ストレスを察知!疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選

ストレスを察知!疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選

ストレスを察知!疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選

疲れている時に体が出すSOS、あなたはそのサインに気付いていますか?

自分の体が発しているSOSに気付かず、無理をしてしまった経験は

あなたにもあるのではないでしょうか。

 

SOSのサインを察知して、ストレスが溜まっていることに

早めに気付くことが出来れば、今よりもっと体調管理がうまくできるはず。

 

そこで!

疲れている時に人間の体が出すSOSには、

どんなサインがあるのか気になりませんか?

 

この記事では【ストレスを察知!疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選】をご紹介します。

 

疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選

疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選

① 顔に吹出物ができる

顔に吹き出物が増えた時は、ストレスが溜まっている証拠かもしれません。

僕もストレスが溜まると顔に吹出物が出ますが、

そんな時は、生活を見直して意識的にストレスを発散すると徐々に消えていきます。

 

ストレスを発散する時間を意識的に作って、体調をコントロールしましょう。

② 口内炎ができる

胃が荒れているとできると言われている「口内炎」

胃が荒れているのはストレスが原因かもしれません。

僕もストレスがピークに達すると、口内炎が出来ることが多く、

食べ物を食べる時もつらい思いをします。

 

生活リズムの変化による栄養不足の可能性もあるため、

ストレス発散とともに生活も見直してみましょう。

③ 耳が聞こえづらくなる

ストレスによる自律神経の乱れから、耳が聞こえづらくなる人もいます。

そのまま放置すると、突発性難聴などの重い病気に発展する恐れもあるので油断は禁物。

 

「耳が聞こえづらい」と思ったら、ゆっくり体を安めて

ストレスから離れることが大事です。

耳鳴りの症状がある時は、スグにでも耳鼻科の先生に診てもらいましょう。

④ 立ちくらみ

立ち上がった時にクラッとくる「立ちくらみ」

あなたも、何度か経験したことがあるのではないでしょうか。

僕も、残業が続いて生活リズムが狂った時や

夜中に映画を見て寝不足が続いていると、立ちくらみをすることがあります。

 

「立ちくらみ」は、体が悲鳴をあげている証拠。

無理をせず体を休め、改善しない場合は病院に行きましょう。

⑤ 頭痛

疲れが溜まって頭が痛くなった経験はありませんか?

我慢していると症状もどんどんひどくなって、つらい思いをすることもありますよね。

 

僕も長い時間、パソコンに向かって仕事をしていると、

こめかみの辺りがズキズキと痛むことがあります。

 

考えられる原因として眼の疲れや寝不足がありますが、

「頭痛」が始まったら疲れているサイン。

こまめに休憩をとったり、早めに就寝するなどして体を休めましょう。

⑥ 普段はやらないようなミスをする

あなたは最近、失敗したと思うことはありますか?

失敗は誰にでもあるものですが、

いつもは問題無くこなしている仕事で失敗するのは避けたいところですよね。

 

疲れが溜まってくると、

「後でいいや」と後回しにしたり、

「きっと大丈夫」と都合よく考えてしまいがちになります。

 

やる気が出ない、集中力が維持できないと思ったら、

休みを取ってリフレッシュしましょう。

⑦ 何もする気がおきない

休日になっても何もする気がおきない・・・

そんな経験はありませんか?

せっかくの休日なのに楽しいことが無いのは切ないですよね。

 

仕事や人間関係の悩みが原因で、

精神的なストレスを抱えている人が陥りやすい症状です。

 

僕も何度か経験したことがありますが、

悩みの原因が仕事だとわかっていたため、

ブログを始めたり心理学の勉強をしたりして

意識を別の方に向けたことで少しずつ改善してきました。

 

ずっと同じことで悩んでいると、どんどんつらくなってしまいます。

悩みから離れる時間を意識的に作ってみてはいかがでしょうか。

⑧ 何度も居眠りしてしまう

あなたは普段、居眠りをすることはありますか?

電車に乗っている時や仕事をしている時に、

急に眠くなった経験はあなたにもあるのではないでしょうか。

 

眠くなる原因には寝不足の他に病気の可能性もありますが、

まずは就寝時間を早められるよう、生活を見直してみましょう。

⑨ いくら寝ても疲れが取れない

きちんと寝ているはずなのに、疲れが取れない…

そんな経験はありませんか?

 

過度なストレスは、睡眠にも影響を与えることがあります。

寝ても疲れが取れない理由は、「睡眠の質の低下」によるもの。

体は休んでいても、脳は休めていない可能性があります。

 

睡眠の質が低下する原因は様々ですが、

最近、特に注目なのは「光で起きる目覚まし時計」

 

起きる時間を光でコントロールすることで、寝つきが良くなった人もいるようです。

メンタリストDaigoもおすすめする、光目覚まし時計「inti4」はコチラ



⑩ 食べ過ぎてしまう

あなたは、ストレスが原因で食べ過ぎてしまった経験はありますか?

晩ゴハンをしっかり食べたのに、お菓子も食べる…

深夜にも間食がやめられない…

ストレス発散の方法をうまく見つけられず、

食べることに頼ってしまう人は多いのではないでしょうか。

 

たまには会社帰りに寄り道をするなどして、気分転換をすることも大事です。

ストレスとうまく付き合っていくためにも、自分に合った方法を探してみましょう。

サラリーマンのアフター5「アフター5でストレスを発散する方法」についても合わせてお読みください。

新社会人にもおすすめ!アフター5でストレスを発散する方法10選

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では【ストレスを察知!疲れている時に人間の体が出すSOSサイン10選】をご紹介しました。

後になってから「あの時、自分の体はSOSを出していた」と

気付くこともありますよね。

体に不調が出た時に症状を記録しておけば、

「どんな時にどんな症状が出やすいのか」を知るためのヒントにもなります。

 

僕の場合は、顔に吹き出物ができますが、

疲れがピークに達してくると、頭や胃が痛くなることもあります。

体調をうまくコントロールするためにも、ぜひ参考にしてくださいね。