ケアレスミスをする5つの理由と凡ミスを無くすチェックの仕方4選

ケアレスミスをする5つの理由と凡ミスを無くすチェックの仕方4選

仕事のケアレスミスを無くすチェック

あなたは、仕事でケアレスミスをした経験はありませんか?

「ケアレスミス」とは、いつもはやらないような自分でもビックリするような単純なミス。

時々やってしまいますよね。

 

仕事では小さなミスから大きな被害に繋がってしまうこともあります。

きちんとチェックさえしていれば防げるような凡ミスは、出来ることなら無くしたいと思いませんか?

 

とは言っても、どんなことに気を付ければ良いのかがわからないと、対策のしようもありませんよね。

そこで!

ケアレスミスをなくす具体的なチェックの仕方を知りたいと思いませんか?

 

この記事を最後まで読むことで、単純なミスが無くなるだけでなく

いつもやっているチェックの仕方が、正しいかどうか確認することが出来ます。

 

この記事では「ケアレスミスをする5つの理由と凡ミスを無くすチェックの仕方4選」をご紹介します。

ケアレスミスをする5つの理由

あなたは、同じようなミスを繰り返した経験はありませんか?

ミスをした理由を理解していないと、対策するのは難しいですよね。

ケアレスミスを犯してしまった理由を明確にしておけば、

どんな時に凡ミスをしやすいかがわかり、未然に防ぐことが出来ます。

 

たった一つの凡ミスによって、全てが台無しになってしまうこともあります。

ミスが多いと言われる前に、ぜひチェックしてくださいね。

 

ここでは「ケアレスミスをする5つの理由」をご紹介します。

慢心

あなたは、自信を持って仕事に取り組んでいますか?

仕事に慣れてくると、徐々に自信も付いてきますよね。

自信を持つことは大事ですが、

自信が慢心に変わるとケアレスミスを犯す危険も高くなります。

 

単純なミスなんてするはずがない!なんて思ってチェックを怠っていると、

ケアレスミスを犯すのも時間の問題です。

 

つまらない凡ミスをしないためには、

「もしかしたら間違いがあるかもしれない、もう一度チェックしておこう。」

という気持ちが大事です。

必ずチェックをする習慣を身につけましょう。

勘違い

あなたは、自分のミスを他人に指摘されたことはありますか?

自分では間違っていないと思っていても、

同僚や先輩に指摘されて初めてミスに気付くことはありますよね。

 

明らかなミスがあっても、自分でミスに気付かないまま正しいと思い込んでしまうケースもあります。

このような勘違いを無くすためには、一度時間をおいてから再チェックすると、

意外に簡単に発見できることがあります。

 

 

あなたも、仕事で他人にミスを指摘されてビックリしたくなければ、

一度休憩を挟むなどして時間をおいてから、チェックしてみてくださいね。

焦り

あなたは、プレッシャーには強い方ですか?

プレッシャーを感じると、焦ってしまうこともありますよね。

急ぎの仕事で時間に追われて、焦ってしまうことはよくありますよね。

 

適度な緊張感は必要ですが、緊張のし過ぎは判断力や思考力の低下に繋がります。

 

自分が苦手な状況を理解して、焦ってしまうような状況にならないようにすることも大事ですが、

プレッシャーを感じていると思った時に、逃れる方法を知っていることの方が重要です。

プレッシャーが大きい時でも対処することが出来るように、

自分に合った方法を見つけましょう。

ちなみに僕の場合は焦りを感じたら「水をがぶ飲み」したり、トイレに5分ほど籠ったりします(笑)

見切り発車

あなたは、とりあえずやってみたことが失敗に終わったことはありませんか?

ある程度時間をかけて取り組んだことが失敗だとわかると、ショックも大きいですよね。

見切り発車で仕事を進めてしまうと、後から修復不可能な事態に陥ることがあります。

 

試してみないとわからない部分がある時は、

見切り発車をする前に、やろうとしている方法が正しいかどうか確認することが重要です。

また、自分だけでなく他の人にも見てもらう事で

失敗のリスクを大幅に減らすことが出来ます。

 

出来るかどうかわからないことに時間を費やすより、

最初に正しいかどうかをきちんと確認した方が時間も無駄になりません。

集中力の低下

あなたは、集中力が落ちたと感じることはありますか?

