仕事を休む人の6つの特徴!仕事が増えて困る時の対処法も

仕事を休む人の6つの特徴!仕事が増えて困る時の対処法も

仕事を休む人の6つの特徴!仕事が増えて困る時の対処法も

あなたの職場にも、仕事を急に休む人っていませんか?

季節の変わり目は特に、仕事を休む人も増えますよね。

小さい子供がいる人は特に、休む頻度が多くなります。

職場に毎週のように休む人がいることで、モヤモヤした経験はあなたにもあるのではないでしょうか。

そこで今回は「仕事を休む人の6つの特徴」をご紹介。

「仕事が増えて困る時の対処法」も合わせてお伝えしますので、職場に欠勤が目立つ人がいるなら、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

仕事を休む人の6つの特徴

仕事を休む人の6つの特徴

① 休日の疲れが残っている

休日につい羽目を外しすぎて仕事に影響が出てしまった経験は、あなたにもあるのではないでしょうか。

調子に乗り過ぎると、次の日にどっと疲れが出ますよね。

若い時ほど、体調管理もいいかげんになりがちです。

とはいえ、何か事情があるのかもしれません。

悪いと決めつけて注意する前に、まずは心配してあげましょう。

② 寝坊

ただの寝坊なのにウソをついて休んでしまった経験、ありますよね…。

ゲームをして夜更かしをしてしまった次の日や、飲み会の次の日など、睡眠時間が足りないと寝坊することもあるでしょう。

寝坊の場合は、出勤時間直前に欠勤の連絡をしてくるのでわかりやすいはず。

特に月曜日は、その傾向も多くなりますよね。

ただ、本当に体調が悪いケースももちろんあります。

少し様子を見て、何度も続くようなら注意も必要です。

③ 休むということに慣れてしまっている

休むことに慣れてしまうと、仕事を休むというハードルも低くなります。

前もって休む予定にするのならまだしも、当日になってから急に休むと連絡をしてくる場合は少し注意しましょう。

それでも、風邪をひいた時や体調がすぐれない時はどうしてもありますよね。

仕事に対する甘えがある人は、仕事の態度にも表れるはずです。

普段の仕事に対する態度が真面目なら、大目に見てあげても良いのではないでしょうか。

④ 子供がいる場合は仕方が無い部分もある

未就学児の子供がいる場合、まだまだ手がかかります。

子供が保育園で病気をもらってくると家族に移るし、夜中に急に体調を崩して看病が必要になるケースもあります。

さらに、子供に熱があると保育園も預かってくれず、親のどちらかが看病するしかないという問題もあります。

職場の同僚にはどうしても迷惑が掛かってしまいますが、本人も必死なのです。

休むのも当然というわけではありませんが、こればっかりは仕方が無いことだと割り切ってあげてください。

⑤ 女性の場合は生理もある

女性の場合、月1回のペースで整理がありますよね。

男性はなかなか理解できない部分もありますが、人によっては症状が重い人もいます。

実は僕の妻も整理がかなり重い方。

体に鞭を打って無理をしながら仕事をしていた時もありますが、ピークの時は歩けなくなる程です。

あまり無理をさせても倒れてしまうので、月に1,2回はそういう日もあるという事を覚えておくと良いでしょう。

⑥ 責任感が無い

責任感が無い人ほど、「休んでも大丈夫」という気持ちにもなるものです。

しかし、誰でも出来るような仕事ばかりだと、やりがいを感じられないのも無理はありません。

信頼して接すれば、期待に応えようという気持ちにもなってくれるかもしれません。

少し責任がある仕事を任せてみて、様子を見てみると良いでしょう。

意外に、頼もしい存在になってくれるかもしれませんよ。

仕事が増えて困る時の対処法

仕事が増えて困る時の対処法

誰かが仕事を休むことで自分の仕事が増える場合、急に休まれるのは迷惑ですよね。

しかし、一人や二人休んだくらいで仕事が回らなくなるなら、そもそも人が足りていないのではないでしょうか。

そうなると、一人の問題ではありませんよね。

事情はどうあれ、陰口を叩いているだけでは何も解決しません。

あなたにできることは、どれだけ仕事の負担が増えて困っているのかを上司に直接相談して、急に休みが出ても対応できるようにしてもらうことではないでしょうか。

もしあなたも休みたいのに休めなくてイライラしているなら、思いきって休みを取るのもアリです。

もしかしたら、あなた自身も頑張りすぎているのかもしれません。

休めない思考 仕事が休みやすくなる考え方 「仕事が休めない!」と悩んでいる人はコチラの記事も読んでみてください
休めない思考で自分を洗脳していませんか?仕事が休みやすくなる考え方

価値観や責任感の違いは人によって違いますが、他人に強要するのは間違いです。

もしかしたら、あなたが気軽に休めないことを上司は知っていて、良いように使われているだけかもしれません。

不満を一人で抱えるのはつらいので、職場全体の問題として同僚の皆で話し合ってみましょう。

意外にすんなり解決できるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今まであまり休んでこなかった人でも事情が変われば、同じように休まざるを得なくなることもあります。

職場の同僚は、これからも付き合っていく大事な仲間なはずです。

一人で悩む前に、まずは相談してみましょう。

仕事を休めない人の特徴 忙しくても平気で休む人の考え方の違い 「仕事を休めない人の特徴」についてはコチラ
仕事を休めない人の特徴!忙しくても平気で休む人の考え方の違いとは