金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も

金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も

金曜日に飲み会に行くメリット

あなたは、金曜日に飲み会に誘われることはありますか?

土日が休みの場合は

金曜日なら、万が一飲み過ぎてしまっても

次の日の仕事に影響を与える心配はありませんよね。

 

しかし、次の日が休みでも

仕事終わりの一杯を楽しみにしている人ばかりではありません。

あなたの同僚にも、

「金曜日の飲み会なんて最悪・・・」と思っている人はいるはず。

 

そこで!

飲み会を楽しみにしている人と

飲み会が金曜日でも毎回断る人には、どんな違いがあるか気になりませんか?

 

この記事を最後まで読むことで…

「金曜日の飲み会を楽しみにしている人の気持ち」と

「金曜日こそ行きたくないと思っている人の気持ち」を理解することで、

偏見を持った考えが無くなり

飲み会を利用して仕事に良い効果を生むことが出来るようになります。

この記事では【金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も】をご紹介します。

 

金曜日に飲み会を開くメリット

職場の飲み会のイメージ

あなたは、職場で開かれる飲み会には参加していますか?

飲み会に参加する場合でも、ただお酒を飲むことが目的の飲み会はつまらなく感じてしまいますよね。

仲の良い同僚と話したり、入社したばかりの新人と親睦を深める人もいますが、

建前上、仕方なく参加している人もきっといるはず。

 

では、わざわざ金曜日に職場の人と飲むメリットには、どんなことがあるでしょうか。

ここでは「金曜日に飲み会に行くメリット」をご紹介します。

ストレス発散が目的

あなたは、ストレスが溜まった時にお酒を飲みたいと思うことはありますか?

たまには仕事のことを忘れてお酒を飲みたいと思うことはあるのではないでしょうか。

ベテランになればなるほど、ストレスも多くなりがち。

 

お酒がそんなに強くなくても、

「飲み会に参加している気心が知れた仲間」に話を聴いてもらうことで、

ストレス発散につながります。

 

ストレス発散がうまく出来ないと悩んだ時には、

たまには飲み会に参加してみてはいかがでしょうか。

アフター5 ストレス発散 「アフター5のストレス発散方法」についても合わせてお読みください

新社会人にもおすすめ!アフター5でストレスを発散する方法10選

同僚と親睦を深める

あなたは、職場の同僚と十分なコミュニケーションは取れていますか?

仕事中だと、プライベートなことを話したりする機会も

なかなか取れませんよね。

 

普段会話する機会が無い人と親睦を深めておけば、

いざ仕事をする機会が訪れた時にも、

スムーズにコミュニケーションを取れるはずです。

傾聴の正しい使い方 「コミュニケーションの鍵となる傾聴力」についても合わせてお読みください

親交を深める親睦を深めるための「傾聴力」の重要性と正しい使い方

情報交換

あなたは、飲み会に参加した時に

同僚から想像もしていなかったことを知らされた経験はありませんか?

「前から気になっていた人が、自分のことを気にしてくれている」とか

「新しく入社した後輩が、実はバンドマンでCDを出している」というような話は、

仕事をしているだけでは知ることはありませんよね。

 

同僚のプライベートな話や、他の部署との情報交換は

仕事にも役立つことがあります。

僕も職場の飲み会には1年に1回くらいしか参加しなくなりましたが、他部署に定期的に情報交換をする飲み仲間がいて、秘かに情報交換をしています(笑)

金曜日に飲み会に行かない人の本当の理由

金曜日 飲み会 行かない理由

お酒が苦手

あなたはお酒を飲むのは好きですか?

あなたの職場にも、お酒を飲めない人はいますよね。

お酒が飲めない人が飲み会を楽しむためには、

お酒意外の部分に楽しめる要素を見つける必要があります。

 

同僚と仲が良くて、話をするのが好きな人なら心配ありませんが、

「同僚とは仕事だけの付き合い」とキッパリ割り切る人は、

飲み会は無駄な時間だと捉えがち。

 

先輩や上司が後輩の不安や悩みを聴いてあげるなどの機会があればまだしも、

ただバカ騒ぎするだけのような、中身の無い飲み会はハッキリ言って無駄です。

同僚の貴重な時間を奪わないよう、

あなたが飲み会の幹事を務める際には、目的を設定してみてくださいね。

お酒が飲めない人 「お酒が全く飲めない人あるある」についても合わせてお読みください

お酒が全く飲めない人あるある10連発!アルコール0でも好かれる方法

職場の人との飲み会が嫌い

あなたは、職場の飲み会は好きですか?

同僚と仲が良ければ職場の飲み会に参加しても、そこまで苦ではありませんよね。

しかし、飲み会に参加するメンバーの降るまいによっては、

つまらない飲み会になってしまうことがあります。

 

酒癖の悪い先輩や説教を始める上司がいると、

それまで楽しかったはずの飲み会の雰囲気もぶち壊し…。

飲み会を「文句を言う場所」にしてはいけません。

参加した人が楽しく過ごせるように、被害に遭いやすい人を遠ざけるなど

さりげなく対策してあげましょう。

同僚には言えない約束や予定がある

あなたは、同僚に言えないような秘密はありますか?

飲み会を欠席する理由も正直に言えれば楽ですが、

秘かに「転職活動を進めている」とか「副業をしている」といった場合は

職場の人には内緒にしますよね。

 

時間が惜しいというのもありますが、

お酒に酔って口を滑らせてしまうと、後で取り返しがつかないことになり兼ねません。

 

欠席理由があいまいな同僚に、転職や副業の話を振って様子を伺うと

何か変わった反応が見られるかもしれません(笑)

職場の人に内緒 秘密あるある 「職場の人に内緒にしている秘密あるある」についても合わせてお読みください

知られるとマズイ…職場の人に内緒にしている秘密あるある10連発

長時間になりがちな金曜日こそ行きたくない

あなたの職場では、飲み会はいつも何分くらいで終わりますか?

二次会、三次会と遅くまで続く飲み会もありますよね。

職場によっては、一次会だけで3時間もある飲み会もあります。(僕の職場の飲み会がそうです・・・)

 

気にせず途中で帰ることが出来れば良いのでしょうが、

立場が変われば、そうもいかない状況になることがあります。

 

お酒が飲める人でも、いつまでもダラダラ続く飲み会には参加したくないと思う人は多いはず。

あなたが飲み会を幹事を務める際には、

一次会は早めに終わるようにすると、喜ぶ同僚もいるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も】をご紹介しました。

「金曜日の飲み会を楽しみにしている人の気持ち」と

「金曜日こそ行きたくないと思っている人の気持ち」を理解しておけば、

飲み会の良いところを利用して、

仕事に良い効果を生むことも出来るようになるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。