ゴマすり上手はコミュニケーション上手?相手をヨイショする6つのコツ

ゴマすり上手はコミュニケーション上手?相手をヨイショする6つのコツ

ゴマすり上手はコミュニケーション上手?相手をヨイショする6つのコツ

あなたの周りには、ゴマすり上手な人はいますか?

良いタイミングで気の利いた言葉を言える人を見ると、感心することもありますよね。

 

ゴマすりは「迎合」や「取り入る」とも言われますが、

コミュニケーションが上手な人は、

必ずやっていると言っても過言ではありません。

 

そこで!

相手をうまくヨイショするためには、どんな方法があるか気になりませんか?

 

この記事を最後まで読むことで・・・

コミュニケーションが苦手でどうすれば

人とうまくやっていけるかわからないという人でも、

気を遣う目上の人や、仲良くなりたい初対面の人に

気に入られるコツがわかります。

この記事では【ゴマすり上手はコミュニケーション上手?相手をヨイショする6つのコツ】をご紹介します。

 

相手をヨイショする6つのコツ

相手をヨイショする6つのコツ

人間関係をうまく築くためには、「ゴマすり」も立派なテクニックです。

ゴマすりとは、相手をヨイショすること。

ここでは「相手をヨイショする6つのコツ」をご紹介します。

① お世辞を言う

あなたは、お世辞を言うことはありますか?

明らかにお世辞だと相手が気付いても、

「お世辞でも嬉しい」と言って喜んでくれることはありますよね。

 

的外れなお世辞は逆効果になる事もありますが、

相手が気分良くなるような言葉なら、相手も喜んでくれるはずです。

② 自分を卑下する

あえて自分を卑下することで、相手を持ち上げるテクニック。

自分を卑下すると聞くと、マイナスイメージを持つかもしれませんが、

相手の良い所をヨイショする目的で意識的に使うのは効果的です。

 

相手が自信を持っているようなことで張り合うより、

たまにはヨイショして、相手を持ち上げてみましょう。

③ 同調する

あなたは、人の意見に同調することはありますか?

本当は相手と違うことを思っていても、あえて意見を合わせることはありますよね。

無理をしてまで意見を合わせる必要はありませんが、

同じ意見の場合は黙っているより、あえて口に出しましょう。

④ 親切にする

あなたは、周りの人に気を遣うことはありますか?

周りの人とうまくやっていくために、

気を遣って親切にした経験は、あなたにもあるのではないでしょうか。

相手の行動を見て親切にすることは、

コミュニケーションの基本のうちの一つ。

自分の事ばかり考える人より、親切な人になりましょう。

⑤ 褒める

人をヨイショする目的は、気分良くなってもらうこと。

気分良くなってもらうためには、褒めることも大事です。

あなたも、褒められると嬉しくなることはあるのではないでしょうか。

相手の良いと思った部分は、素直に褒めてあげましょう。

⑥ 長所を見つける

自分の長所はなかなか見つからないという人でも、

職場の同僚や上司など、身近にいる人の長所なら

一つや二つは見つけられますよね。

 

良いと思った部分は何度も褒めることで、

褒めたときの効果がさらに高くなります。

 

「本当に思ってくれてるんだ」と思われるように、

長所を見つけて褒めてあげましょう。

ゴマすり上手はコミュニケーション上手?

能力がどれだけ優れていても、周りに気を遣えない人は嫌われてしまうこともあります。

人のことを気分良くさせることが出来る「ゴマすり」も、

周りの人をよく見ているからこそ出来ること。

 

コミュニケーション上手になるためにも、

まずは目の前の人を喜ばせてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【ゴマすり上手はコミュニケーション上手?相手をヨイショする6つのコツ】をご紹介しました。

これで、ゴマすり上手になることが出来るはずです。

僕も、相手の良いと思える部分を見つけて、

自然にゴマすり出来る人になりたいものです。

コミュニケーション上手になるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。