飲み会

職場

会社の飲み会は地獄行き・・・ただ疲れるだけの飲み会の特徴10選

会社の飲み会に参加するメリットが感じられない、それでも仕方なく参加したけど、案の定、地獄だった…という経験はありませんか?僕はお酒を飲むのは好きですが、会社の飲み会には参加したくありません。ただ疲れるだけの飲み会には、どんな特徴があるでしょうか。この記事では【疲れるだけの飲み会の特徴】を、10個に厳選してご紹介します。あなたが飲み会の幹事をすることになった時にも役立つと思うので、ぜひ最後まで読んでくださいね。
職場

お酒が弱い人でも飲み会を楽しむ方法10選!飲めなくても大丈夫

あなたは、お酒は弱い人ですか? 会社の飲み会に参加しても、お酒を少し飲んだだけでスグに酔ってしまうようだと、 もう少しくらい飲めるようにならないものかと悩みますよね。 「そんなに飲んでいないのに、具合が悪くなってしまった…」 という経験もあるのではないでしょうか。 飲み会で体調を崩すようなことがあると、飲み会が嫌になってしまう人もいます。 お酒を強要されるような飲み会で無い限り、 お酒を飲むか飲まないかは自分次第。 飲み会で楽しめるか楽しめないかも、あなた次第のはずです。 とは言っても… 「お酒に酔って騒いでいる人達の中で、どうすれば楽しめるのか」 疑問に思いますよね。 そこで! お酒が弱くても飲み会を楽しむ方法があるとしたら、あなたも知りたいと思いませんか? この記事を最後まで読むことで、 アルコールに弱くてお酒が飲めないあなたでも 飲み会を楽しむ方法がわかり、 飲み会の誘いがある度にウンザリすることも無くなるかもしれません。 この記事では【お酒が弱い人でも飲み会を楽しむ方法10選!飲めなくても大丈夫】をご紹介します。
職場

金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も

あなたは、金曜日に飲み会に誘われることはありますか? 土日が休みの場合は 金曜日なら、万が一飲み過ぎてしまっても 次の日の仕事に影響を与える心配はありませんよね。 しかし、次の日が休みでも 仕事終わりの一杯を楽しみにしている人ばかりではありません。 あなたの同僚にも、 「金曜日の飲み会なんて最悪・・・」と思っている人はいるはず。 そこで! 飲み会を楽しみにしている人と 飲み会が金曜日でも毎回断る人には、どんな違いがあるか気になりませんか? この記事を最後まで読むことで… 「金曜日の飲み会を楽しみにしている人の気持ち」と 「金曜日こそ行きたくないと思っている人の気持ち」を理解することで、 偏見を持った考えが無くなり 飲み会を利用して仕事に良い効果を生むことが出来るようになります。 この記事では【金曜日に飲み会を開くメリットは?行かない人の本当の理由も】をご紹介します。
あるある10連発

酒を飲み過ぎた帰り道の失敗あるある10連発!ここはどこ私はダレ?

あなたは、お酒を飲むのは好きですか? 仕事終わりの一杯は、特に最高ですよね。 サラリーマンには飲み会はつきものですが、 調子に乗って飲み過ぎると後で痛い目を見ることもしばしばあります。 記憶が飛んで、気付いた時にどこに居るかわからなくなってしまうこともありますよね。 そこで! お酒を飲み過ぎた帰り道によくある失敗を、ここでもう一度チェックしてみませんか? お酒が好きなあなたには、特に読んでほしい内容になっています。 飲み会で失敗しないためにも、ぜひ最後まで読んでくださいね。 この記事では「酒を飲み過ぎた帰り道の失敗あるある10連発!ここはどこ私はダレ?」をご紹介します。
人間関係

勘違いを招く「無礼講」の意味と正しい使い方!言う人の3つの心理も

あなたは、飲み会で「無礼講」という言葉を聞いたことはありますか? 無礼講と言われてもどこまで許されるのかがハッキリしない分、 急に態度を変えるのは難しいですよね。 間違った態度をとると、相手が怒り出してしまうこともあります。 そこで! 「無礼講」という言葉にはなぜ勘違いが生まれてしまうのか、 正しい意味を理解して、自分が言う時にも勘違いされないようにしたいと思いませんか? これから飲み会に参加する機会が多いあなたには、 きっと役に立つときがくるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。 この記事では【勘違いを招く「無礼講」の意味と正しい使い方!言う人の3つの心理も】をご紹介します。
職場

「飲み二ケーション」ワースト5と価値を高める3つの方法!

あなたは、会社の飲み会に参加するのは好きですか? 前に参加した飲み会で嫌な思い出があると、 参加するメンバーによっては嫌になってしまうこともありますよね。 仕事仲間との飲み会はコミュニケーションを図るため「飲みニケーション」として 重要視されることもありますが、 参加する人によってメリットが全く無い飲み会が開かれることも珍しくはありません。 せっかく参加した飲み会で無駄な時間を過ごすのだけは、避けたいところですよね。 時間の無駄でしかない「飲みニケーション」とは、 具体的にどんな飲み会のことを指すでしょうか。 この記事を最後まで読むことで、 無駄な飲み会を見極めることが出来るのはもちろん、 会社で飲み会を企画する立場になった時にも、きっと役に立つはずです。 この記事では【「飲み二ケーション」ワースト5と価値を高める3つの方法!】をご紹介します。
職場

飲み会に参加する意味ある?飲みニケーションが必要な理由6選!

サラリーマンになると、飲み会に参加する機会は度々ありますよね。 飲み会で親睦を深めることを昔は「飲み二ケーション」なんて言ったりしていましたが、最近ではお酒を飲まない人も増えています。 仕方なく参加した飲み会はつまらなく感じてしまい、参加したことを後悔することもありますよね。 しかし、お酒が飲めないからと言って飲み会に参加するのは無駄なことだと決めつけるのは間違いかもしれません。 そこで! 「参加するべき飲み会」か「時間の無駄でしか無い飲み会」かを見極めるには、どうすれば良いでしょうか。 この記事を最後まで読むことで、参加するだけのつまらない飲み会も、参加したことを後悔しない「有意義な飲み会」にすることが出来るかもしれません。 お酒が飲めない同僚や後輩のためにも、ぜひ参考にしてくださいね。
あるある10連発

お酒が全く飲めない人あるある10連発!アルコール0でも好かれる方法

あなたは普段、お酒を飲みますか? 社会人になると、飲み会に参加する機会は必ずありますよね。 お酒全くが飲めない人にとって、 飲み会は「自分との闘い」でもあり「恐怖の時間」でもあります。 この記事では、 「お酒が全く飲めない人の特徴あるある10連発」と 飲み会でいつも大変な思いをしているあなたのために、 「アルコール0でも人気者になる方法」をご紹介します。