仕事をしていると、集中も長くは続きませんよね。

集中力が低下するとミスも多くなりがちです。

 

集中力が低下するのは「疲労」が大きな原因となりますが、

疲れたからと言って仕事を放って帰るわけにもいきません。

 

午後になっても集中力を発揮出来るようにするためには、

仕事の取り組み方を工夫する必要があります。

 

1日に集中できる時間はさほど多くありません。

メインで取り組む仕事は1つだけに抑えて、

他の仕事はサブとし、それほど集中しなくても出来る仕事をするように意識します。

 

どうしても終わらたい仕事がある時は、

一つ一つの作業をいつもより時間をかけて取り組むように意識することで、

集中力が低下している時でも、ミスを減らすことが出来ます。

凡ミスをなくすチェックの仕方4選

凡ミスをなくすチェックの仕方4選Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

あなたは、間違いをチェックする時はどのようなことに気を付けていますか?

そのチェックの仕方は、部署内で決められた方法でしょうか。

それとも、あなた自身が考えたオリジナルのチェックの仕方でしょうか。

 

個人によってチェックの仕方が違うと、チェック結果の信頼性も怪しくなってきます。

仕事の重要なポイントは先輩や上司から教わっていても、

チェックの仕方が正しくないと、ケアレスミスによる被害が無くなることはありません。

 

そこで!

ここでは「凡ミスを無くすチェックの仕方」をご紹介します。

チェックする項目を決める

あなたは、作業を終えた後のチェック項目はあらかじめ決まっていますか?

人によってチェック方法が違うようでは、

信頼できるチェックとは言えませんよね。

チェックの仕方は,チーム内であらかじめ決めておくことが重要です。

 

ベテラン社員と新人社員とでは、チェックの仕方も当然変わってきます。

チェック作業は誰がやっても同じ結果になるように統一しておくことで、

雑なチェックになることを防ぐことが出来ます。

チェックする回数を決める

あなたは、一つの仕事に対して何回くらいチェックしていますか?

仕事のボリュームや内容によっても変わってくると思いますが、

チェックが1回も要らない仕事は、なかなかありませんよね。

 

チェック項目と同じように「回数」に関しても、人によって違うようでは、

信頼出来るチェックとは言えません。

 

チェックする回数は多ければ多いほど見逃す可能性は低くなりますが、

チェック作業にばかり時間をかけるわけにもいきませんよね。

チェック項目と合わせて回数もルール化しておけば、

人によってチェック結果が変わることは無くなります。

チェックするタイミングを決める

あなたは、チェックをいつやるか決まっていますか?

人によっては、1つの工程が済む度にチェックする人もいれば、

全工程が済んでからチェックする人もいますよね。

チェックを行うタイミングも人によって違うとなると、結果も変わってきます。

 

一つ一つの工程ではチェックをしていても、

全工程を合わせたチェックをしていないとすると

ミスがあっても見逃してしまうこともあります。

 

誰がやってもミスを見逃さないチェックをするためには、

チェックを行うタイミングも統一しておくことが重要です。

複数人でチェックする

あなたは、自分の仕事を誰かにチェックしてもらうことはありますか?

他人にチェックしてもらうと、自分では気付かなかったことを指摘されることがありますよね。

チェックする人が自分だけだと、ミスに気付いた時にはすでに手遅れです。

 

大きな被害を生まないようにするためには、厳しいチェックが欠かせませんが、

社員に対して厳しく非難するだけでは何も変わりません。

 

チェックの仕方を統一して、誰がやっても同じチェック結果になるようにすれば、

ケアレスミスの数も自然に減っていくはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では「ケアレスミスをする5つの理由と凡ミスを無くすチェックの仕方4選」をご紹介しました。

 

ケアレスミスは誰にでもあることですが、

きちんとチェックすれば、取り返しのつかないことにはなりません。

 

ケアレスミスをしてしまう理由を理解して、チェックの仕方を改めれば、

つまらない凡ミスもきっと無くすことが出来ます。

ぜひ参考にしてくださいね。


この記事の評価・感想をお聞かせください。

仕事カテゴリの最新記事