を持つ人は、仕事を任された責任感から、

任された仕事を自分だけで処理しようと考えてしまうことがあります。

 

確かに任された仕事に責任を持つことは大事なことですが、

自分ひとりでできることには限りがあるものです。

 

せっかく同じ職場で働く同僚がいるのですから、

周囲と協力しながら仕事を進めることも視野に入れましょう!

ミスをする前に今すぐ出来る3つの対処方法

ミスをする前に出来る対処方法

① 分担を見直す

まずは抱えている仕事を他の人に分担できないか見直してみましょう。

自分でやらなければならない仕事、自分でなくてもできる仕事があるはずです。

 

自分でなくてもできる仕事は思い切って、他の人に頼んでみましょう。

 

もちろん断られることもあるでしょうが、

意外に前向きに受け取ってくれる人も多いものですよ!

② 期限を見直す

仕事には期限がつきものですが、その期限を見直してみましょう。

依頼されたときに設定された期限が、

見直してみると遅らせても問題ないことがあります。

 

勇気を出して上司に期限を遅らせてもらえないか、相談してみましょう。

 

仕事の優先順位をしっかり考えた上での相談であれば、

上司も無下にはせず聞いてくれるはずです。

③ 必要性を見直す

そもそも、その仕事やる必要ありますか?

抱えている仕事を見直してみると、

もしかすると必要のない仕事も見つかるかもしれません。

 

これは最終手段ですが、

必要のない仕事は削除してしまうことも一つの手です。

 

もちろん、勝手に放棄するのではなく、

上司や先輩に相談することをお忘れなく!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【仕事が多すぎる人の特徴!ミスをする前に今すぐ出来る3つの対処方法】をご紹介しました。

与えられる仕事の量は職場や部署によっても様々ですが、

自分が抱える仕事の量は、自分の行動次第で調節することができます。

お悩みの方はぜひ試してみてくださいね!

仕事カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!