「夜更かししてしまう人」の6つのデメリットと3つの対処法とは

「夜更かししてしまう人」の6つのデメリットと3つの対処法とは

夜更かししてしまう デメリット 対処法

あなたは、夜更かししてしまうことはありますか?

早く寝なければいけない日でも

つい、夜更かししてしまうことってありますよね。

夜更かしをすると、体には大きな負担がかかります。

 

仕事にも影響を与えないようにするためにも、

夜更ししてしまう癖は無くしていきたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むことで…

夜更かししてしまうことがきっかけで起こる怖い影響と

夜更かしをしてしまった時の対処法がわかり、

自分の体をうまくコントロールすることが出来るようになります。

この記事では【夜更かししてしまう人の6つのデメリットとたった3つの対処法】についてご紹介します。

 

夜更かししてしまう人の6つのデメリット

① 寝坊をする

あなたは、寝坊をした経験はありますか?

前の晩に夜更かしをしてしまった日は、寝坊をすることもありますよね。

遅刻ぎりぎりの時間になんとか起きることが出来ても、

眠さから集中力が低下して、仕事でミスをする原因になることもあります。

 

何度も寝坊をすることがある場合は、夜更しをすることが習慣になっていることも考えられます。

いつでも寝られる状態を早めに作るなどして、就寝時間を増やせないか試してみましょう。

② 次の日も眠れなくなる

あなたは、「寝ようと思って布団に入ったのに眠れなかった」という経験はありませんか?

体が休まらないと、次の日に疲れが残ることもありますよね。

 

一度の夜更かしだけでも、

生活リズムが崩れて次の日の寝つきにまで影響することがあります。

 

眠れなくなる原因は、仕事によるストレスなどの可能性も考えられますが、

一睡も出来なかったという場合は、無理をせず休むことも選択肢の一つとして考えましょう。

③ 肌が荒れる

あなたは、肌荒れに悩まされた経験はありませんか?

「夜更かしは肌に悪い」という話はよく聞きますよね。

肌を良好な状態に保つためには、しっかり睡眠をとることが基本です。

 

吹き出物が出てきたら肌も疲れている証拠。

これ以上ひどくならないようにするためにも、

しっかり睡眠時間を確保する方法を考えてみましょう。

④ 免疫力が低下する

あなたは、風邪をひきやすい体質ですか?

ただの風邪だからといっても、油断することは出来ませんよね。

夜更かしをすると十分に体が休まらないため免疫力が低下し、

風邪をひきやすい状態にもなります。

 

風邪をひく原因を作らないようにするためにも、

夜更しを続けないよう、しっかりと対処していきましょう。

⑤ 太りやすくなる

あなたは、ダイエットをした経験はありますか?

トレーニングを始めてもなかなか続けられず、三日坊主になってしまう人は多いですよね。

夜更しをすることで、ダイエットがうまくいかない原因になることもあります。

 

しっかり睡眠をとって規則正しい生活をすれば、

無理をしてつらいダイエットを続けなくても、健康的な体になっていく可能性もあります。

夜更しをするだけでも体にはよくありませんが、

深夜に間食をしたりしていないかどうかも振り返ってみましょう。

自律神経失調症になる恐れがある

「自律神経失調症」とは…

自律神経のバランスが崩れて心身に影響を及ぼす状態のことで、

想像以上に怖い病気です。

 

人によって症状は様々ですが、

いくら寝ても疲れが取れず、吐き気や頭痛といった症状があります。

実は、僕の妻もこの病気を患っていた時期があり、

吐き気や頭痛・腹痛の症状に耐えられず救急車を呼んだことがあります。

 

自律神経失調症になってしまう原因は夜更かしだけではありませんが、

夜更かしをすることでストレスが増えて、

病気を患ってしまう恐れがあります。

 

自分の体を守るためにも、夜更かしをきっかけに

病気を患うことがないよう気を付けてくださいね。

夜更かししてしまう人のための3つの対処法

その1「温かい飲み物を飲む」

あなたは、温かい飲み物は好きですか?

仕事で疲れた時やほっと一息つきたい時には、温かいコーヒーや紅茶を飲みたくなりますよね。

 

温かい飲み物は、体も心も癒してくれます。

自分だけの癒しタイムを作って、体を休息モードにする時間を作ってみましょう。

その2「お風呂で体を温める」

あなたは、お風呂で湯船に浸かるのは好きですか?

湯船に浸かって体を温めると、寝つきも良くなりますよね。

体を温めると免疫力も高まります。

 

風邪やウイルスに負けない体を作るためにも、

お風呂で温かいお湯に浸かって、体を温めてくださいね。

 

湯船に入れない事情がある場合は、足湯が効果的。

僕の妻は体が弱く、体が冷えるとスグに体調を崩してしまうのですが

そんな時はいつも、足湯をして体を温めています。

その3「寝る前はスマホやテレビを見ない」

あなたは、寝る直前までスマホを見たりテレビを見たりすることはありませんか?

つい夜遅くまでダラダラ過ごしてしまい、

「気付いたら深夜を回っていた」なんていうことはよくありますよね。

 

寝る直前までスマホやテレビを見ていると、睡眠時間が減るだけでなく

いざ寝ようと思っても興奮状態が治まらず、寝つきが悪くなることがあります。

 

寝る前の1時間はスマホやテレビを見るのをやめて、

意識的に脳を休めるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【「夜更かししてしまう人」の6つのデメリットと3つの対処法とは】をご紹介しました。

夜更ししてしまうことは誰でもあると思いますが、

習慣になってしまうと体には悪影響です。

仕事でミスをしたり体に影響を与えないようにするためにも、

ぜひ参考にしてくださいね。

私生活カテゴリの最新記事