ランチは一人がいい!グループから抜けても平気?ウマイ言い訳は?

ランチは一人がいい!グループから抜けても平気?ウマイ言い訳は?

ランチは一人がいい!グループから抜けても平気?ウマイ言い訳は?

あなたはいつも、ランチの時間は誰と過ごしていますか?

お昼ゴハンはいつも、職場の同僚と一緒に食べているあなた。

「本当は一人で食べたい・・・」

そう思うことはありませんか?

 

お昼くらい自由に時間を使いたいと願う人は、

あなた以外にもいるはずです・・・。

 

しかし、

グループから抜けても本当に平気なのか、心配な部分もあると思います。

 

例えば…

  • 悪口や陰口を言われるようにならないか
  • 嫌がらせをされないか
  • 悪口や陰口を言われるようにならないか
  • 仕事に影響は出ないか

というように、考えればいくらでも出てきそうですよね。

 

グループを抜けることで

その後の同僚との関係が大きくかわることもあります。

 

それでも、

「毎日のランチの時間には耐えられない!」

と思っているあなたのために

この記事では【ランチは一人がいい!グループから抜けても平気?ウマイ言い訳は?】をご紹介します。

 

ランチグループから抜けても平気?

ランチグループ 抜けても平気?
お昼休みにいつも一緒に過ごすランチの仲間

会話には気を遣うし、同僚の悪口や自慢話など、

聞きたくない話をされて、

精神的にも体力的にも消耗していませんか?

 

ランチグループから抜けた場合に心配なのが、

「仕返しや陰口、無視をされるなどの行為をされたらどうしよう」という問題。

 

そこで!

ランチグループを抜けることで起こりうる影響には、

どんなことがあるのか調べてみました。

悪口を言われるようになった

ある女性は、

ランチグループを抜けたことを機に、

今まで他の人へ向けられていた悪口の標的が自分に代わり、

関係が悪化したと言います。

 

その女性は気にしないようにしていますが、

グループ内に普段から人の悪口を言うような人がいる場合は、

覚悟しておいた方が良いかもしれません。

コミュニケーションをとる機会が無くなった

「コミュニケーションに支障をきたした」という例もあります。

 

グループを抜けることで、コミュニケーションをとる機会が少なくなり、

一緒に仕事をする機会があってもテキトーにあしらわれたり、

無視をされるようになった。

という人もいます。

 

普段の仕事にまで影響が出るのは避けたいところ。

ランチグループから抜けても、

コミュニケーションをとる機会があるか考えてみましょう。

特に問題なかった

「ランチグループから抜けても特に何も問題はなかった」というケースも。

 

日本人はグループで行動するような意識が強いため、

「抜けたらまずいのでは?」という思い込みも強いのかもしれません。

 

しかし、同僚も社会人なので、仕事に支障をきたすような行為はせず、

意外と自然に接してくれる人も当然います。

 

「ランチは一人がいい!」と思っている人は

実はあなただけではなかったというパターンですね。

ランチグループから抜けるためのウマイ言い訳

ランチグループから抜けるためのウマイ言い訳
何も言わずにいきなりランチグループから抜けると、印象が悪くなります。

メンバーに悪い印象を与えずにランチグループを抜けるためにも、

きちんと理由を説明して、気持ちよく卒業しましょう。

 

ここでは「ランチグループから抜けるためのウマイ言い訳」をご紹介します。

ランチグループが外食派の場合

あなたはいつも、ランチはどこで食べていますか?

本当は行きたいところがあっても、

ランチグループのメンバーが行きたい所で

我慢することもありますよね。

 

あなたがいつも一緒に食べているランチグループが

外食派の場合に使えるような

ウマい言い訳を、ご紹介します。

しばらくお弁当にします

「お弁当を持参するから」という理由を作ってしまう方法です。

 

誰にでも使える言い訳で、毎日続けられます。

 

弁当と言っても、買ってきた物で十分です。

「節約のため」とか「ダイエットのため」と言って、

いつも外食をしているグループとは別の所で食べましょう。

ランチグループが社内派の場合

用事があって外出する

「たまには一人で食べたい」という時に使える言い訳。

 

用事の内容まで聞かれた時は、

「銀行に行く」とか

「家の事情で電話するから」と言って、

外出する理由を伝えましょう。

弁当を用意するのが面倒、飽きた

「ランチはずっと一人で過ごしたい!」という場合、

弁当を用意するのをやめるという方法もあります。

 

コストがかかってしまうデメリットはありますが、

自由な時間を過ごせるようになるはず。

貴重なランチタイムを我慢して過ごすより、

時間を有効に使うことを考えましょう。

ランチタイムをずらす

お昼の休憩時間が特に決められていない場合は、

ランチタイムをずらしてしまいましょう。

 

グループのメンバーと食べるタイミングが違えば、

一緒に過ごす時間は短くなり、

結果的に、グループから自然に抜けられるきっかけになるかもしれません。

大事なのはランチ以外でのコミュニケーション

ランチのお誘いを突然断ってしまうと、

ランチグループのメンバーに悪い印象を与えてしまいます。

 

それでもグループにいるメンバーと、

しっかりコミュニケーションがとれていれば

関係が悪くなることはないでしょう。

 

ちょっとした休憩時間にグループのメンバーと

コミュニケーションをとっておくことで、

自分の立場を守ることにもつながるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【ランチは一人がいい!グループから抜けても平気?ウマイ言い訳は?】をご紹介しました。

これで、「ランチは一人がいい!」と思っているあなたでも、

悪い印象を与えずにウマくグループから抜けることが出来るはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • ランチグループを抜ける影響をあらかじめ知っておく
  • ランチグループのメンバーに合わせて、言い訳を使い分ける
  • ランチグループを抜けた後も、コミュニケーションはしっかりとる